FC2ブログ

ボッチライドは楽してドフラットなコース 九十九里へ①

2019.05.19.21:45

 昨日(5/18)はボッチライド。どうしても一人だと、楽をしたい、楽をしたいでも走りたい・・・って感じで、走りやすいコースを選んでしまいがち。風の向きもほぼ南東寄りのようなので、帰りに楽をしようということで九十九里方面を目指して走ってきました。

 朝のスタートは7時半ちょいすぎ。いつものように手賀沼へとIN。

 田植えもすっかり終わり、水田でちょっと育った感じの稲がいい感じになってきました。

190518九十九里 (1)

 手賀川を東にと向かう。ちょっと風はあるけど、帰り楽をするため、きにせず走る。まあ、これくらいならそれほど苦でもない。


190518九十九里 (2)

 千葉NT中央のちょっと東でR464にIN。

 このまま甚兵衛大橋のあたりまでこのコースをひたすら走る。

190518九十九里 (3)

 その先はもはや旧道になってしまったR464のクネクネ道を走り、宗吾霊堂へ。

 久しぶりな感じもするのでちょっと休憩して1枚。

190518九十九里 (4)

 まだまだ朝が早いのか閑散としている感じ。

190518九十九里 (5)

 そしてもう1駅分走れば、そこは成田。

 駅前を抜けて参道へ。この時間はまだ車もOK。観光客もまばらな状態。

 参道の中でもこの左側の竹細工のお店と、

190518九十九里 (6)

 右側の御煎餅屋さんのあたりが、なんとも昭和っぽくて好き。御煎餅をポリポリ食べたい気もするが、オッサンは歯が弱い方なので、あまり固いのは得意ではない。

190518九十九里 (7)

 観光モードになってノロノロと進むとうなぎの川豊さん。



190518九十九里 (8)

 まだ30kmくらいしか走って無いし、まだまだ朝のうちなのでランチには早いが、鰻の香ばしいにおいだけでも、満喫しようと精一杯深呼吸してにおいを楽しもうと思ったが、朝のこの時間ではせっせとさばいているのが中心なのか、焼きに入っていないのかいい香りを楽しめない・・・

 においをかぐだけならタダだと思う根性がマズいんだな。今度はちゃんと食べに来よう。

190518九十九里 (9)

 この木造3階建ての建築も成田ならではの光景。こちらもぜひ1度中を拝見してみたい。

190518九十九里 (10)

 で、新勝寺に到着。記念に1枚撮って、再びスタート。

190518九十九里 (11)

 このあたりに来るときは毎回同じコースで、立ち寄る場所も、撮る写真も同じですが、気にせずいつものコースを踏襲し、さくらの山に到着。

 いつ来ても飛行機見物のお客さんの多いこと。

 北側から降りてくる飛行機を期待したものの、南に向かって離陸する飛行機のようなので、あまり迫力のある写真が撮れそうにないので、これまたすぐにスタート。

190518九十九里 (12)

 滑走路沿いの道をしばらく走り、三里塚あたりからはにわ道にIN。

 写真はもうちょい先で、これまたいつも同じところな気がするけど、パチリ。

190518九十九里 (13)

 帰りは追い風、帰りは追い風と楽しみにしながら、もうあとちょっと走れば海に到着。それだけを考えて、淡々とペダルを廻す。

 いつもこの風景が見えると、この先のトンネルと抜けると、海だ!となぜか勝手な勘違い。

190518九十九里 (14)

 ちょうどこのトンネルの先に、少しカーブして登り坂があり、その先が見渡せない感じなので、この先はきっと海なんだろうと、初めて来た時に思ってから、どうしてもそう思えてしまい、毎回がっかりする場所。実はまだ海まで10km弱あったりする。

190518九十九里 (15)

 そのがっかり感じたあとが、意外と南東よりの風が強くて、始めてきた頃はとにかく海が遠く感じたものです。

 最近はさすがに距離感が頭にあるので、そこまでバカではなく、こらえて走るのみ。

 そう、ちゃんと走ればこの通り、蓮沼海浜公園到着。

190518九十九里 (16)

 いつもならこの先の海岸線に出るんですが、そのまま海沿いを南下し、公園中央にある展望台付近へ。

 当然ながらタダで上れる展望台なので、煙のように吸い込まれて上までてくてくと。

190518九十九里 (17)

 上ってみると結構風が強い。

 景色としては毎回同じようなものであるものの、やっぱり天気はいいし海が見えるので気持ちがいい。

190518九十九里 (18)

 そして意外と海辺まで距離があったりする。もう少し海辺が近いと海の眺めももっといいのにと思う。

 ちなみにここの高さは30mくらいらしい。

190518九十九里 (19)

 お次は海沿いを南下する形で片貝・白子方面へと走る。

 5〜6kmくらい走ると本須賀海水浴場へと到着。

 先日ブルーフラッグを取得したと新聞で読みましたが、確かにきれいなトイレや駐車場があり、浜辺もきれいでいい感じの海水浴場。特にこの南国ムードたっぷりの樹木(名前はなんでしょうねえ?)が、いい雰囲気を醸し出しているのでは。

190518九十九里 (20)

 自転車を押して、もう少し浜辺に出ようかと思ったものの車両進入禁止とあったのでとりあえず今回はここまで。

 ハマヒルガオの写真を撮り、あとは自転車を置いた場所からほど遠くない場所だけをちょっとだけ散策。

190518九十九里 (21)

 ここも結構、水辺までは距離があるんですよね。

 結局、海まで来たのに水辺までは足を運ばず、そろそろお腹も空いてきたので、これにてUターン。

 さて、ランチはどうしよう?

190518九十九里 (22)

 応援してね〜〜
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

SUPデビュー! 亀山湖 その2

2019.05.14.00:38

 亀山湖にてSUPデビューしたときの続きです。

 今回Yくんとジュニア、そして私の3人で久留里の先にある亀山湖へと行ってきました。

 最初に漕ぎ方なんかを教わったものの、うまく立ち上がれず(というより怖くて、とりあえずはしゃがんでた)、写真の状態でパドルを動かしていましたが、ようやく立ち上がり、スイスイと。

190503亀山湖SUP  (1)

 こんな感じですね。

 すぐに立ち上がることは出来たものの、やっぱり足元が安定しているわけではないので、ぎこちないことには変わりがありません。足首で調整している感じで、とにかく足元が痺れます。
 

190503亀山湖SUP  (1)

 でもそこそこ慣れてくると、普通に漕ぐくらいであれば問題なし。

 ただしこの日は風も無く穏やかでしたが、海で波があったり、風があるともっと怖いかもしれません。

 ましてや、サーフィンなんて自分には無理でしょう。。。。

190503亀山湖SUP  (30)

 疲れてくると、写真の右側のYくんのように座り込んだりしながら、適当に水上をスイスイと楽しめます。

 ただ思ったほどはスピードが出るわけではなく、またパドルを動かしても思ったようには動かなくて、追いつくのが精一杯。自転車も遅ければ、SUPもやっぱりびりっけつ。。。遅い。

 写真の奥にある鳥居を目指すことにします。


190503亀山湖SUP  (10)

 せっかくなので鳥居をくぐりたくなります。

190503亀山湖SUP  (13)

 3人揃ってくぐりました。

 が、自転車と比べると当然ながらスピード感は無く、仮に写真ではなくビデオで見たとしても、写真と変わらないくらいのスピード感かもしれません。

190503亀山湖SUP  (2)

 さて、お次はもうちょい先に進みましょう。。。。ってことで、もう少し東のほうに向かいます。


190503亀山湖SUP  (15)

 途中で結構お腹が空くんですが、今回ペットボトルの飲み物1本だけを持参していて、食べるものは無し。できることなら小さい防水袋に食べ物も入れて、ボードにくくりつけておけば、途中下の写真のような感じで休憩しながら食べたりできるんですけどね。



190503亀山湖SUP  (16)

 Yくんはペタンとボードのうえに長座していますが、なんとかく怖くて自分の場合は長座ではなくしゃがんだような感じしかできなくて、足がジンジンと痺れました。


190503亀山湖SUP  (18)

 ちなみにYくんジュニアは完全に寝っ転がってます。

 子どもはさすがにこういうものにはすぐなれちゃうんですねえ。たいしたもんだ。

190503亀山湖SUP  (19)

 この橋のあたりが一番スタートから遠い場所だったと思います。

 そろそろ引き返しましょうってことで、少しルートを変えてスタート地点へと戻ります。

190503亀山湖SUP  (21)

 写真では少しどんよりして見えますが、この日は多少雲も多かったものの、このくらいが一番かも。

 晴天だと恐らく暑くて、暑くてしかたがなかったでしょう。上半身は最初はウィンブレのようなものを羽織るつもりでしたが、準備している段階で暑くて仕方がなく、Tシャツにしてしまいましたが、これが正解でした。


190503亀山湖SUP  (22)


 帰りもこんな感じで時折休憩しながら、先へと進みます。

190503亀山湖SUP  (23)

 帰りがけもまた鳥居のところへ。


190503亀山湖SUP  (24)

 どうして帰りもまた鳥居に寄ったかというと、実は亀がいたんですよ。

 最初はそれどころではなくて気が付かなかったんですが、漕いでいるときにそんな話が出たため、わざわざよってみたってわけです。


 写真の中央、ちょうどボードの先端部分の上に20cmくらいありそうな亀がいます。

 こんな感じで枯れ木が浮いているところなんかに亀が至る所にいましたね。

190503亀山湖SUP  (25)

 スタート地点に戻り、ボードを陸にあげ、水で汚れを洗い流して雑巾でふきふきし、しばらく乾かします。

 そのあと、空気を抜いてクルクルと巻いて、あのスーツケースのようなカバンに収納するんですが、これがまた大変。どうみても、入る大きさとは思えず、何度も試行錯誤し、最後はYくんにも手伝ってもらってどうにか収納完了。

 正直なところ自分一人だとできるのかかなり心配。

 すべて収納が完了してから近くの蕎麦屋さんへとGO。

 が、残念ながら蕎麦は売り切れ。うどんをチョイス。



190503亀山湖SUP  (26)

 美味しくいただき、あとは帰るだけ。

 途中自転車で来たこともある久留里のあたりを通過しながら、「よくここまで自転車で来たもんだなあ・・・」と思いつつ、車だと楽に帰れます。ただ、千葉市内はGWってこともありかなりの渋滞。

 下の地図はこの日の航路?約5kmくらい。


190503亀山湖SUP航路

 自転車以外にもまた新しい趣味ができたなあと思っています。たまには自転車だけではなく、SUPでも気分転換したいと思っています。

 応援してね〜〜
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

SUPデビュー! 亀山湖 その1

2019.05.12.20:05

 今回は自転車のお話ではありません。

 昨年秋から急に初めてみようと思い立ったSUPにこのGWようやくデビューしてきました。

 Yくん&ジュニアと一緒に亀山湖で遊んできましたので、その記録を。

 Yくんとは現地、亀山湖にて集合。それぞれ自宅から車で移動です。Yくんちょっと遅れ気味ってこともあり、その間に久留里線の終点、上総亀山駅に寄ってみました。実は駅前にコンビニでも無いものかと立ち寄ったんですが、当然ながら無人駅でコンビニはありませんでした。トイレだけお借りし、とりあえずは駅周辺をうろちょろ。

190503亀山湖SUP  (3)

 ホームに出てみると、駅舎の裏側には鯉のぼりが飾ってあります。


190503亀山湖SUP  (2)

 久留里線は昔ながらのディーゼルではいようですが、1日に数本しかないので、残念ながらしばらく待っても、列車は現れず・・・

190503亀山湖SUP  (1)

 もうちょい時間があるので、少し場所を移動します。

 この日はダムの放水を見学できるダムウォッチングなんかもあるらしいですが、まだまだ朝早いせいか、見学のお客さんはまだいないようでした。

 とりあえずはダム周囲を散策。

190503亀山湖SUP  (4)

 おそらくはこの部分でダムの放水を見ることができるんでしょうが、残念ながらこの時間はそんな様子も見えません。

190503亀山湖SUP  (5)

 さて、そろそろかなあ・・・と集合場所へと移動。

 写真ではわかりにくいですが、結構釣り客が多くて、1〜2人乗りのボートに乗った方々がたくさんいました。

190503亀山湖SUP  (6)

 SUPやカヤックは乗りだす場所が決まっているらしく、今回の集合場所だけがOKとのこと。

 基本的に周囲はこんな感じの柵が設けられていますが、乗りこめる場所はちゃんと階段があったり、柵がなかったりとそれなりの仕様になっていました。

190503亀山湖SUP  (7)

 この釣り人がいる向こう側。

190503亀山湖SUP  (8)

 公園内をうろちょろしていると、Yくん&ジュニア到着。

 早速、SUPに空気を入れて膨らませます。が、実は初めてのため、なにかとYくんに教えてもらいながら、なんとか完成。ちなみに膨らますのは自転車のタイヤと比べるとかなりのボリュームがあるため、時間がかかります。とはいえ5分か10分くらいでしょうか。

 15PSIまで圧をかける必要があるので、かなりパンパンになってからもひたすら空気入れをシュコシュコしなければなりませんが。

190503亀山湖SUP  (9)

 さて、問題はどうやって乗り込むか・・・

 階段状になっているところにSUPを浮かべたものの、下手に乗ろうとするとドボンしちゃいますよね。

 下半身は長靴とレインウェアだったので気にせずしゃがんだ状態で乗ってみます・・・ 無事乗船完了。

 しばらくはしゃがんだ状態で少し岸から離れます。

 余裕も出てきたのでiPhoneを取り出して撮影。

190503亀山湖SUP  (27)

 Yくんジュニアも無事出艇。

190503亀山湖SUP  (28)

 そしてYくんも。
 
 私のSUPは幅が広く安定するタイプらしく、確かに乗りやすい感じです。ただ最初は立ち上がるのがちょっと怖い・・・

 怖がっているわけではないのに、ひざ下が何だか震えている感じです。立ち上がること自体はそれほどたいしたことはありませんが、当然ながら水上のため安定しているわけではないので、足首でバランスを取りながら漕ぐことになるので、足首付近がとにかく疲れます。痺れるって感じでしょうか。
 
190503亀山湖SUP  (29)

 みんな揃ってだいたい安定してきたので、ちょっと漕ぎだしてみましょう。


190503亀山湖SUP  (30)

 亀山湖の周囲は一部が公園で水面のそばまで近寄れるところがありますが、それ以外はほぼ切り立った崖のようなところがおおかったり、木々が生い茂っているところが多く、新緑の季節もいいけれど、晩秋の紅葉シーズンもお勧めとのこと。

190503亀山湖SUP  (20)

 なるほどーーーー なかなか面白い。
 恐らく、客観的に見るとかなりびびって乗っているようにしか見えないんでしょうが、とりあえずはパドルを漕いで進むくらいにはなりました。

 というわけで後半に続きます。


 応援してね〜~ 
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村





















がっつり走るどー 絶景の海を見に勝浦へ行くぞ! その3

2019.05.11.10:20

 まだまだ続く、5月5日のがっつり勝浦の続きです。ですが、これがラスト。

 大原の南のあたりから海沿いに出て、絶景を楽しんだあとはそろそろランチにしましょう!ってことでまずは御宿の海岸付近へと出てきました。

 以前ならこんな海岸線を自転車で走るのも超気持ちがイイと思っていたものの、先ほどのような絶景を見てしまうと、「これくらいなら普通の景色では」と思えてしまうくらいです。

 写真ではわからないですが、実はこのあたりでは先ほどのトンネル付近のぬかるみがSPDやSPD-SLの金具のあたりにこびりついていて、泥を落としたいところ。
 
190505勝浦B ③ (1)

 というわけで、海岸沿いの洗い場により、シューズの金具にこびりついた泥を水で落とします。

 190505勝浦③G (2)
 Photo By gonさん

 ちょうどその向かい側の海岸に月の砂漠の銅像があります。

190505勝浦B ③ (2)

 さて、そろそろランチタイム。

 事前情報ではイタリアンか海鮮丼の2つのお店の候補があがっていて、当然ながら食べログを見て色々とチェック。どちらのお店でも、ついでに言うなら2軒とも・・・(笑) ←これはさすがに冗談

 この時点では海沿いの道とは言っても、それほどの絶景ではないので、とにかく頭の中はイタリアンか海鮮系か「どちらにしようかな?」状態。

190505勝浦B ③ (3)

 ですが、某イタリアンのお店に到着すると、12時ちょい前ってこともあり、お店の前まで行列が・・・

 仕方がありませんので、海鮮系のお店を目指します。

 頭の中ではイタリアンは無くなったものの、海鮮系のお店のメニューを引っ張り出して、あれこれと悩みます。

 が、今日のコースを予習していたくせにこの2つのお店の間にちょいとしたヒルクライムがあったことをすっかり忘れていました。

 海岸線沿いのヒルクライムはなかなかしんどくて、おまけにパワーがすでに無い状態のため、ついていけません。。。

 そしてようやく到着。

 ランチのお店?こんな場所に?

 そんなわけはなく、官軍塚。こちらも本日の見どころです。(でも、腹減ったなあ・・・・)

 190505勝浦③ (1)

 ちょっとした展望台があって、ここからの景色も抜群です。


 おおおお!すげーいい景色だワ。ぐおおおおおおっ!とお腹までも豪快に唸っています。


190505勝浦B ③ (4)

 自転車で来た証拠にわざわざ自転車を一緒に撮影。

 自転車を持ち上げて階段を上ると、ぎゅるるるるるーーーーとしゃっぱり唸ってます。

190505勝浦B ③ (5)

 みんなで景色を楽しむものの、すでに全員お腹ペコペコ状態。

 ほどほどに景色を楽しみ、海鮮系のお店へGO!

190505勝浦GON (2)

 勝浦漁港のそばのお店へ到着し、IN・・・・
 
 のはずは、海鮮系のお店もこれまたお店の外まで行列。すでに全員揃ってお腹ペコペコですから、近くにあった別のお店「富士 韓海焔」さんへとINとなりました。

 このお店、実は焼肉と海鮮系の両方扱う珍しいお店。パチンコ屋さんの2階ってこともあり、お味はどうかな?と気になりましたが、お味もまずまずで満足。しいて言うならもうちょい量があるとよかったかも。

 ちなみに選んだのはカルビラーメンでした。


190505勝浦B ③ (6)

 さて、あとは帰るだけです。

 まだまだ100kmくらいはあります。

 特に勝浦をスタートした直後が一番つらい坂道です。このあたりでtomoさんと私がちょっと遅れ気味に。
 
 途中何度も皆さんをお待たせしてしまい、申し訳ありません。

 そんなこともあり、待っている方からはこんな写真を撮ってもらったり・・・(Photo By gonさん)

190505勝浦GON (1)

 ただ、最初の登りは辛かったものの、その後は結構下り基調な感じのコース設定。頭の中では房総半島の中央の丘陵地帯を超えるため前半上り、後半が下りと想像していた割には走りやすかった感じです。なんともコース設定のすごさに脱帽ものです。

 途中コンビニで休憩、そのあともう1回道の駅長柄でトイレ休憩をはさみ、淡々とゴールを目指します。

190505勝浦③G(3)
 (Photo By gonさん  道の駅長柄)

 長柄ダムにかかる橋も今回はスルー。

 その先に2か所ほどゴルフ場の脇を通りますが、北側にある浜野ゴルフクラブではちょうどゴルフのイベントがあったようで、外部の一般道からもギャラリーやその様子を見ることができました。

 帰宅後調べてみたら「パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」だったようです。



190505勝浦③ (2)

 さらにちはら台付近を抜け、往路でも通った支川都川へとIN。

 帰りは往路とは異なり、穴川を経由し、花見川CR。

 写真は八千代市内に入ったあたり。このあたりまで来ると道の駅やちよもすぐですし、自宅までも20kmくらいとなり、帰ってきたなあと思ってしまいます。


190505勝浦B ③ (7)

 ゴール地点となる道の駅やちよには18時半くらいに到着。

 みなさまお疲れ様でした。

 tomoさん、gonさん、24weさんはここから車。ZENさん、カッシーと私は自宅までもうちょい自走。カッシーとは手賀沼付近まで一緒です。

 

190505勝浦B ③ (8)

 暗くなってきたのでR16号は怖いものの、早く帰宅できるルートでもあるので、このコースを進み、手賀沼に到着したところでカッシーともお別れ。

 いつもの定点にて1枚。さすがに19時半近くになったため、ほぼ真っ暗。

190505勝浦B ③ (9)

 今回のコースはこんな感じ。

IMG_3535.png

 ご一緒させていただいた皆様、お疲れ様でした。
 おかげで楽しい1日でした。天気(風も)、コース、見どころ、ランチどれも最高でした。
 またぜひともご一緒させてください。

 おわり。



 応援してね〜〜
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


がっつり走るどー 絶景の海を見に勝浦へ行くぞ! その2

2019.05.09.01:17

 5月5日は自転車仲間6人でがっつりと勝浦方面へと走ってきました。

 前回スタートから大原のちょっと手前のコンビニで休憩したところまで書きましたので、その続きです。

 コンビニを出てしばらくR128号を走り、とある道へとIN。田んぼや畑の間のクネクネ道を進み、途中トンネルも抜けていきます。

190505勝浦B ② (1)

 するとこんな感じの開けた海辺に出ます。

 前回はもう少し波がありましたが、今回は潮が引いている感じで波もほとんどなく、海水も透き通っている感じです。

190505勝浦B ② (2)

 前回来たとはいえ、やっぱり海沿いにあるコンクリートの防波堤の上を少し南下してみます。

190505勝浦B ② (3)

 カーブした先にはこんな感じの光景が待っています。

 gon さんと 24weさんは撮影モードのため、先を目指します。あっ、私もでした。




190505勝浦B ② (4)

 防波堤は途中で途切れてしまいます。

 写真の少し左側の海の中に人がいるのが見えるでしょうか。

 どうもワカメなど海藻を採っているみたいです。



190505勝浦B ② (5)

 こちらはgonさんに撮っていただいたもの。

190505勝浦へ (1) g

 さらにこちらは24wさんに撮っていただきました。

 防波堤の先までやってきた3人は実はいずれもブロガーだったりするわけで、他の方々は浜辺のところでのんびり・・・

 お待たせして申し訳ありません。


190505勝浦24WE (3)B


 2人が戻るところをパシャ!

190505勝浦B ② (6)

 3人の方々をお待たせしていたのはこんな感じの浜辺。

 

190505勝浦B ② (7)

 こちらの写真も24weさん撮影。

190505勝浦へ (5)B w

 いったん少し内陸に戻り、南下したあと再び海岸線の道へと入ります。

 先ほどワカメを採っていた方がありましたが、道端でワカメを広げている方も見かけました。食べられるんでしょうねえ。ちょっと興味ありです。



 

190505勝浦B ② (8)

 海を眺めながら進むとちょっとディープな海岸線があったり。。。。(笑)

190505勝浦B ② (9)

 その先にはアップダウンもあって、走っている様子をこれまた撮影していただいたり。(Photo By 24weさん)

190505勝浦24WE (4)

 さらに進むと小浦海岸と看板があるところに出ます。

 今回の見どころの1つです。さて、何があるんでしょう?


190505勝浦B ② (16)

 入口からして舗装路ではなく、軽トラであればようやく1台通れるかどうかの道を進んでいきます。

 ロードのペダルを回していくにはちょっと厳しいところ。でも、2~3人は漕いでましたが・・・

 パンクは何としても避けたいので、ここは大人しく押し歩きで進みます。

190505勝浦B ② (10)

 すると手掘りのトンネルが現れます。

 出口まで見えるので、それほど長いトンネルではありませんが、1人ではちょっと怖くて先に進めない感じ。実はZENさんも初めてだとか。

 

190505勝浦B ② (11)

 入口付近はこんな感じでかなりぬかるんでいます。

 tomoさんもカッシーもこのあたりは完全に押し歩き。








190505勝浦B ② (12)

 トンネルの内部はこんな感じです。手掘りのトンネルでも内壁はそこそこ平らにならしてあるところが多いものの、このトンネルはかなりゴツゴツ感一杯って感じです。

190505勝浦B ② (13)

 トンネルを抜けて振り向くとこんな感じのところへ出ます。

190505勝浦B ② (15)

 車が2~3台おけそうなスペースがあり、茂みの向こう側に海がある感じがすぐにわかります。

 仕方がないので自転車はこの場所に置き、写真にある通路のようなところを抜けていく必要があるようです。

190505勝浦 ②追加 (3)

 木々の間から海辺を見るとこんな感じ。


190505勝浦 ②追加 (1)

 海辺を目指すカッシー。(海辺から戻るときだったかも・・・)


190505勝浦 ②追加 (2)

 海辺に出るとこんな感じになっています。

 完全なプライベートビーチって感じ。



190505勝浦B ② (14)

 自分達しか映っていませんが、海藻採りに来ている方々と思われる人やプライベートビーチを楽しんでいるような方も数名見受けられたので、多少は知られた場所なのかもしれません。

190505勝浦へ (7)B w
Photo by 24weさん

 さて、そろそろお腹が空いてきましたねえ。ランチに向かいましょうか。

 つづく。


  応援してね~~
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



プロフィール

Tomy

Author:Tomy
50代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR