FC2ブログ

今年も"潮来の伊太郎~っ"の 嫁入り舟見物 ②

2019.05.28.00:29

 5月25日(土)、潮来へ嫁入り舟を見に行ったときの続きです。

 自宅を8時半ちょい過ぎにスタートし、潮来の嫁入り舟が11時なので、時間にあわせて横利根閘門、加藤洲十二橋を見物して、111時10分すぎに現地到着し、ちょうど嫁入り舟にグッドタイミングでした。

 一通り見物してから、あやめ園を散策。

 この日からあやめ祭りが開始ということもあり、そこそこ咲いているところもあれば・・・

190525潮来嫁入り舟② (1)

 こんな感じで、これからってところもありました。

190525潮来嫁入り舟② (2)

 ですが、天気もいいしこの日に結婚式を挙げられた新郎新婦にはいい門出の日になったことでしょう。

 ただ、暑かったというのが正直なところです。

 せっかくなので、「潮来」ってところをアピールできそうな写真を撮ります。

190525潮来嫁入り舟② (3)

 先ほど、新婦の乗った舟を見送る人々で一杯だった橋の上も、イベントが過ぎると結構閑散としてしまいます。

 次の結婚式は14時、そして夜19時半ってのもあり、夜はライトアップされるらしく、これもできれば見てみたいものです。

190525潮来嫁入り舟② (4)

 橋の高さは結構あって、上から先ほど新婦が乗った舟が出航したところを見下ろすとこんな感じになります。

 ちょうど一般の観光客がサッパ舟に乗って十二橋めぐりにスタートするところのようです。

190525潮来嫁入り舟② (5)

 先ほどの新婦の乗った舟は横利根川まで下り、そこで待っている新郎と合流し、そこからは写真の人力車に乗りかえるようです。

 これで式場に行くんでしょうかね?

 

190525潮来嫁入り舟② (6)

 一通り見物を終えたので、あとはランチを食べて帰るだけ。

 潮来や佐原あたりは結構、うなぎのお店もありますがどうしましょう?

 pcblueさんによると「うなぎちゃんの大盛り?」とコメントいただきましたが・・・

 さて、どこに行くのでしょう・・・?

 元来た道を戻るのも味気ないので、ちょっとコースを変えてまずは十二橋駅へ。

 わざわざ高架にしなくてもいいような気もしますが、単線でありながら利根川を渡るあたりから高架で十二橋駅、潮来駅へと続く線路。

 写真の正面がホームに上がる階段になっていて、当然無人駅でもあり、階段からホームにかけても改札もなくあがることができます。

190525潮来嫁入り舟② (7)

 あがってみるとこんな感じの駅舎があります。

 1時間に1本もないくらいってこともあり、がらんとしているし、お客さんは誰もいません。

190525潮来嫁入り舟② (8)

 ホームに出て、下り方向を見るとこんな感じ。ちょうど線路の先が潮来駅のあたり。

190525潮来嫁入り舟② (9)

 再びペダルを廻し、利根川CR、左岸にIN。ちょっとだけ下流へと走り、写真に見える東関東自動車道の側道のような自転車&歩行者用の道路?で対岸に渡ります。

190525潮来嫁入り舟② (10)

 これがその歩行者&自転車用の側道?

 何度もここを渡っていますが、雨も風も避けることができ、この時期は炎天下を遮ってくれることもあり、なかなか便利な道路。

190525潮来嫁入り舟② (11)

 利根川に出て、もう少し右岸を下流に走ります。

 実は最初はトンカツでも食べようかと思っていましたが、暑さにやられて小見川で折り返すことに。

 

190525潮来嫁入り舟② (12)

 小見川駅からもほど近い「魚平」さんへとIN。

190525潮来嫁入り舟② (16)

 お店の目の前には「すずめ焼き」のお店。

 こちらも気になります。

190525潮来嫁入り舟② (15)

 こちらのお店にもトンカツはあったんですが、やっぱり看板メニューでしょ。ってことで海鮮丼をチョイス。

190525潮来嫁入り舟② (13)

 なかなかのボリュームです。

 お刺身は20切くらい乗っていたのではないでしょうか。味も抜群で、大満足。

 お隣の女性がどうもジャンボアジフライ定食を頼んでいたようで、これまた凄い大きさでした。その人もびっくりしていて、配膳されると携帯を取り出して写真を撮っていました。ついつい、1枚いいですか?と言いたくなるくらい。
 
 次はジャンボアジフライ定食にしよう!

190525潮来嫁入り舟② (14)

 前傾姿勢でペダルを廻すのが苦しいですが、幸い追い風もあり、スイスイと佐原に向かいます。

 道の駅を過ぎたところで小野川沿いへとIN。

 まだまだお腹いっぱいのため、「うな重の香り」の看板を見ても、深呼吸せずにスルー。

 

190525潮来嫁入り舟② (17)

 忠敬橋にはちょうど14時到着。
 
 ジャージャーと流れる橋の写真も撮れたし、これまた満足。

190525潮来嫁入り舟② (18)

 ちょっとだけ休憩し、数枚写真を撮ったら、このあとはまさに帰るだけです。

190525潮来嫁入り舟② (19)

 佐原エリアではこれが最後の1枚。

 結構観光客がいるので、人がちょうどいなくなったあたりで撮影し、帰路につきます。

190525潮来嫁入り舟② (20)

 帰りはただただ利根川沿いを帰るだけ。

 追い風基調といいながら、意外と川は蛇行しているのか北西、西、南西と微妙にガーミンが示す方向が変わり、南西になると結構向かい風っぽくなり、スピードも落ちます。

 発酵の里こうざきにて飲み物とアイスを補給。のんびり帰って自宅には16時半ってところでしょうか。

190525潮来嫁入り舟② (21)

 帰ってからはバタバタと夕食準備。これもいつものこと。そして一段落してからシャワー。娘のお迎えにも行き、帰宅後にビールをプシュっと。睡眠薬でも入っているのかと疑うくらい、ビールの効果かほどほどの疲れが良かったのか、ぐっすりと眠れました。



 応援してね〜〜
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ニューアイテム投入!

2019.05.06.12:35

 昨年秋に後輩Yくんと車の中でのおしゃべりからとある”遊び”の話になり、興味を持ち始め、自転車以外の趣味としてはじめてみようと思い立ち、色々と調べ、必要な諸機材等を集め、今回このGWにスタート。

 ちなみにYくんは話題が出たすぐあとにささっと集めて、昨年のうちにはじめたとか・・・

 なんとも早い行動。脱帽です。

 こちらは本、色んな人のブログ、YouTube、そしてお店に行って実物を見たりしながら調べていたせいか半年くらいかかってしまいました。まあ、その間がまた楽しいという点もありますが。

 最初のころしばらくはまったく何も手元になかったので現実味はありませんでしたが、今年に入ってからYくん情報にて、とあるショップで安売りをしているとのこと。お店に行ってみて、悩む。。。。。

 モデルチェンジの関係で大幅値引きらしい。

 しばらく考えてから、2週間後くらいでしょうか、ついにGET!

 で、実物ですがかなりデカい。

190501SUP準備 (1)

 開けてみるとこんな感じ。

 もしや海外旅行に行くための、スーツケースか?そんな感じにも見えます。

 よく見ると手前の下側にタイヤがついているし、転がすこともできるようになっています。さて、なんでしょう?

190501SUP準備 (2)

 取り出してみるとこんな感じの空気入れ。

 もしや、折り畳み式自転車か?

 それにしては空気入れがゴツイなあ。

190501SUP準備 (3)

 そしてお次はこちら。
 
 これって、ひょっとしてツールボックス?

190501SUP準備 (4)

 開けてみると、確かにツールボックスっぽい。

 ずいぶんと大きなパッチらしきものと、接着剤みたいなものと、それとタイヤレバーみたいなものも。

 ただタイヤレバーみたいなものは1本ですねえ。

 

190501SUP準備 (5)

 そしてまだまだ続きます。

 この赤いのはサドル?

 なんとなくサドルに見えない形ではないですが、さすがにこれをサドルというには無理がありますよねえ。”サ”ではなく”パ”ドルです。

190501SUP準備 (6)

 さらにこちらはどうやら車の電源を使うポンプみたい。でも、英語ばかりの説明書で使い方不明。(笑)

190501SUP準備 (7)

 そしてこちらが本体。

 実はこの写真を撮っておいて大正解。先日、初めて遊んだ後に収納しようとしても、どうにも入りません。クルクルと巻き込むのがとにかく大変で、この写真を見て参考にしてようやくしまうことができました。

190501SUP準備 (8)

 さて、このあとはウェアです。

 黒のレーパン?(笑)

 ウェアは自転車のものと違って、なんでもいいので安さで勝負します。すべてワークマンです。自転車ウェアの一部もワークマンで買ったこともありますが、ここ数か月なんどかワークマンやらホームセンターに足を運んで、色々と検討。

 一番ワークマンのものが値段も手ごろで、商品としても種類は豊富でものもよさそうです。

 そんなわけでウェインウェアの下。当然ながらパット無し。あたりまえか。。。

190501SUP準備 (9)

 そしてこちらが上。

 

190501SUP準備 (10)

 そしてこちらがシューズ。

 SPDでも、SPD-SLでもありません。長靴です。長靴なんて考えてみれば、小学校くらいで履いたのが最後だったかも。

190501SUP準備 (11)

 最後に反射ベスト。

 それにしてはかなりゴツイなあ・・・

 反射ベストではなくライフジャケットですけどね。

190501SUP準備 (12)

 そんなこんなで集めたこちらの道具を使ってGWは楽しんできました。

 そちらはまたの機会に。

 つづく。

 応援してね〜〜
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

GWスタート 木更津方面へ 「海の中の電柱」見物 その2

2019.05.01.22:38

 袖ケ浦公園のあとはランチに向かいます。

 ですが、走り出してすぐ「牛込海岸」の看板があり、せっかくなので寄ってみます。この天気と時間ではあまり遠くには行けないので、途中で寄れるくらいのところであればってことで・・・

 この日は潮干狩りができる潮ではないためか、潮干狩りのできる海岸への道路もひっそりしている感じで、このゲートをくぐるのは自分以外には見当たりません。

190429木更津方面 (11)
 
 牛込海岸エリアに到着。

 ただ、海の中へと続く電柱はかなり海岸よりで、さらにズームにしないとそれっぽい写真が撮れません。

 そんなわけでちょっとピンぼけな写真に。

190429木更津方面 (14)

 そろそろお腹も空いたので、ランチを食べようと決めていたお店に向かいます。

 「さぼーる」さんに到着。

190429木更津方面② (2)

 こちらのお店は結構デカ盛り系で有名のようです。

 オーダーはカツカルカッタです。トンカツがドライカレーにのっかてる感じ。

 写真ではそれほどデカ盛りには見えませんが、結構なボリューム。

 ドライカレーとトンカツとカレーを一緒に食べたって感じ。お味はいいし、ボリュームもたっぷりで満足、満足。

190429木更津方面② (1)

 ここまで来たら、せっかくなので木更津・中の島公園によって帰ることにします。

 毎度立ち寄る変人の聖地ではなく恋人の聖地。

 天気はやっぱりどんよりしていますが、これまた高いところには上りたくなり・・・

 

190429木更津方面② (3)

 ついつい、このスロープを上がってしまいます。

190429木更津方面② (4)

 てくてくと徒歩で登ります。

 自転車を押し歩いて、橋の向こうにも行ってみたいところですが、大丈夫なんでしょうか?

 OKであれば今度天気がよければチャレンジしてみたいところ。

190429木更津方面② (5)

 橋の向こう側ってこんな感じのところです。

 実はまだ行ったことがありません。

 高いところにはついつい上りますが、その先は・・・・なぜか足を踏み入れたことがありません。

190429木更津方面② (6)

 橋の上からスカイツリーが良く見えます。

 写真はもちろんズームしたものですが、肉眼でもよく見えますね。

190429木更津方面② (11)

 木更津港の脇を通り、次は江川海岸へと向かいます。

 そういえば、木更津港を改修して大型客船を横付けして、オリ・パラ時のホテル不足を補てんするって記事を読みましたが、まだ港の工事はしていないんでしょうか?それとも別の場所?

190429木更津方面② (7)

 江川海岸へと向かう一本道では結構車とすれ違うなり、追い越されるなり数台の車をみかけました。

 結構このシュールな光景を見に来る方も多いようで、すっかり有名な場所になったようです。

 潮干狩りが出来ない日のため、かなりがらーんとしていて、潰れてしまった海の家とも思えるような光景ですが、車は10台以上とまっていて、海岸線に近いところへと誰もがてくてくと歩いていきます。遠目にみても結構な数の人が見物に来ているようです。

190429木更津方面② (8)

 立入禁止ラインの手前のところから海を眺めるとこんな感じ。

 もうちょい水位が高かったほうがよかったんですがね。

190429木更津方面② (12)

 ズームにして対岸の工場が良く見えるような写真を撮影。

 でも、やっぱり手前の干上がったところが、水没しているほうがいい絵になるよなあ・・・ 残念。

190429木更津方面② (13)


 帰りはちょっとだけ追い風モードのようで、結構いい感じのペースで走れました。

 

 ただ、せっかく充電したはずのバッテリーを持参したものの、コードを忘れてしまい、ガーミンには充電できず。

 そのため、130kmくらいのところで、「充電してください」のメッセージが出てしまい、その後は画面表示はそのメッセージのまま。

 それにしてもバッテリーが弱くなったこと。。。(まるで自分のようじゃないか!)

 手賀沼についたところで画面を戻すとバッテリーは4%。手賀沼を離れるところまでならあと1~2%は大丈夫でしょう。

190429木更津方面② (9)

 結局手賀沼から天王台方面へと抜けるところで「終了」ボタンを押しました。(写真はその直前)

 なんとか3%残ったところで終了。
 寝坊してスタートが遅かった割には160km程度走れたので、まあ満足。

190429木更津方面② (10)

 袖ケ浦公園からスカイツリーまでは直線距離で31.1km


袖ケ浦―スカイツリー

 中の島公園からだと直線距離で37.5km

木更津中の島公園―スカイツリー

 ちなみに我が家からスカイツリーを調べてみると約27kmでした。

 木更津って遠いイメージがあったものの、ぐるっと回るせいか直線にすると意外と近いんですねえ。

 今回のReliveはこちらです。

またもやダイヤモンド富士のお話

2019.01.27.23:25

 自転車を話題の中心に、美味しいものをあちらこちらへと食べに行く・・・それを記録するブログのはずが、どうもここ最近さっぱり自転車はご無沙汰してしまい、乗ってもちょっとだけ。

 確かに手賀沼へダイヤモンド富士を見に行くのも自転車には乗りましたが、往復でも距離は10kmも無いくらい。完全にへたれてしまった感じ。
 
 というわけで今回も手賀沼へとダイヤモンド富士を見に行ったお話です。

 時間は16時50分ちょい前くらい。曙橋へと向かいます。

 このタイミングを見計らって、同じ目的の方々がずらり。駐車場ももはや置ける場所はありません。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (15)

 そして手賀沼の向こうに見える太陽を今か今かと眺める方々。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (13)

 曙橋の上もこのとおり。

 西の方向は太陽が大きくギラギラしているものの、雲は全くなく、ダイヤモンドが期待できそう。ただ、夕陽のギラギラでまともに見ることができないので、富士山の姿はまだまったく見えません。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (14)

 きっとそろそろだろうととにかくズームをいっぱいにし、ただただシャッターを押すだけ。

 昔のフィルムではそうはいきませんよね。デジカメってこういうとき便利。フィルムを気にする必要が無いので、いくらでもシャッターを押せちゃいます。

 そろそろ日食、ではなくて富士山に太陽がかかってきた感じがわかります。ほぼダイヤモンド?って感じ。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (1)

 でも、よくよく見るともうちょい左にならないのかな・・・

 曲がるんじゃねえよ!根性無し。とか?

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (2)

 タイミング的には昨日だったんでしょうか。

 でも、富士山にはまったく雲がかからず、これだけ鮮明に見えたんですから、御の字でしょう。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (3)

 陽が落ちるのは早いもので、あっという間にこんな感じに。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (4)

 色々とカメラの設定を変えてみたいなんて思うものの、そんな余裕はありません。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (5)

 そしてジ・エンド。日没。

 それにしても風が冷たく、強く、寒かったんですが、富士山の姿がこれほどくっきり見えたんだから、ラッキーでした。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (6)

 寒くなってきたので、さて帰るかと家路を急ぎます。まだ、夕食の準備は途中ですから・・・

 そういえば自転車で来たのに、その写真を撮っていないなあ・・・と途中で、自転車を置き、富士山と一緒に記念撮影。

 富士山は画面の中央に小さく写っているんです。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (7)

 同じところでズズ、ズイイッとズームにするとこの通り。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (8)

 手賀沼の北岸のあたりをのんびりと走っていると、すぐそばに水面があり、夕陽が映り込んでこれもきれいだなあと、また自転車を止めて1枚。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (9)

 ついでにスカイツリーも見えるところでこれまた1枚。

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (10)

 それにしても空にはまったくと言っていいくらい雲が無く、きれいな夕焼け。 

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (11)

 そして最後にもう1回だけ自転車を。

 レーゼロのパンクは直したものの、実はまだ前はレーゼロ、後ろはA-CLASS。

 暗いからほとんどわかりませんよね・・・

190127ダイヤモンド富士手賀沼 (12)

 これでもう1月は乗れません。ほとんど距離が伸びてないなあ。


 応援してね〜〜
  ↓↓↓


にほんブログ村


そろそろ、ダイヤモンド富士の時期かな?(手賀沼)

2019.01.20.20:38

 残念ながら自転車のお話ではありません。。。

 自転車は年始早々の内房方面ライドで初パンク。その場でチューブ交換したものの、自宅手前で2度目のパンク。歩いても変えれる場所なので、そのまま押し歩きで帰宅。
 
 どうも2度あることは3度あるようで、自宅に帰って後日修理しようとすると、またもやパンク。インフルエンザの感染力よりも強力では?と思うくらい、パンクが続いてます。

 そんなわけで、ジャイ子Ⅱ号ちゃんの完成車のときのA-class630に履き替えて、自宅からちょいの手賀沼へとダイヤモンド富士の偵察に夕方からスタート。実はA-class630はスポークが折れて、ショップに修理をお願いしたところその1本だけではなく全体的に寿命の時期だとか・・・ 確かに8年くらいたってますからねえ。

 それもあって遠出は怖いので手賀沼周辺くらいにしておこうってこともあり、遠出ができていません。

 そんなわけで1月19日(土)の夕方、夕食準備を済ませてからジーンズ、ダウンを着込んでちょい乗りスタイルで手賀沼へ。と言ってもものの数分で到着。

190119手賀沼 (1)

 ダイヤモンド富士のタイミングにはちょっと早いようで、富士山よりも左手、南側に太陽は沈む。。。

 雲はほとんどかかっておらず、タイミングさえあえばよかったのにと残念。

190119手賀沼 (2)

 あとは富士山にかかる電線がなければなあ。

190119手賀沼 (3)


 振り向けば東の空には月が出ている。

190119手賀沼 (4)

 こちらもずずず----っとズームにしてみるとこんな感じ。



190119手賀沼 (5)

 満月ではないみたい。20日(日)が今年初の満月らしい。

190119手賀沼 (6)

 一応自転車で出てきたので、せっかくですからジャイ子Ⅱ号ちゃんの写真も。

 サイコンもガーミンも無ければ、ツール缶も忘れてまさにちょい乗りで手賀沼へ。

190119手賀沼 (7)

 北岸の白鳥ポイントによると、すすーーっと白鳥が寄ってきた。

190119手賀沼 (8)

 お腹が空いているみたいで餌をおねだりしたいみたい。

 でも、「何も無いよ・・・」と言うと、言葉がわかるのかなぜか進路変更し、再び手賀沼中央方面へ。

190119手賀沼 (9)

 釣堀脇のあたりからはスカイツリーの姿が良く見える。

190119手賀沼 (10)

 風も少なく、気温もそれほど低くないので絶好の自転車日和だったかも。そう思うと、パンク病に侵されていなければよかったのにと後悔。。。

190119手賀沼 (11)


 さらに翌日20日(日)。

 この日も天気はいいし、風も無いのでまたもや夕方にダイヤモンド富士の偵察に出る。

 どう考えても、前日の太陽の位置を考えるとまだこの先、数日はあるはずですが、前の日に自転車に乗って、またもや乗りたくなってしまったってわけ。そんなことを言うなら早くパンクを直せって・・・!?

 土曜日より若干早めに自宅を出て白鳥ポイント。


190120手賀沼 (1)

 前の日と同じ曙橋に行っても、どうせ太陽の位置はまだタイミング的に違うはずなので、別の場所からチェックしてみることにする。釣堀付近でカメラを構えた方が数名いたので、この辺ならもしや?って。

190120手賀沼 (3)

 いつもの場所と違い、富士山がどこかよくわからない。太陽が沈み始める前はギラギラと明るすぎて富士山のシルエットもよく見えないし。。。

 太陽はきれいな形で見えているけど、富士山は?

 恐らくちょっと右手側のあたりのはず。

190120手賀沼 (2)

 少し場所を変えたりしながら撮影を続けると、やっぱり間違いないが、結構雲がかかった状態。

 なかなかうまくい行きまへんなあ・・・

190120手賀沼 (4)

 帰りがけ、我孫子カントリーの脇にある市の公民館?「こもれび」の横を通ると、敷地内にランタンアートみたいなものをやっていたので、ちょっと見学。

190120手賀沼 (5)

 前日もこの日曜日もそれぞれわずか数kmではあったものの、やっぱり自転車はエエなあ。
曙橋からのダイヤモンド富士は今度の土日かな。晴れて、いいコンディションで見れるといいなあ。。。

 応援してね〜〜
  ↓↓↓


にほんブログ村
プロフィール

Tomy

Author:Tomy
50代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR