約1年半ぶりの佐原の大祭 ②

2018.07.18.01:03

 先日の3連休の初日は佐原へ大祭見物へと行ってきました。

 当初は佐原以外にも十二橋、潮来、さらには鹿島の港公園あたりまで走り、120kmから150kmくらいは・・・なんて考えていましたが、あまりの暑さにダウン。佐原到着時にアイスによる急冷効果もなく、まあお祭りだけみて帰ろうかなあと、根性無しになりました。
 
 さて、そのつづきです。市内をぐるっとまわり、諏訪神社やら展望台にもちょっと立ち寄り、再び市内中心部。

 小野川沿いへとやってきました。

180714佐原の大祭② (10)

 メインは小野川沿いと忠敬橋でクロスする香取街道。それも、橋から東側の部分。

 写真のように、ホコ天状態。

 左奥に見えるは旧三菱銀行ですが、工事中のようです。でも、単にシートがかけられているわけではなく、この町のランドマークでもあるので、シートに外観の絵が描かれています。

 

180714佐原の大祭② (15)

 ただよく見ると、保存修理実施設計技術支援業務委託となんだか随分と珍しい看板。

 てっきり外装改修工事とか耐震補強工事とか、そんな名称だと思いましたが、不思議な業務名称。それも工事ではないみたい???今度清水建設の人に聞いてみよう。





180714佐原の大祭② (1)

 ちなみに隣接の町並み交流館は通常通りオープンしていたので、トイレを借りたりと入ってみると、ものすごいお客さんの数。どうやらお祭り見物には暑さが凄すぎて、涼む場所を探してきているみたい。

 写真は旧三菱銀行の模型です。

 座るところも無いので、写真とトイレだけで再び外部へ。


180714佐原の大祭② (9)
 
 と、言いながら腹が減ってきたので、とあるお店を探すが、祭りのためか臨時休業。

 そこで、こちらの老舗・東洋軒さんへとやってきました。


180714佐原の大祭② (4)

 東洋軒さんといえば、インディアンライスが有名ですが、前に食べているので、別のものを・・・

 今回はヒレカツ定食をチョイス。
 
 運ばれてきたときは、違うんじゃない?随分とでっかいなあ・・・と思いましたが、ちゃんとヒレカツでした。美味しくいただき、お腹もいっぱい。

180714佐原の大祭② (3)

 そして再びまちなかをぐるぐると歩き回ります。こういうときは、ロードを押しながらってのは、結構面倒ですが、どこかにおいておくのは心配です。

 まちなかの広場ではこんな感じのところで佐原囃子をやっていました。

 動画を撮ればよかったとあとあと後悔。

180714佐原の大祭② (17)

 そしてそのすぐ脇には、路上にこんな感じの跡がついています。

 これは「のの字廻し」のときに道路につく跡です。重さ3~4トンもある山車をのの字を書くように回転させるというもの。

 残念ながら今回もその様子を見ることはできませんでした。

180714佐原の大祭② (8)

 市内をうろちょろして見つけた山車は・・・

 下仲町の菅原道真の山車。

 
180714佐原の大祭② (14)

 こちらは舩戸の神武。 

180714佐原の大祭② (16)

 そしてこちらは八日市場の鯉。

 実は東洋軒さんで、この時間帯にはどのあたりで山車を見ることができるか聞いたところ、小野川より当然ながら東側で川沿いか香取街道がメインであるものの、結構路地にも入っているので、探してみて・・・とのこと。

 確かに、山車を引くにはこんな小道を?と思うような路地に入り込んでいたりします。

180714佐原の大祭② (18)

 それを路地から出たところで、のの字廻しのような感じで、ゴゴゴゴ・・・と大きな音を立てて向きを変えます。

180714佐原の大祭② (19)

 一番東側のあたりでは、浜宿の武甕槌命。

 そしてこの場所では、びっくりすることが・・・

 写真左側の路地から出てくるところを、待ち構えていたところ、山車を引く男性の方から声をかけられました。ちょっと近寄りすぎて、危ないとか、離れてください・・・と言われるのかと思えば、なんと、「ブログやられてますよね?」と。

 「???」

 どうして突然半纏を着た方から、そんな声をかけられるとは思いもしませんでした。

 が、「わかりますか?」と聞いたら、これまたなんと、「ちばらぎロードですよね?読んでますよ。」って。

 いやあ、うれしいもんですねえ。ブログをはじめて8年くらいになりますが、そんなことは数えるくらいしかありませんから。それにしてもびっくりしました。

 

180714佐原の大祭② (13)

 最後にもうひとつ、面白い光景を。

 実は山車を探してまちなかをうろちょろしていると、JR線の線路の向こう側に山車が見えました。

 踏切を渡って、そばにやってくると、どうやら踏切を超えるようです。JRの職員の方が車でやってきて、慎重に時間やらなにやら確認しながら、その時刻を待っているみたい。

 ちなみに山車をよく見ると、いわゆる大人形の姿がありません。

 ただ、なんだか赤い足がニョキっと空に突き出ていますが。



180714佐原の大祭② (5)

 しばらく待っているとちょうど踏切が鳴り出し、電車が通り過ぎます。

 踏切があがるとその瞬間から、一斉に動き出し、あっという間に踏切の向こう側へ。

180714佐原の大祭② (11)

 無事、踏切を通過しました。

180714佐原の大祭② (12)

 もういちどぐるりと市内を回って、再び同じ山車を見かけると、ちゃんと大人形はセットされていました。

 寺宿の金時山姥です。

 先ほどのあの赤い足は、金太郎の足なんでしょうかね?

 180714佐原の大祭② (151)

 なんだかんだで14時半。そろそろ帰ると自宅には16時半くらいとなるはず。

 暑くてスピードも出ないでしょうから、ぼちぼち帰ります。

 ですがあまりの暑さに、途中でまたしてもピットイン、アイスで急冷。


180714佐原の大祭② (6)

 そのあとも路上の休憩所で一休みし、なんとか自宅に到着。

180714佐原の大祭② (7)

 でも、帰ってからはシャワーも浴びずに、お米を研ぎ、麻婆豆腐を作り、一通り終わってからようやくシャワー。そして、またしてもアイスを食べ、そのあとは夕食時間までクーラーのきいたところでお昼寝・・・

 この日もたっぷり遊びました。

 応援してね~~
  ↓↓↓


にほんブログ村

スポンサーサイト

約1年半ぶりの佐原の大祭 ①

2018.07.15.20:31

 暑い、暑い、とにかく暑い。

 でも、走っておかないとあとで後悔するので、走ります。7月14日(土)はこの日を中日として行われる佐原の大祭を見に行くことにします。家を出るころは、佐原でお祭りを見て、さらに足を延ばして十二橋と潮来にするか、小見川を超えて鹿島の港公園あたりをめざそうと考え、とりあえずスタート。

 東へ向かうルートは手賀沼、手賀川から木下方面へ抜けるか、利根川にすぐに出てしまうのが通常のルート。

 今回は利根川コースを選択しましたが、川沿いの土手の上は灼熱の太陽ギラギラ状態なので、川から少し離れたコースで進みます。

 写真は木下駅から少し東に進んだあたりで、JR成田線沿い。

180714佐原の大祭① (1)

 このルートであれば、多少は日影があると思ったものの、夏の日中はほとんど日影は期待できません。。。

 それでも利根川CRよりは、ましです。

180714佐原の大祭① (2)

 小林駅の先で少しコースを変え、この印旛水門のところで、利根川CRにIN。

180714佐原の大祭① (3)

 利根川沿いをしばらく走り、長豊橋を越えて少しいったあたりで、前方より見覚えのあるローディーが・・・

 sora0215iさんでした。

 前回もこの利根川CRを走っていて、ばったりお会いしました。

 久しぶりに近況を報告し、オッサン2人でCRを占領してしばらくおしゃべり。炎天下のもと、30分くらいおしゃべりしていたかも・・・

 sora0215iさんは印旛沼方面、酒々井の久留実さんに豚ばらニンニク定食を食べに行くとのこと、少し髪を惹かれますが、今回こちらは佐原の大祭を見に行くミッションがあるので、ここでお別れ。次回はのんびりグルメライドに行きましょう。

180714佐原の大祭① (4)

 さらに1時間くらいで佐原に到着。

 でも、この炎天下の中を走るのは、さすがにつらい。暑くて、暑くて、もう体はオーバーヒート状態。

 佐原の市内に入ったところで、ガリガリ君で急速冷却。

 

180714佐原の大祭① (5)

 体も少し冷えてきたので、まずは小野川沿いに行きます。

 早速1台の山車が見えてきました。

 どこからか聞こえる佐原囃子。

180714佐原の大祭① (6)

 そのまま小野川を進み、忠敬橋、さらには伊能忠敬旧宅へ。

 暑いので、日影を求めて休憩。

180714佐原の大祭① (7)

 クーラーなんかないけど、日本家屋の中はひんやりと涼しい。

180714佐原の大祭① (8)

 もう暑くて暑くて、鹿島の港公園も十二橋も潮来ももういいや・・・

 せっかくだから佐原の大祭をゆっくり見ていこうっと。。。

 というわけで、諏訪神社へとやってきました。

 秋の大祭はこの諏訪神社ですが、夏は違うのでひっそりしています。

180714佐原の大祭① (9)
 
 ずんずんと奥へと入ると、急激な階段。

 でもこの階段を上らず、あとで別ルートでヒルクライムで上を目指します。

180714佐原の大祭① (10)

 ヒルクライムの前に公園に立ち寄り、伊能先生の銅像を見学。

180714佐原の大祭① (11)

 そしてこの日、ここだけのちょっとだけプチヒルクライム。

 あっという間に終わって、そこには市内を望む展望台。


180714佐原の大祭① (12)

 以前来たときはこんな夏場ではなかったんで、そこそこ市内を望めましたが、この時期は無理みたい。

180714佐原の大祭①17

 で、諏訪神社を見学。


180714佐原の大祭① (13)

 横にはこんな感じの大木がありました。

 ご神木?と思ったんですが、これといって何も看板なんかは見当たりませんでした。

180714佐原大祭①16

 あっという間のダウンヒル。そして惰性でついちゃうくらいのところに佐原駅。

 さすがに大祭があるせいか、駅前にも結構な数の観光客。

 写真にはまったく写っていませんが、あえてJRの乗客が一段落したあたりで撮影。

180714佐原の大祭① (14)

 再び小野川沿いへ。

 さて、これから佐原の大祭見物。

180714佐原大祭①15

 つづくーーーーー

 応援してね~~
  ↓↓↓

 
にほんブログ村

たまには歴史のお勉強でも!? 上総国分尼寺跡

2018.07.08.21:31

 退院してから1か月ちょいが経ちました。

 さすがに9日も入院していたせいか、周りの方々がとても気を使ってくださいます。それについつい甘えて、仕事をほっぱらかして、ゴロゴロしているうちに気が付いたら、なんと最速の梅雨明け。。。

 この1か月は山王祭りでお神輿を担ぎましたが、それ以外は雨も多くて、自転車もほとんど乗っていません。梅雨が明けたなら、ぱあっと遠出をしたいところですが、長いこと楽をしていたせいで、熱中症が心配です。そんなわけで先週は100km未満、今回100km超と少しづつ、距離を伸ばそうということで、今週もまたウォーミングアップ的に走ってきました。

 ウォーミングアップと言いながら、実は鈍った体にはかなりきつかった・・・

 距離もそこそこ100kmくらいってことなので、スタートものんびりいつものように9時半すぎ。

 とりあえず南に向かい、新川を超える。

 写真の先がちょうど川が合流するところで、右側が印旛沼方面。

180707上総国分尼寺跡 (1)

 道の駅やちよのちょっと先で新川の右岸を走る。

 川沿いの運動公園のところで工事中あり。迂回をさせられた。

180707上総国分尼寺跡 (2)

 どの辺まで行こうかと悩みつつ、向かい風でスピードは出ないし、暑いし、市原付近で適当に折り返すことにし、ちょっと前に調べていた上総国分尼寺跡にでもよって、適当に昼を食べて帰ることにする。

 調べてみたら山倉ダムよりもちょっと市街地側のようなので、とりあえず山倉ダムまで走り、1枚。

 写真はどんよりしているが、とにかく暑い。

 山倉ダムをぐるっとまわって、お昼にしようと思ったが、急激にお腹がすいてきたので、そのまま折り返し、今日のランチのお店にIN。

 

180707上総国分尼寺跡 (3)

 その名は、大衆食堂「いち。」さん。

 実は外観写真を撮り忘れていたので、以前2017年7月に来た時のものを拝借。

20170708市原 (17)

 冷房の効いたお店の中で、体を休めます。
 
 そして、オーダーしたものが到着!

 これはもしや大盛ごはん??

 いえ、何もそんな注文はしていません。

 お店のお姉さんはお客さんを見る目があるねえ~。

180707上総国分尼寺跡 (4)

 ごはんの向こう側にはから揚げが。。。

 そう、から揚げ定食でした。

180707上総国分尼寺跡 (5)

 せっかくなんでアップにすると、こんな感じ。

 私がお店に入った後、4人目くらいでしょうか、あとから来た方はちょうどご飯が切れてしまったようで、残念。。。とのこと。いいタイミングだったようです。

180707上総国分尼寺跡 (6)

 満腹になってから、上総国分尼寺跡を目指します。

 山倉ダムからは数分の距離です。

 というわけで、住宅街に囲まれたところにこんな感じの展示館があります。

 早速中に入ってみましょう。

180707上総国分尼寺跡 (14)

 室内に入ると、学芸員さんから声をかけてもらい、色々と説明をしていただきました。

 まったく不勉強で、どんなものか予習していなかったので、1から教えていただき助かりました。なんでも、1200年くらい前に建立された国分尼寺の跡地とのことで、もともとは聖武天皇が国のお寺として国分僧寺をつくるように指示し、それとは別に女性のために国分尼寺をつくったんだそうです。その中でも、規模も大きかったんだとか。

 長らく千葉に住んでましたが、まったく知りませんでした。

180707上総国分尼寺跡 (11)

 模型の向こう側はガラスになっているんですが、説明の途中まではガラスの先が見えない、単なる壁のようでしたが、途中でスイッチを入れることで、屋外施設が良く見える普通のガラスの状態に。

180707上総国分尼寺跡 (13)

 せっかくですから、屋外の復元建物も見学。

 

180707上総国分尼寺跡 (7)

 奥に見える中門と回廊が復元されています。

180707上総国分尼寺跡 (8)

 遺跡としては昭和58年ごろから調べられていたようですが、このような施設として復元されたのは平成9年とのこと。

 せっかくなら、金堂部分も復元してほしいものです。

180707上総国分尼寺跡 (9)

 結局、ここでは40分くらい見学をしていたようで、そろそろ帰る時間に。

 途中多少道に迷いながらも、いつもの国道357号に出て、あとは千葉大、花見川CRのコースを通って、17時前に帰宅。

180707上総国分尼寺跡 (10)

 シャワーを浴びずにすぐに夕食準備。この日は、マカロニサラダと生姜焼き。簡単です。

 ささっと用意してから、シャワーを浴び、あとはビールをプシュっと開ければ、あっけなくお腹いっぱいになり、まるで睡眠薬でも入っていたのか?と思える感じで、早々と子どもの寝るような時間に布団でゴロンと寝てしまいました。

 今回の記録 111.20km

 応援してね~~
  ↓↓↓


にほんブログ村

more...

今年もラベンダーを見に。。。 印旛沼

2018.07.03.00:03

 今年も気が付けば、もう6月が終わり、7月突入。早いものです。

 5月末からの入院やら、天候不順、予定ありなどで、自転車の距離もここしばらく伸びていません。6月最後の土曜日は、久々遠出をしたかったところですが、ここしばらくの強風のため、モチベーションダウン。風を気にせず走ればいいんですが、向かい風で、こんなに暑いと、熱中症になりそうなので、やる気が出ません。

 そんなときのためにと、先日自転車用の靴下購入。これを今回履いて走ってみましょう。

 これまで安物靴下しか持っていなかったので、何か効果があるのか期待します。

 
180630印旛沼 (1)

 昼前11時くらいののんびりスタート。

 とりあえずはいつものとおり、手賀沼へ。

 手賀川を東へと走り、千葉NT方面を目指します。

180630印旛沼 (2)

 先日田植えをしていたと思ったのに、病院にいるうちにすくすくと育ったのか、もうまったく水面は見えないくらいに、稲が育っているようです。空の色といい、田んぼの緑といい、一番の季節。これで風がほとんどなければもっといいんですけど・・・

180630印旛沼 (3)

 千葉NTを南下し、新川へ。

 この日は珍しく、カヌーをやっている人がいました。佐倉のふるさと公園のあたりでは見かけたことがありますが、このあたりでは珍しいかも。

180630印旛沼 (4)

 6月も終わりなので、さすがにもう無理かと思っていましたが、ユーカリプラザのラベンダーを見に寄ったところ、まだまだ見ごろな感じでした。

180630印旛沼17

 ちょっと視線を左右に振ってみると、何となく北海道っぽっく見えるところもあります。

180630印旛沼 (16)

 さらに先を進み、川を渡るためCRがぐねっと曲がるあたりで、またしても写真撮影のためプチ休憩。


180630印旛沼 (5)

 その先2~3kmくらいで佐倉ふるさと公園到着。

 風が強いため、風車もグルグル回っていました。



180630印旛沼 (6)


 風車の前はチューリップの次は向日葵なんですが、まだまだ向日葵は育っていません。そりゃあ、6月末に梅雨が明けたといっても、最速らしいので向日葵のシーズンまではまだまだでしょう。

 写真で遠目に見ると、どうみても向日葵とは思えません。



180630印旛沼 (7)

 佐倉ふるさと公園からは、ちょっとコースアウトし佐倉駅方面、さらには京成線沿いに大佐倉駅、酒々井駅方面へと走る。

 そしてつい1~2週間くらい前に移転してきた「久留実」さんへ。

 京成酒々井駅からすぐですが、駅前通りに面していないので、ちょっとわかりにくいかも。
 

180630印旛沼 (9)


 オーダーはもちろん、安定のおいしさ、豚バラニンニク焼き定食、揚げ餃子付き、コーラ付きをチョイス。

 さんざん考えたあげく、おかわりをやめておきました。(笑)

 
180630印旛沼 (8)
 
 さて、あとは帰るだけです。

 順天堂大学前を通って、山田橋へ。

 この山田橋でいつも写真を撮るわけですが、このまま帰るのもなあ・・・と思い、せっかくなので市井橋へと寄ってみることにします。

 

180630印旛沼 (11)

 市井橋とは、いつも緑色の山田橋から見える、あの赤い橋のこと。

180630印旛沼 (10)

 少し千葉NT方面に行ったところを右折し、六合小学校の前を抜けていくと、市井橋があります。

 こんな感じ。

 ほとんど車も通りません。

 でも、古めかしくて結構怖いかも。

180630印旛沼 (12)

 赤い橋をフレームのようにして、緑色の山田橋を眺めます。

 周囲の緑のため、橋はどこにあるのか?って感じ。

 赤い市井橋のほうが、遠目に見るにはいい感じのようです。

180630印旛沼 (13)

 山田橋・市井橋からは北総線沿いを走り、途中で北上ルートに変更し、いつものコースで手賀沼へと帰ってきました。

180630印旛沼 (15)

 途中でアイスでもと思ったものの、さすがに70km程度しか走っていないので、それほど疲れることもなく、気が付いたら手賀沼まで来てしまったので、フィッシングセンターの下というか、1F部分のピロティ上のところにベンチがあったので、そこでスプライト休憩。

180630印旛沼 (14)

 距離はちょっとでしたが、久しぶりに天気がいい中を走れて、おいしいものを食べに行けたので大満足です。

 今度の土曜も晴れますように。そして風がないことを祈ります。

 今回の記録 71.78km

 あっ、そういえば靴下のレビューを。

 ・・・・・ 正直わかりません。鈍感なんでしょうか。・・・・

 でも、普段の生活では結構地味な色の服しか来ませんが、自転車のときは自転車の白、赤、黒、特に赤のアクセントが気に入っていて、ウェアも赤色の部分があるものを結構好んで着ます。自転車のときだけ、ちょっと普段と違うイメージっていうんでしょうか、そんなこともあり靴下の色も赤・・・ ただそれだけの自己満足かも。(笑)

 この日の夕飯はなんちゃってから揚げ。大量の油を使って揚げるのではなく、フライパンで焼くだけで、なんとなくから揚げっぽいのができる調味料を買ってきたので、それを使ってみました。さすがにから揚げではないものの、味はまずまず。ビールも美味しく飲めたので、よかったよかった。。。

 応援してね~~
  ↓↓↓


にほんブログ村


我孫子のコスパ最高のレストラン コビアン

2018.07.01.21:08

 梅雨の時期ですから、まあ雨ばかりでも仕方がありません。

 でもしばらく入院して、自転車から遠ざかり、ちょっとは乗ったものの、もう随分と乗ってない感じがしています。6月23,24日も結局のところ全然乗れませんでした。まあ、ちょっと買い物に行きたかったこともあるんですけどね。

 買い物は早々に終えて、さてランチをどうしようかと考え、実は我孫子に住みながらまだ行ったことがない、コスパ最高なレストランにちょっと行ってみようと、今回初めて訪れてみました。

180623 ③b

コビアンって、我孫子の駅前に2店舗あるようで、どちらが1号店なのか2号店なのか知りませんでしたが、写真をよくみると、お店の外壁の上の方にⅡとあるので、こちらが2号店なんでしょう。

 チキンカツ定食が定番のコスパ最高のメニューらしいので、当然そちらをチョイス。

 ガツガツ食べる自分の希望の量ではありませんが、これで390円とはびっくりです。

 揚げたて、さくさくで美味しい!!

180623 ②b

 買い物も予想外に安く、とあるものを購入できたことだし、ついつい昼間っからビールを。

 ただし、正しくはビールではなく雑酒ですが・・・

 確か、「淡麗」だったと思いますが、これで十分です。

180623 ①b

 たまには、こんなのんびりした土曜もいいかも。。。

 応援してね~~
  ↓↓↓


にほんブログ村




 
プロフィール

Tomy

Author:Tomy
40代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR