fc2ブログ

風に身を任せて、南東方向へ 幕張+印旛沼 ①

2022.01.16.18:31

 1月15日(土)。この日で早くも22年の1月前半は終わり。早いものです。

 ちょっと風はあるけど、走っておかないと後悔しそうなので、あてもなくこの日ものんびりとスタート。

 ただ、ここ最近の急激なコロナ患者の増加を考えて、あまり人と接するようなことのないところだけをささっと走ります。まあ、手賀沼にしても、利根川にしても自転車で走ってコロナに感染するようなことはないとは思いますが・・・

 こんな感じの光景も今年で終わりにしたいものです。

220115幕張印旛沼 (4)

 そんなわけでいつものごとく手賀沼、曙橋へ。

 この時期特有の北西の風のため、水面には若干の波が。

220115幕張印旛沼 (3)

 北風を考えると、小貝川か利根川北上コースが定番ですが、関宿は先週行ったし、小貝川はやたらと工事している箇所も多いので、なんとなく避けたい。



220115幕張印旛沼 (1)

 本来帰りに楽をしたいから北を目指すところですが、当てもないとついつい追い風に身を任せたくなり、南に行くかなあ・・・と。

 そうするとあとあと帰路でつらい思いをするだけなんですけどね。

 とりあえず富士山がきれいに見えているので1枚写してから南下コースへ。

220115幕張印旛沼 (2)

 手賀農免道路でまずは南へ、白井方面へと走る。

220115幕張印旛沼 (5)

 白井、鎌ヶ谷と抜けて船橋市内へ。

 あまりコースを考えずに船取線を走っていると、結構車が多くて、途中こんな状態に何度も道をふさがれ、全然進まない。

 こんな感じじゃ確かに事故は起こるよね。

220115幕張印旛沼 (6)

 ようやくR14を超えて、まもなく船橋のららぽーとのあたり。


220115幕張印旛沼 (7)

 ららぽまであと1歩のところの、昔懐かしい感じの共同住宅とその下の商店街スタイル。

 結構シャッター街になってしまっているのが残念。

220115幕張印旛沼 (8)

 ららぽのすぐ脇にある親水公園でちょっと休憩。

 このままららぽにあるショップに立ち寄ろうかとも思ったけど、温かいところでぬくぬくすると出られなくなってしまうので、このまま先に進みます。

220115幕張印旛沼 (9)

 京葉線、湾岸道路をくぐって南側、海側へと抜ける。

 以前オートレース場のあったあたりにバスケットのスタジアムを作っているらしい。


220115幕張印旛沼 (10)

 さらに南へ。

 「冷凍団地」って書いてある。地名じゃないけど、確かに海産物などの倉庫なのかなんちゃら冷蔵とか冷凍倉庫とか、このあたりはたくさんある。

220115幕張印旛沼 (11)

 しばらく大型車の多い道を走り、そこを抜けるとK15。

 車は多いけど、幅員が広いので走りやすい。おまけに追い風。

 その分、あとあと後悔するんでしょう。それでもそのまま風に身を任せて走る。自分でも馬鹿だと思う。

 このあたりに来たからには茜浜によってちょっと休憩。

220115幕張印旛沼 (12)

 このあたりは人も全然いないので、特に休憩するにしてもマスクをしなくても大丈夫。

 富士山もくっきりはっきり見える。

 やっぱり手賀沼付近から見えるのとは大違い。


220115幕張印旛沼 (13)

 続いては写真中央に見える幕張付近を目指します。

 あっという間だけど。。。

220115幕張印旛沼 (14)

 まだまだ冬の太陽は弱弱しく、海を照らすのもギラギラ感がほとんどない。

 早く春、夏になってほしいなあ。。。。

220115幕張印旛沼 (15)

 再びK15に入り、追い風を背中に、そして調子にのってペダルを回して幕張へと向かう。


 

220115幕張印旛沼 (16)

 ちょっと走って、またもや休憩。

 幕張の美浜大橋。

 富士山がきれい。


220115幕張印旛沼 (17)

 スカイツリーと都内の高層ビル群。


220115幕張印旛沼 (18)

 こんな感じで休んでばかりだからまったく持久力も瞬発力もつかない。

 まあ、衰えを防止できればまあいいかなあと。

220115幕張印旛沼 (19)

 美浜大橋の対岸側から花見川CRへとIN。

 当然ながらここから方向転換すると、完全に向かい風。

 ただ、多少樹々があるせいなのか、それほど向かい風感はない。
 
 とりあえずしばらく走って花島公園付近まで。

220115幕張印旛沼 (20)

 そしてまた休憩。

 休憩ってほどじゃないけど、写真を撮るくらい。

 夏場はいい感じの日影になるけど、冬のこの時期はなんとも寒々しい。


220115幕張印旛沼 (21)

 遊んでいる子供たちの姿もほとんどありません。

 コロナのせいなのか、それとも寒いから?

 そろそろお腹も空いてきたので、どこかでランチにしようっと。。。


 つづく。

 ポチっと応援してね~~~ 
  ↓↓↓↓↓





にほんブログ村


にほんブログ村















スポンサーサイト



新年2回目は関宿城へ

2022.01.09.21:05

 2022年がスタートし、早くも1週間ほど経過。会社にも4日ほど出社し、初の土日&成人の日の3連休。

 土曜は自転車に!と期待していたら、なんと木曜は雪。それも結構都心でも積もるほどで、その日の夜帰宅する際の駅からの帰り道の雪の具合を見て、ほぼ土曜の自転車は無いな・・・と半分諦め。

 金曜の夜の帰宅の際には思った以上に溶けていたので、土曜はいつもののんびり作戦で手賀沼の南岸を何往復かすればいいかなあ・・・・って感じで朝を迎えました。そんなわけで朝はかなりのロースタート。

 自宅前の東西方向の道路はかなり凍ってましたが、それ以外はまったくというほど雪も氷も無し。

 もうちょい早く起きて遠出できたのかもしれません。。。。 失敗したかも。

 というわけで手賀沼へ。

 写真のところは凍っていませんでしたが、別の場所はかなり凍っている状態のところもありました。

220108関宿城 (1)

 こんな感じで写真を撮ると、どう見ても雪で走れないかも・・・と思うようなところはまったく無し。

220108関宿城 (2)

 曙橋のところも完全にドライの状態。

 湖面に波も無く風もほぼ無いので、自転車で走るにはちょうどいいかも。ただ、かなり空気は冷たい。

220108関宿城 (3)

 手賀沼南岸はこの通りで少なくとも路面は雪どころかまったく濡れている部分さえも無い感じ。

 数年前だったか、江戸川CRにかなり雪が残っていた記憶があり、降雪後の2~3日はNGと思っていたのは完全なる思い違いなのか?

 ただ写真のちょい先に見える木陰部分は氷が残っていたので、ごくわずかではあるものの注意が必要なところはあるようです。


220108関宿城 (4)

利根運河に入ると、だいぶ北側の法面には雪が残っています。

 南側は日当たりがいいためか、まったく雪は残っていません。

220108関宿城 (5)

 もうすぐで野田線の運河駅。




220108関宿城 (6)

 ビリケンさんにもちょっとご挨拶を。


220108関宿城 (7)

 江戸川に到着し、ここで引き返すのもなんだからもうちょい北に走ってみようと、北上開始。

 何か所か土手の部分を工事している箇所がある。

 治水対策のため工事は必要とわかっているけれど、春の菜の花シーズンは直近の工事現場があったところはさすがに菜の花は咲かないでしょうから、その点はちょっと残念。

220108関宿城 (8)

 そのまま北上を継続。

 このまま関宿城まで行っちゃうかな・・・

220108関宿城 (9)

 例年風が強くて、関宿城までは行こうと思っても、野田線、R16・・・適当なところで何度か引き返したこともあるけど、それほど風もなく穏やかなので、そのままのんびり関宿城までは行くことにして、のんびり走る。

220108関宿城 (10)

 もうすぐ関宿城ってあたりまで来ると、日光方面の山が良く見える。


220108関宿城 (11)

 関宿城には13時ちょうどくらいに到着。


 手賀沼の南側をぐるっと回ってから江戸川へと出たこともあり、スタートから2時間くらいでしょうか。


220108関宿城 (12)

 帰りはばびゅーんと追い風を期待するけど、往路はほとんど風が無かったので、背中を押してくれる風はないでしょう。。。

 そう思うと、帰宅後の夕食準備もあるので、証拠写真だけ撮ってさっさと帰りましょう。

220108関宿城 (13)

 やっぱりお城の城壁の白い壁とEMONDA号の黒と赤のフレームはなかなか映えるなあ・・・と自己満足に浸る。

220108関宿城 (14)

 帰路につくが、やっぱり追い風というほどの風はなく、帰りものんびりモードで走る。

 確か野田橋のあたりにうどん屋があったと立ち寄るけれど、残念ながら閉店してしまっていた。コロナの影響なのか・・・?

 そんなわけですぐ近くのこちらのお店にIN。

220108関宿城 (16)

 ラーメンとチャーハンセットをチョイス。

 が、味が薄いというのか出汁がきいていないのか、それとも???

 お味はちょっとイマイチかも。

 とはいえ、ボリュームは結構あるのでお腹はいっぱいに。

220108関宿城 (15)

 もと来た道を帰るだけの何とも単調なポタ。。。。

220108関宿城 (17)

 100kmくらいにはなると思ったものの、わずかに足りなさそう。

 復路も手賀沼南岸回りで帰る。

220108関宿城 (18)


 風がぜんぜんないので湖面は穏やか。

 いつもこうだといいのにね。

220108関宿城 (19)

 最後は曙橋で定点撮影を。

220108関宿城 (20)

 1月のダイヤモンド富士は来週だったか再来週くらいだったのか・・・?

 調べておこうっと。。。

220108関宿城 (21)

 ゴール地点でちょっと調整して100kmちょうどくらいに。

 帰宅後は当然ながら夕食準備。この日はカレー風味のチキンバーとマカロニサラダ。チキンバーは食べる直前にグリルで焼くだけなのでお米を研いでマカロニを茹でたところでシャワー&洗濯。そしてご飯が炊けるまではソファでのんびり。

 ビールとチキン。。。 美味しくいただき、楽しい1日終了!

220108コース

 これだけ往路と復路が同じだったのも珍しいかも。。。

220108グラフ


220108データ

 ポチっと応援してね~~~ 
  ↓↓↓↓↓





にほんブログ村


にほんブログ村

















2022年スタート! 初ライドはご近所ふらふら~

2022.01.03.16:41

 2022年がスタートしました。今年もマイペースでのんびりと走っていきたいと思います。

 ここ数年老化現象も激しく、体力の衰えも驚くほど。そんなわけでアスリートというにはほど遠いので、体力維持を目的になるべく週1回は100km程度を目安に走り、そして美味しいものを食べに行ってこようと思います。今年も5000km程度が目標でしょうか。

 さて、22年初ライドは1月2日。

 昼からののんびりスタートです。

 まずは手賀沼曙橋へ。

220102初ライド (1)

 空気は冷たいけど、風はほとんどなく走りやすい感じ。


220102初ライド (2)

 曙橋の南側から柏方面に走りだそうとして手賀沼の水面を見ると、昼過ぎのこんな時間なのに凍ってる?

 確かに寒いけど、そこまで冷えたっけかな?

220102初ライド (3)

 手賀沼南岸のCRを曙橋⇒ハス群生地⇒道の駅⇒北柏ふるさと公園と、西へ西へと向かう。

 そして折り返して、再び曙橋方面へ。

220102初ライド (4)

 曙橋で再び折り返すってのもどうも面白くないので、そのまま手賀川へ。

 この時期、空が青くてなんとも気持ちがいいけど田んぼは枯れた状態。そう思うと、春から夏のシーズンのほうがやっぱり好きだなあ。早く暖かい時期になってほしい。

220102初ライド (5)


 手賀川下流に来てみると、やっぱり水面は凍っている感じ。

220102初ライド (6)

 視線を変えて太陽の方向を眺めてみると、手前、北側の半分近くの水面が凍ってます。

220102初ライド (7)

 もうすぐJR成田線ってあたり。

 少しだけCR脇にダートっぽいところがあって、石ころがあったのでそれを水面に投げ入れてみたところ、意外と氷は厚いようで、割れずに氷の上を転がっていった。。。。。

 13時半くらいは過ぎている時間帯だし、天気はそこそこいいのにこんなに凍っているとはびっくり。


220102初ライド (8)

 このまま帰るのもなんだから、利根川を渡り、茨城県へとIN。

 利根川を上流方向へ。

220102初ライド (9)

 小貝川の分岐のところでそのまま川沿いに進めば、正面に筑波山。

220102初ライド (10)

 小貝川を渡り、再び利根川沿いのコースへ戻る。

 このあたりは人工のものがまったく見えなくて、お気に入りのコース。

220102初ライド (11)

 取手の駅の近くを抜け、そのまま常磐線・R6をくぐってさらに利根川の上流方向へ。

 

220102初ライド (12)

 新大利根橋で再び千葉県側に入り、手賀沼の西端へと向かい、この日3回目となる手賀沼南岸のCRを曙橋方面へと走る。

220102初ライド (13)

ちょっと写真ではわかりにくいですが、曙橋についたところでよく見るとカヤックで遊んでいる人がいました。

 SUPもカヤックもまた遊びたいけど、さすがにこの時期はドボンしたら凍死しそうなので、もうちょい暖かくなってからですかねえ。


220102初ライド (14)

 夕暮れ間近の太陽もかなり弱弱しい。

 早く春、そして夏になってほしいなあ。。。


220102初ライド (15)

 そんなわけで今年ものんびりスタート!

220102コース

220102グラフ


220102データ



 ポチっと応援してね~~~ 
  ↓↓↓↓↓





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村









2021年振り返り ~EMONDA号導入と今年のダイジェスト!!~

2021.12.31.18:18

 2021年もあれよあれよという間にいつのまにやら大晦日。早いですねえ~~

 今年も昨年のコロナの影響をひきずり思うように遊びにも行けず、生活スタイルがガラッと変わった年でした。とはいえ、自転車で走る分には休憩時のコンビニと飲食店での人との接点を注意すればまあ少人数で走る分にはいいでしょうと、それなりには走れた気はします。

 グループライドでお泊り遠征なんかも行きたかったけど、これは来年に期待するしかないでしょう。

 そんなわけで今年2021年の振り返り。。。

 やはり最大のNEWSといえば10年ぶりの新車、TREK EMONDA SL6 DISCの購入! 1月注文、3月6日に納車でしたので、それほどまたずに手に入れられたのはラッキーでした。

 このカラーリングが一番のお気に入り。ショップではじめて見たときに、ぐぐっと惹かれて一目ぼれ状態。

2021EMONDA (1)

 スピードは出せないし、脚力も持久力も無いけど、見た目がなんともカッコよく、早そうに見える。それが一番のポイントかも。



2021EMONDA (3)

 ついつい本体以外にもサドルバッグやらテールライトなども新しいものを購入してしまいました。
 
 まあ、あれこれとニューパーツを選んでいるときが一番の幸せなときかもしれません。

2021EMONDA (2)

 お気に入りのボントレガーのライトも年末にどうにか設置場所を変えて、その機能を発揮できる状態になりました。

2021EMONDA (4)

 今年はデータを確認したところ46回ほど走っているようです。中にはちょっとだけってのもありましたが、コロナ騒ぎの中でもそこそこ走れた気はします。

 ただ、年々老いてきているのは確かで距離は伸びず、年間合計では5404kmでした。


2021年振り返り

 回数も少なかったので自転車仲間と一緒に走れたのも回数としては少なかったのが残念。

 下の写真は5月に御宿へと走ったときのもの。




210501御宿へ (3)

  ZENさん、カッシーと3人で南風の向かい風に苦しみながらも、この豚丼を食べたくてえっちらおっちらと御宿まで。。。

210501御宿へ (2)

 御宿の海岸に着いたときは実はもうフラフラでこのラクダの銅像とEMONDA号を並べて写真をなんて思っていたものの、そこまで行くのももどかしく実はズームでラクダの写真だけ撮影。。。。

210501御宿へ (1)

 NEWコースとしては、佐倉西高校の脇のあたりから南下する谷津道を進んで昭和の森のそばにある、熊野神社へ。

 ちょっとだけ棚田になっていて、なかなかいい風景です。

210508熊野神社へ (1)

 こんな感じの田植えの直後の時期を狙って走りました。

 これはまた22年も同じ時期に走ってみる予定。


210508熊野神社へ (2)

 もうそろそろ稲刈りって時期にも行ってきました。下の写真は夏休みくらいだったかな?

210811熊野神社へ

 そしてこちらは真夏の霞ヶ浦。

 例年霞ヶ浦方面にも年に何度か行っていたのに、ここ1,2年はちょっとご無沙汰しています。

 香取市内に蘭華寺(スリランカ寺院)なんてのを見つけて、霞ヶ浦経由で佐原方面へと走るコースで立ち寄ってみました。


2108霞ヶ浦へ (1)

 下の写真は霞ヶ浦の最後のほう、南東側にある妙岐ノ鼻(霞ヶ浦浮島湿原)。

 このあたりの景色もなかなかのお気に入り。これまで霞ヶ浦は冬の時期に走ることが多かった気がしますが、夏場の青々とした湿原はどこか遠くへ来た景色を思わせてくれます。

2108霞ヶ浦へ (2)

 そして香取市へ入り、蘭華寺(スリランカ寺院)へ。

2108霞ヶ浦へ (3)

 9月はこれまたZENさん、カッシーと鴨川の大山千枚田へと走りました。

 以前からぜひとも行ってみたいと思いつつ、なかなか距離もあるので1人ではきっと心が折れて到達できないのは目に見えています。ZENさんプロデュースでこれまたなんともいいコースを設定していただき、どうにか無事大山千枚田までの225kmを走ることができました。


210919大山千枚田へ (1)

 大山千枚田はこんな感じ。

 9月の半ばを超えたころで彼岸花が結構たんぼの脇に咲いていました。

210919大山千枚田へ (2)

 ちゃんと自転車で来た証拠を残しましょう。

 逆光でなければよかったのに・・・




210919大山千枚田へ (3)

 大山千枚田のあとは鴨川市内のほうへと下り、美味しい海鮮丼を食べて大満足!

 美味かったなあ~~


210919大山千枚田へ (4)

 そのほかにもまだまだ色々と走りましたが、ここからちょっと番外編。

 実は2年ぶりとなったSUPも楽しみました。

 ちょっと肌寒くなってきた10月。お気に入りの佐原のまちのすぐ対岸にある、潮来付近でSUPで遊んできました。


211016SUP (1)

 最初はちょっと天気が心配でしたが、途中で晴れ間も見えてきて、楽しめました。

 ただ1回ドボンしてしまいましたが。。。。

 下の写真だと加藤洲十二橋のあたりであるのがよくわかるはず。

211016SUP (2)

 写真のへっぴり腰のおっさんがワタシ。

 自転車ウェアでSUPに乗ったんですが、ドボンしてもすぐ乾きました。

211016SUP (3)
 
 この写真は常陸利根川を渡り、加藤洲十二橋への入り口部分。

211016SUP (4)

 コロナで思うように遊べなかったという割には結構遊んでいるとしか言えませんね。。。。

 今年はそれほど自転車仲間とご一緒できる機会も少なかったですが、来年はもうちょい回数を増やして、さらにお泊り遠征なんぞにも行きたいものです。

 2022年はもっと楽しい1年を送れますように!!

 ポチっと応援してね~~~ 
  ↓↓↓↓↓





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



























2021走り納め ~小貝川ふるさと公園~

2021.12.30.23:38

 2021年もいよいよ走り納め。12月28日に小貝川を走ってきました。

 走り出してみれば冷たく吹き付ける北西の風。心が折れずにどこまで走れるか・・・・

 とりあえず利根川を渡り、ふれあい道路で北上し小貝川19kmポスト付近で川沿いの道へとIN。寒いし、風は強いので何度ももう引き返して、家でぬくぬく。。。。なんて考えが頭をよぎる。まだこのあたりまでで20kmくらいなのに、もうへばった感じ。 

211229小貝川 (1)

 せめて100kmは走り納めとして走っておきたいので、ママチャリモードののんびり走行で構わないので、ノロノロと走る。

 筑波山は遠くにくっきり見えるがまったく近づくいていく気配なし。冬場はなぜかなかなか走っても距離が伸びない感じがします。



 1個目の橋だったか、前回と同様にまだまだ工事中。左岸に移動する。


211229小貝川 (2)

 筑波山まで行かずとも往復100kmにはなるけれど、まるで筑波山に近づいていく感じはせず、ただただ向かい風の洗礼が続く。寒いし向かい風が強い。。。。

 どこまで行けるかなあ・・・


211229小貝川 (3)

 途中右手の田んぼ側から颯爽とローディーがCRに乗り込んできた。頑張ってついていこうと思うものの、わずか数分で過去の人となる。早くてついていけない。。。

 ようやく福岡堰に到着。正直遠かった。。。

211229小貝川 (4)

 福岡堰の公園内はさらにママチャリモードでのんびりと。

 この寒い時期はまったく公園内にも人がいない。


211229小貝川 (5)

 堰のところにどうにか到着。

 この先は左岸も右岸もおそらく工事中なので、ここで引き返そうかと何度も思うが、せめて100kmにはしたいので、もうちょい頑張るか・・・・と先へと進む。

211229小貝川 (6)

 とりあえずは右岸へ。

211229小貝川 (7)

 右岸を走り出すもののすぐに工事中になってしまい、田んぼと畑の中の道へと迂回することに。


211229小貝川 (8)

 川っぺりの道よりも多少農家の軒先のようなところのほうが風は弱いのかもしれないし、風景も川沿いよりもある意味変化があるので、それほど飽きずに少しづつ距離を伸ばしながら小貝川上流へ。

 37km地点付近で小貝川CRに復帰し、向かい風に苦戦しながらせめて片道50kmまでは・・・と走り、小貝川ふるさと公園付近でようやく50kmに。

 あとは来た道を帰れば100kmにはなるので、もうこの辺でやめておこうっと。。。。

211229小貝川 (10)

 筑波山をバックに写真を撮り、きっとここからは追い風ばびゅーんだぜ~~と期待する。

211229小貝川 (11)

 走り出してすぐは確かに面白いようにスピードがでるし、ペダルをちょっとまわせばあとは惰性で結構走る。

 こうでなくちゃ!

211229小貝川 (12)

 とは思ったものの、右へのカーブで南西、西方向に進むと途端に失速。クネクネ小貝川のせいで結構追い風どころか向かい風になるところも多く、思ったほどスピードに乗れない感じ。

211229小貝川 (13)

 おかしいなあ・・・・

 こんなはずじゃなかったはずなのに・・・

 と、往復ともに向かい風にやられながらノロノロと走る。


211229小貝川 (14)

 もうちょい走れると思ったのに、帰りも向かい風の洗礼を受け、水海道付近で腹ペコ病のため、どこかでランチにしないと倒れそう。

 ラーメン屋さん幸家水海道店へとピットIN。

 味噌ラーメンとライスをオーダー。
 

211229小貝川 (15)

 窓際の席をキープし、窓のすぐ脇においてある自転車が良く見える。

 まだまだ帰りのためのエネルギーをとライスをお替りし、ラーメンもスープまで飲み干して満足、満足。

211229小貝川 (16)

 年賀状印刷用のプリンターインクが切れてしまっていたので、帰りがけに小絹のケーズデンキにより購入。

 


211229小貝川 (17)

 帰りは新大利根橋で柏へと抜け、手賀沼脇を変えるとちょうど100kmくらいでしょう。
 
 橋の途中で右前方にスカイツリーが見えてくる。


211229小貝川 (18)

 赤い矢印のところ。


211229小貝川 (24)

 自転車を止めてズームにして1枚。

 自宅でトリミングするとこんな感じ。

 一度場所を確認すると走っていても、すぐわかるくらいには見える。


211229小貝川 (19)

 柏市の郊外を抜けて手賀沼北岸へ。

 そのまま北側の道を東へ走って、ゴールのつもりだったものの、そのままでは100kmにちょっと未達な感じ。

 時間的には多少余裕があるので手賀大橋を南にわたり、手賀沼南岸をぐるっと曙橋まで走ることにコース変更。

211229小貝川 (20)

 曙橋ではないところでたまには1枚。

211229小貝川 (21)

 曙橋では自転車無しでこれまたパチリ。

 無事100kmをちょっと超えました。

211229小貝川 (22)

 あとは自宅近くへとのんびりと走る。

 途中滝前不動では来年の干支が飾ってあります。

 


211229小貝川 (23)

 なんだかんだで結局走り納めは104kmってところ。

 いつも走っているようなところではありましたが、そこそこ走れたので満足。


211229コース


211229グラフ


211229データ

 この日の夕食はたらこスパゲッティとアンチョビとキャベツの炒め物。そんなわけでお米を研ぐのはなく、準備も食事の直前でいいためシャワーと洗濯をしてからしばらくまったり。しばしソファでウトウト。

 その代わり夕食前はバタバタでしたが・・・・


 走り納めは距離少な目ではありましたが、無事帰宅できたことだし、楽しく走れて満足、満足。

 ポチっと応援してね~~~ 
  ↓↓↓↓↓





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村




















プロフィール

Tomy

Author:Tomy
50代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR