ウィーンの夜

2017.09.20.00:34

 せっかくの9月の週末は残念ながら自転車には乗れず・・・ストレスは膨張しながら、なすすべもなく・・・

 
 すでに記憶は完全に忘れてしまった感があるものの、珍しく海外に行ったときの記録はちゃんと残しておきましょうってことで、2014欧州の後半戦、ウィーンの夜を書き残しておきます。

 オランダ、フランス、オーストリアとバタバタと移動し、終盤のウィーンの夜。この日は、数名で外へと夕食にでかけました。

 ホテルのあるフランツ・ヨーゼフ駅からトラムで市内中心部へと移動。


 都内で都電に乗ることはまずなく、地方都市でこうした路面電車タイプのものに乗ったのはいつでしょう?富山が最後だったかな?

 

2014欧州ウィーンの夜 (1)

 トラムの車内はこんな感じ。

 写真のとおり、結構狭いです。

2014欧州ウィーンの夜 (2)

10分くらい乗ったでしょうか、オペラ座前に到着。
 
 トラムを降りて、うろちょろ。

2014欧州ウィーンの夜 (3)
 
 オペラ座の裏手となるアルベルティーナへ。

 時間があれば、クリムトの絵でも見たいところですが、ディナーに来たので、これまたスルー。

 ウィーンに来て絵も音楽も楽しまないでどうするの?って感じですが、一応仕事なので・・・

2014欧州ウィーンの夜 (4)

 アルベルティーナの一角にあるアウグスティナーケラーへとIN。

 こちらはレンガ造りの蔵がワインの保存場所となっているんですが、その面影がある店内で食事をするのを目的に入ったのに、手前のテーブルに・・・

 英語が堪能なIくんが色々とお店の方と交渉してみてくれたようですが、奥のほうの蔵のようなところのテーブルは確保できず・・・

 残念。

 とりあえず乾杯!うま~い。ぐびぐび行けちゃいます。

2014欧州ウィーンの夜 (5)

 さすがに3年も前なので、具体的なメニューは忘れちゃいましたね。

 写真のものくらいしか覚えていませんが、美味しかったのは間違いなし。

2014欧州ウィーンの夜 (6)

 ビール以外にももちろんワインも飲み、ウィーンの夜を楽しみました。

2014欧州ウィーンの夜 (7)

 食後はそのまま夜のまちへと繰り出します。

 とはいっても、日本じゃないとおいそれと2軒目行きましょうかあ~って感じではないので、昼間と違うまちの様子を眺めながら、ホテルへと帰ります。

 やはりヨーロッパの古い建物の外装は夜間のライトアップで昼間とは違う表情。

 


2014欧州ウィーンの夜 (8)

 少し歩いてシュテファン大聖堂。

 空にそびえ立つ尖塔部分がなんともカッコエエ。

 

2014欧州ウィーンの夜 (9)

 まだ夜も早かったせいか、内部にも入ることができました。

 昼のざわついた感じがなく、シーンと静まり返って、いい感じ。

 立ち寄ってみて、大正解。

2014欧州ウィーンの夜 (11)

 広場から少し北の方向へ歩くとペスト記念柱。これも昼と夜とでは見た感じが違います。

 夜のほうがライトアップで陰影がちょうどいいくらいについている感じ。

 

 


2014欧州ウィーンの夜 (10)

 あとはホテルの方向に向けててくてくと歩きます。

 初の海外のまちで夜てくてくと歩くのって、ちょっと怖い気もしますが、昼間車で移動するだけじゃなかなか見えてこないものもあるので、やっぱり歩いて見るのも面白い。

 日本では銀座あたりで飲んで、駅まで歩くときの路地の風景に少し似たところがありますが、まったくネオンもなければ、タクシーもいません。付近の建物は事務所なのか店舗なのか、住宅なのかさえわかりません。

 


2014欧州ウィーンの夜 (12)

 こんな感じのところをしばらく歩きました。

2014欧州ウィーンの夜 (13)

 でも実はさっぱりどこを歩いているのかよくわからず、ただただ北の方向へと歩くだけ。

2014欧州ウィーンの夜 (14)

 そしてしばらく歩くとようやく日本大使館へ到着。

 大使館のすぐ先はリング道路。ここまで来ると、トラムの乗り場があり、ホテルに無事帰着。

2014欧州ウィーンの夜 (15)

 なかなか貴重な経験でした。



 応援してね〜
 ↓↓↓



にほんブログ村
スポンサーサイト

ウイーンでお散歩 その4

2017.09.18.21:27

 せっかくの3連休。まったく自転車に乗れていません。

 もう3年も前のことですが、途中で更新しないままになっていたので、2014欧州の続きでも書いておきます。

 オランダ、フランスに続いて、オーストリアに移動し、ウィーンで迎えた2日目だっけかな?少し時間があるため、市内をお散歩。日本語が通じないとどうも心配と思いながらも、だんだんと慣れてきたというか、まあなんとかなるっしょ・・・ってん感じで、度胸もついてきたのか、せっかくの時間を持て余したくないので、トラムに乗って市内中心部へ。

 オペラ座、シュテファン大聖堂、王宮などをてくてくと散策。

 途中でちょいと催し、マックを見つけて緊急避難しなところまで書いたので、その続きです。

 リング道路に再びもどり、王宮周辺を散策。

 下の写真は自然史博物館。フランツ・ヨーゼフ1世が開設したものです。この博物館の収蔵品は世界でも5本の指に入るとか・・・

 でも、実は時間があまりないので、これまたスルー。正直なところ、どの程度時間があるのかもう少し事前にチェックしておけば、1〜2か所は内部も見学できたのにと思うと残念でならない。

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (1)

 リング道路を少し時計回りに歩いていくと、国会議事堂がある。

 ギリシャ神殿風の建物で、正面噴水のところにはアテナ女神の彫像が配置されています。


 

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (2)

 せっかくなので自撮り。

 ああああ・・・ 風が結構強くって、髪の毛が・・・ 3年前と今と比べると生え際が後退した気が・・・ 見なかったことにしよう。

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (3)

 海外に来て、しばらくたつもんだから、そろそろ自転車にも乗りたくなり、ついつい道を行き交う自転車が気になります。
 
 ウィーンのまちなかは結構自転車専用レーンのようなものが整備されていて、走りやすそうです。

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (4)

 そして至るところにレンタサイクルがあります。

 ウィーンのまちくらいだと自転車で走り回れば、歩くよりもずっと効率的で時間も短く、あれこれ立ち寄れたんだと思うと、使わなかったのはちょっと後悔。

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (5)

 議事堂のすぐそばにはウィーンの市庁舎。

 そんなに高さを感じませんが、中央の部分の尖塔の高さは約98mとのこと。

 市庁舎であれば恐らく一般市民も入って大丈夫だろうから、中を見ておきたかったのですが、これをうっかり忘れてそのまま先へと進んでしまいました。これまた残念。

 

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (6)

 市庁舎の前にもレンタサイクル。

 日本でもそうですが、なぜかレンタサイクルは屋外にこんな感じで置いてあります。

 確かに建物の中よりもわかりやすいですが、ロードバイクを屋内保管しているような人間からは屋内保管にしておくことで、メンテナンスもしっかりとして自転車も長期に利用する分、いいものを使えばと思うんですけどね。

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (7)

 いずれにしてもものは試しに使ってみればよかったとこれまた後悔。

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (8)

 そろそろ時間的にも厳しくなってきたので、撤収を考える。

 もうちょい歩けば写真のヴォティーフ教会まで行けそうだが、時間がねえ・・・

 

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (9)

 そろそろ諦めてトラムに乗ろうかと、乗り場へ到着。

 道行く自転車を見ると、乗りたくなってウズウズ。

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (10)

 さて、トラムに乗るにもどこ行きだっけかな?

 フランツ・ヨーゼフ駅のあたりに行ければいいんですが、行先はちょっと違うので、路線図やらガイドブックを見ながら、冷や汗ダラダラ状態で帰り道を検討。

 乗り場の電光掲示板を見て、

 プラター、ハウプタ・・・ ハウプター???

 すると電光掲示板の文字が別の表示に・・・
 

 

2014欧州 ウィーンでお散歩④ (11)

 何だったかよくは覚えていませんが、確か何番かルート番号のようなものがあって、それに乗れば帰れると聞いていたので、どうにかフランツ・ヨーゼフ駅へと帰ることができました。

 正確には車内アナウンスを見ても、聞いてもわからないので、必死で窓からの景色を見ながら「ここだ!」と駅を見つけて、無事下車したんですが・・・
 
2014欧州 ウィーンでお散歩④ (12)

 ちなみにこちらがお散歩したコース。地図の右下のあたりでトラムを降り、赤い印があるシュテファン大聖堂付近などをうろちょろし、そのあと外周部を散策、最後に地図の上部にあるヴォティーフ教会前付近で再びトラムに乗るまで、約8kmほど。

ウィーン お散歩 1

 まあ、言葉は通じなくてもなんとかなるもんです。

 応援してね〜
 ↓↓↓



にほんブログ村

上総鶴舞方面へ そしてまたしても。。。 ②

2017.09.14.00:33

 先日の土曜日9月9日のことです。

 しばらくパンクが続き、おまけにフリーボディの爪が破損してしまったため、レーゼロ後輪は前の週の日曜夜にショップにドナドナ〜〜

 在庫があっても1週間から10日ってことでしたので、半ばあきらめていましたが木曜に電話があり、なんと修理完了とのこと。

 金曜夜は仕事もそこそこに切り上げ、帰りがけにショップに立ち寄り、レーゼロ回収。これで土曜日は走れる!!

 でもパンクが続くともしかすると、また?ってこともあり、どこに行くか気になります。輪行袋を持って、電車があるようなルートがいいだろうと、千葉方面に向かいました。

 それでも千葉市内を過ぎれば、もうパンクもするわきゃあないよなあ〜と勝手な思い込みをし、お気に入りの上総鶴舞方面へと向かいました。そして今回はその先、高滝湖には行かないで、R297をそのまま直進。

 圏央道を過ぎたあたりでコースを変え、こちらの野見金公園へとやってきました。

 でもまだここから2.5kmほど。プチヒルクライムスタート!


20170909野見金山公園② (1)

 涼しくなったようではあっても、坂道を走れば、汗が噴き出し、心臓バクバク。

 2.5kmって短いけど、自分にとっては十分長い。疲れる。

 でも、足はつかずに走れそう。

20170909野見金山公園② (2)

 ところがこの命の水が見えたら、よたよたと水に引き寄せられましたね。

 飲んで大丈夫なのかわからないので、とりあえず顔を洗い、頭と腕に水をジャブジャブとかける。

 これがなんとも気持ちのエエこと。

 わずか1〜2分の休憩で、水浴びして生き返った感じ。その先を走りだすと、風があたって逆に今度は寒いくらい。

 クールダウン効果は抜群。

20170909野見金山公園② (3)

 命の水からはあっという間に野見金公園に到着。

 今回はその公園内にある、こちらのミハラシテラスが目的地。

 行く前から抜群のロケーションであることはわかっていましたが、なんとも景色のいいこと!!

20170909野見金山公園② (4)

 千葉県はこれといって山は無いけど、遠くまで見渡せて、とにかく気持ちがいい。

 この景色を見た瞬間に、お気に入りの場所になりました。

20170909野見金山公園② (5)

 そしてここからはスカイツリーが見えるらしい。

 残念ながら夏の時期はちょっと無理そうです。

 冬の空気が澄んだころにまたきましょう。

20170909野見金山公園② (7)

 こちらが前の写真の看板の先をずずっと見たところ。

 肉眼でこれは?と思うものがありましたが、自宅に戻って写真をアップで見てもどうにも判別できずでした。やっぱり冬の時期に行くしかなさそうです。

20170909野見金山公園② (6)

 ちなみにスカイツリーからこの場所までは52.8km。今回見ることができなかったので、空気が澄んできた頃にまたぜひとも来たいもんです。

170909野見金公園


 そしてランチはカレー。サラダと飲み物をつけて、オーダーを。

 「何か苦手な素材は?」と聞かれましたが、カレーやサラダに苦手な材料が入っていたら、ちゃんと考慮してくれるようです。なるほどなあ〜って思いましたが、配膳されたときに「多いですか?」と聞かれ、「いえ、もっとこの2倍くらい大丈夫です!」と思わず言いそうになりましたが、ちょいと恥ずかしかったので「大丈夫です」と答えてしまいましたヨ。(笑)

20170909野見金山公園② (8)

 お店の方に了解いただき、お店の中の雰囲気も写真を撮らせていただきました。
 
 窓が大きく、開放的な感じ。見晴らしはそれこそ抜群で『ミハラシテラス」の名の通り。

20170909野見金山公園② (9)

 カレーを食べてお腹いっぱい(?)になり、あとは帰るだけ。

 お店の周囲を少してくてくと歩き、写真を撮影。

 

20170909野見金山公園② (10)

 次回もう少し涼しいときは、屋外のテラスってのもいいかも。

20170909野見金山公園② (11)

 そういえばジェラートもあったみたい。

 今度はジェラートも食べてみようっと。

20170909野見金山公園② (12)

 すっかりお気に入りになり、次はいつ頃来ようかなあ〜と考えながら、あとは一路手賀沼へと帰ります。

 来た道とは別のコースでR409方面へ。

 R409を少し走って、秋元牧場や長柄湖方面を目指します。

 秋元牧場と長生き展望台に寄っていこうかとも思いましたが、足が重くなってきたのと、時間が気になるので、寄り道はやめてそのまま千葉方面を目指します。

20170909野見金山公園② (13)

 途中一部アップダウンはあったものの、それほどの坂道ではないので、なんとか千葉市内まで走り、そこでアイス休憩でもして帰ればちょうどいいかなあ〜  って思っていたんですが、現実はそう甘くはありませんでした。

20170909野見金山公園② (14)

 もうあとちょい走ればJR線を渡り、その先R16号。湾岸を千葉の先まで走り、そこから花見川CRを使ってかえれば16時か16時半くらいだろうと思っていた矢先のこと、プシュン~~ってまたもやパンク。

 いったいこの2〜3週間で何回パンクしたことか・・・

 でも前日ショップでレーゼロの回収の際に、「パンク修理でタイヤを外せないのは、タイヤレバーが悪いはず!」とかなんとか勝手な理由にケチつけて、新たにレバーを購入。(でも実はまったく同じもの購入する、単なるバカ・・・)そしてチューブも1本購入。

 日陰の歩道に移動しておNEWなレバーで外すと、あれれ?あっという間にタイヤが外れました。驚きです。

 でもまあ結局チューブを交換して、タイヤを嵌めたら30分近くかかっていたかも。



 そして、また空気を入れるとなぜか抜ける・・・・

 どうして?レバーで傷モンにしてしまったのか?

 こういう時に限って、チューブは無いし、パッチも無い。無いわけじゃないが、ゴム糊が干からびてしまっていた・・・


 仕方がないので、またしてもてくてく作戦。JR浜野の駅は歩いても10分かからないくらいの場所。

 幸いこんなこともあろうかとサドルバッグに輪行袋を放り込んでいたので、駅前で急いでパッキングし、電車に飛び乗る。

 でもこんな時に限って、ちょうど座れないくらいのお客さんが乗っていて、浜野⇒蘇我、蘇我⇒南船橋とほぼ立ち続け、おまけに駅で飲み物を買えず、南船橋で2分の乗り換えのときに急いでペットボトルのポカリを買って、一気飲み。生き返りました。

 そんなこんなで結局自宅には16時半ちょい過ぎに到着。

 急いでシャワーを浴び、洗濯をしてお米を研ぐ。
 
 何も無かったようなふりをして、夕食はチキンカツもどき。自宅に帰ってから夕食までがバタバタであったため、夕食後布団にごろっとしてみたら、気が付いたら朝だった。。。


 今回の記録 110.01km
 9月の計   112.48km  あれっ?前回3kmも走って無いんだ・・・
 1月からの計 4210.29km



応援してね〜
↓↓↓



にほんブログ村

 

上総鶴舞方面へ そしてまたもや。。。 ①

2017.09.11.23:29

 前の週末(9/3)はホイールをドナドナしちゃったので9日の土曜は諦めかと思っていましたが、なんと木曜に修理完了の連絡があり、金曜夕方は仕事もそこそこにショップへGO!

 ウキウキ、ルンルンで帰宅。翌日どこに行こうかと悩みながら、ぐっすりと眠り・・・ 気がつけばいつものごとく寝坊。

 9月になって少しは涼しくなったのか?とりあえずは天気も心配なさそうなので、9月9日の土曜日は8時過ぎにスタート。まあ、こんなもんでしょう。

 この日も夕食準備があるので、帰りは16時過ぎくらいにはって感じなので、とりあえず八千代・千葉方面に向かい、木更津付近に海を見に行くか、秋元牧場か、上総鶴舞付近か適当に走ろうと決め、まずは千葉市内を目標に走る。

 自宅を出てすぐの手賀沼で。ここへ帰ってくるのは16時くらいかな・・・

20170909野見金山公園① (1)

 自宅を出るのが8時を回っていたので、なるべくショートカットすることにしてR16号を走り、道の駅やちよへ。
 
 やっぱり国道はやめておくべきだった。車が多くて、怖い。

 道の駅から新川・花見川CRに入ると、路面は悪いものの車がいないと思うとほっとする。

20170909野見金山公園① (2)

 花見川CRの一番の景色はこの弁天橋。だから何?って気もするが、天気がいいのでついつい止まって写真を撮ってしまった。

20170909野見金山公園① (3)

 穴川交差点からR126を走り、県庁手前の本町2丁目の交差点。

 いつも思うんですが、写真中央の建物はせっかくの場所なのに1Fに顔を出していません。もったいないと思うのは自分だけなんでしょうか。確か銀行?の建物だったと思うけど、店舗じゃないからこれでもいいのか?オーナーの自由だとは思うけど、この立地で1Fの作り方ってもうちょっと工夫があってもいいと思うけど。(実は写真を撮った側の建物も同じです。不思議な交差点)

20170909野見金山公園① (4)

 木更津か小湊鉄道沿線か・・・考えながら、ついつい五井付近まで来てしまい、そこから養老川沿いを上流に向けて走る。

 でも思ったほど川っぺりの道が無く、ときたまこんな感じに川が見える以外はどこを走っているのかわからないまま、とりあえず内陸方向へと走る。

 

20170909野見金山公園① (5)

 途中ようやくいつだったか立ち寄ったことがあるような道の駅あずのさと市原へ。

 さて、この先どんな道だっけ?スマホでチェックし、そのまま直進。

20170909野見金山公園① (6)

 まだ50〜60kmくらいなのに、そろそろ疲れてきたのか、ペダルが思うように回らない。

 この先あたりがもしやもう牛久?

20170909野見金山公園① (7)

 そんなことはなくって、ようやく光風台駅。

 ほかの小湊鉄道の駅に比べると、郊外の私鉄の駅って感じ。

 駅のそばにスーパーもあるし。

20170909野見金山公園① (8)

 こちらがホーム。

 でも、がら〜んとしています。一応ホームは2つあり、五井方面と牛久方面。お客さんは誰もいませんけどね・・・

20170909野見金山公園① (9)

 牛久方面からの帰りはR297を走りますが、それはもうちょい東のエリア。この付近は国道からちょっと離れていて、もうちょいローカルな道が線路沿いにあり、これを牛久方面に向けて走ります。

20170909野見金山公園① (10)

 牛久駅に着くちょっと手前で踏切がなり、列車が近づいたので、そのまま駅にと寄ってみた。

 五井から牛久までの列車だったようで、その先を走るトロッコ列車がお目当てのお客さんが多いみたい。

 お客さんがみんな揃って写真撮ってるし。。。。

20170909野見金山公園① (11)

 トロッコ列車が走るなら、せっかくならばと川間駅へと先行し、やってくるトロッコ列車を撮ってみることにする。

 逆光でちょっとわかりにくいですが、後ろの掘っ立て小屋みたいなのが、駅の建物。

 乗客と思われる人は全然いませんが、トロッコ列車の写真を撮ろうとしているカメラマンが数人、駅の周辺に点在していました。

20170909野見金山公園① (12)

 来ました、来ました、トロッコ列車。

 汽笛をぽ~っとならしながら走ってきます。
 

20170909野見金山公園① (13)

 川間駅に到着。

 でも時刻表上は停車ではなく、乗降ももちろん不可。

 30秒くらい止まって、再び発車。

20170909野見金山公園① (14)

 駅の反対側にいて、ぐるっとまわってくるため、さすがに次の上総鶴舞駅で追いつくってのは無理でした。そのまま、その先の高滝駅か里見駅まで頑張って走れば追いつくでしょうが、今回は別のコースを走ります。

 というわけでとりあえず上総鶴舞駅をパチリ。お気に入りの場所ですから。。。


20170909野見金山公園① (15)

 無人駅なのをいいことに、ホームへ。


20170909野見金山公園① (16)

 そして一番のお気に入りの風景はここからの眺め。

 古めかしい駅舎と少しカーブしながら、田園地帯に伸びる線路。

20170909野見金山公園① (17)

 いつもは上総鶴舞駅の手前の道を南下して、高滝駅やらあの「世界一大きなトイレ」のある飯給駅方面へと走りますが、今回は駅前のR297をそのまま進みます。

 そして、圏央道を過ぎたあたりで左折し、こんな道へと入っていきます。

 ちょっとずつですが坂道っぽくなってきました。

20170909野見金山公園① (18)

 その先にはこんな感じのトンネルがあり、長南町へと入ります。

20170909野見金山公園① (19)

 自宅で朝食をとり、その後はボトルの水のみでここまで走ってきたので、さすがに腹が減りました。

 途中コンビニはあったんですが、我慢、我慢。(何を我慢?)

 疲れてきたのか、iPhoneの地図ではもうすぐな感じがしましたが、なかなか着きません。ボトルの水も少なくなってきたので、ちょっと心配。さて、無事につくんでしょうか?

 ポチッと応援してね〜〜


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

パンクの次は、フリーボディ逝く

2017.09.10.18:31

 実はもう1週間たっちゃってますが・・・

 8月の最後の土曜にパンクしてから、どういうわけかパンクが続いています。

 まずは恥ずかしながら出先でパンクしたものの、うまいことタイヤを外せず・・・ 苦戦。まあ自宅までそれほどでもないのでそのまま自転車押し歩きで帰宅。翌日、やはり苦戦してどうにかパンク修理。

 翌週9月の最初の土曜日は、これまたいつのまにかスローパンクなのか、空気が抜けてて、またもやパンク修理。

 そしてこれまたその次の日曜日。この日は買い物や夕食準備もあるので、とりあえずパンクの修理だけして、あとはその辺をちょっとだけNEWサドルにもしたことだし、試走でもしてみようと出発。自宅周辺程度のグルグルなので、サドルバッグも取り外し、やっぱりカッコええなあ〜と思いながら、走りだす。

20170903パンク修理その2 (1)

 NEWサドルの感じとしては、ツルツルって感じでしょうか。

 考えてみれば純正品をもうかれこれ7年近く使っているので、表面もかなり擦り切れてしまっていたので、ある意味滑ることもないくらいのザラザラになっていて、急に新品に替えたもんだから、サドルがツルツル感じでも仕方がないかもしれません。

 そんなことを考えながら、まだ1kmも走って無いときに。。。

 プシュンと鈍い音が・・・

 またもやパンク。

 (泣)


 もはやチューブもタイヤも手持ちがない。近くの自転車屋さんへ。

 そして、今回後輪が何かと気になっていたので、自転車屋さんではそのあたりを見てもらうことにしました。

 走りだす前に交換しているタイヤもチューブともに新品。ただ、いつ購入したものかどうかは覚えていません。たぶん半年くらい前だった気はします。

 自転車屋さんで話をしていると、「ブ○○ストンって、あまりモノはよくないよ。F1のタイヤの技術がなんとか・・・って言ってるけど、自社で製造しているんじゃないみたいだし」とかなんとか。考えてみればタイヤもチューブもその会社のもの。


20170903パンク修理その2 (3)

 「へーそうなの?」

 と、よくよく見ればこんな感じに裂けています。


20170903パンク修理その2 (4)

 モノ自体はこの通り、新品なんですよ。


20170903パンク修理その2 (5)

 でも裂けてしまっている場所を裏側からみるとこのとおり。

20170903パンク修理その2 (6)

 これが悪さをしたのか、それとも単にパンク修理が下手くそで、パンクを招いたのか?

 自転車屋さんでは、ホイール自体にも少し不安があったので、ちょっと見てもらったところ、ハブの部分が気になるようで、外してチェックしてくださいました。こちらはどこがどう悪いかわからなかったので、このあたりは完全お任せ。

 するとフリーボディの爪がまたもや破損とのこと。1年半ほど前にも同じ症状で同行していた自転車仲間に多大なご迷惑をおかけしましたが、またもや爪が破損とは。
 
 さすがに爪の部分が破損しているとフリーをもとに戻せず、備品は無いとのことでしたので、これは購入したショップに別途持ち込むことにして、別のホイールを付け替えて自宅に帰ることにしました。

 そのためまたしても、自宅にてくてく・・・

 自宅から純正品A-classのホイールだけを持参して、自転車屋さんで付け替え。



20170903パンク修理その2 (2)

 片手にフルクラムのホイールを袋に入れ、もう片方の手で自転車を押し歩き、てくてく・・・

 この日曜の夕食準備をしたあと、夕食時にはビールを飲まずに食事もそそくさと終え、ざっと片づけてから車でショップへGO。

 フルクラムのホイールをショップにドナドナしてきました。

 事情を話して、修理を依頼。「在庫次第ですが、1週間から10日くらはかかりますね・・・」

 (泣)

 これでは今度の土曜(9/9)は無理ってことか・・・

 まあ、仕方ないね。



 応援してね〜〜
↓↓↓



にほんブログ村
プロフィール

Tomy

Author:Tomy
40代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR