約1年半ぶりの佐原の大祭 ①

2018.07.15.20:31

 暑い、暑い、とにかく暑い。

 でも、走っておかないとあとで後悔するので、走ります。7月14日(土)はこの日を中日として行われる佐原の大祭を見に行くことにします。家を出るころは、佐原でお祭りを見て、さらに足を延ばして十二橋と潮来にするか、小見川を超えて鹿島の港公園あたりをめざそうと考え、とりあえずスタート。

 東へ向かうルートは手賀沼、手賀川から木下方面へ抜けるか、利根川にすぐに出てしまうのが通常のルート。

 今回は利根川コースを選択しましたが、川沿いの土手の上は灼熱の太陽ギラギラ状態なので、川から少し離れたコースで進みます。

 写真は木下駅から少し東に進んだあたりで、JR成田線沿い。

180714佐原の大祭① (1)

 このルートであれば、多少は日影があると思ったものの、夏の日中はほとんど日影は期待できません。。。

 それでも利根川CRよりは、ましです。

180714佐原の大祭① (2)

 小林駅の先で少しコースを変え、この印旛水門のところで、利根川CRにIN。

180714佐原の大祭① (3)

 利根川沿いをしばらく走り、長豊橋を越えて少しいったあたりで、前方より見覚えのあるローディーが・・・

 sora0215iさんでした。

 前回もこの利根川CRを走っていて、ばったりお会いしました。

 久しぶりに近況を報告し、オッサン2人でCRを占領してしばらくおしゃべり。炎天下のもと、30分くらいおしゃべりしていたかも・・・

 sora0215iさんは印旛沼方面、酒々井の久留実さんに豚ばらニンニク定食を食べに行くとのこと、少し髪を惹かれますが、今回こちらは佐原の大祭を見に行くミッションがあるので、ここでお別れ。次回はのんびりグルメライドに行きましょう。

180714佐原の大祭① (4)

 さらに1時間くらいで佐原に到着。

 でも、この炎天下の中を走るのは、さすがにつらい。暑くて、暑くて、もう体はオーバーヒート状態。

 佐原の市内に入ったところで、ガリガリ君で急速冷却。

 

180714佐原の大祭① (5)

 体も少し冷えてきたので、まずは小野川沿いに行きます。

 早速1台の山車が見えてきました。

 どこからか聞こえる佐原囃子。

180714佐原の大祭① (6)

 そのまま小野川を進み、忠敬橋、さらには伊能忠敬旧宅へ。

 暑いので、日影を求めて休憩。

180714佐原の大祭① (7)

 クーラーなんかないけど、日本家屋の中はひんやりと涼しい。

180714佐原の大祭① (8)

 もう暑くて暑くて、鹿島の港公園も十二橋も潮来ももういいや・・・

 せっかくだから佐原の大祭をゆっくり見ていこうっと。。。

 というわけで、諏訪神社へとやってきました。

 秋の大祭はこの諏訪神社ですが、夏は違うのでひっそりしています。

180714佐原の大祭① (9)
 
 ずんずんと奥へと入ると、急激な階段。

 でもこの階段を上らず、あとで別ルートでヒルクライムで上を目指します。

180714佐原の大祭① (10)

 ヒルクライムの前に公園に立ち寄り、伊能先生の銅像を見学。

180714佐原の大祭① (11)

 そしてこの日、ここだけのちょっとだけプチヒルクライム。

 あっという間に終わって、そこには市内を望む展望台。


180714佐原の大祭① (12)

 以前来たときはこんな夏場ではなかったんで、そこそこ市内を望めましたが、この時期は無理みたい。

180714佐原の大祭①17

 で、諏訪神社を見学。


180714佐原の大祭① (13)

 横にはこんな感じの大木がありました。

 ご神木?と思ったんですが、これといって何も看板なんかは見当たりませんでした。

180714佐原大祭①16

 あっという間のダウンヒル。そして惰性でついちゃうくらいのところに佐原駅。

 さすがに大祭があるせいか、駅前にも結構な数の観光客。

 写真にはまったく写っていませんが、あえてJRの乗客が一段落したあたりで撮影。

180714佐原の大祭① (14)

 再び小野川沿いへ。

 さて、これから佐原の大祭見物。

180714佐原大祭①15

 つづくーーーーー

 応援してね~~
  ↓↓↓

 
にほんブログ村

スポンサーサイト

我孫子のコスパ最高のレストラン コビアン

2018.07.01.21:08

 梅雨の時期ですから、まあ雨ばかりでも仕方がありません。

 でもしばらく入院して、自転車から遠ざかり、ちょっとは乗ったものの、もう随分と乗ってない感じがしています。6月23,24日も結局のところ全然乗れませんでした。まあ、ちょっと買い物に行きたかったこともあるんですけどね。

 買い物は早々に終えて、さてランチをどうしようかと考え、実は我孫子に住みながらまだ行ったことがない、コスパ最高なレストランにちょっと行ってみようと、今回初めて訪れてみました。

180623 ③b

コビアンって、我孫子の駅前に2店舗あるようで、どちらが1号店なのか2号店なのか知りませんでしたが、写真をよくみると、お店の外壁の上の方にⅡとあるので、こちらが2号店なんでしょう。

 チキンカツ定食が定番のコスパ最高のメニューらしいので、当然そちらをチョイス。

 ガツガツ食べる自分の希望の量ではありませんが、これで390円とはびっくりです。

 揚げたて、さくさくで美味しい!!

180623 ②b

 買い物も予想外に安く、とあるものを購入できたことだし、ついつい昼間っからビールを。

 ただし、正しくはビールではなく雑酒ですが・・・

 確か、「淡麗」だったと思いますが、これで十分です。

180623 ①b

 たまには、こんなのんびりした土曜もいいかも。。。

 応援してね~~
  ↓↓↓


にほんブログ村




 

病み上がり?で、お神輿を担ぐ。

2018.06.16.18:27

 つい先日まで病院のベッドでゴロゴロしていましたが、6月10日は日枝神社の山王祭に参加し、お神輿を担いできました。

 「大丈夫ですか?無理しないで。」と、一緒に参加していた同僚やらお客さんなど関係者の方々からありがたいお言葉をかけていただいたんですが、気にせず参加。ただ、本調子ではないのは、まだ食事の量が8割程度でセーブしているため、パワー不足な感じがするくらいで、体調的にはまったく問題無しです。

 ただ1点心配なのは、この日は台風接近による天気・・・

 こればっかりはどうにもなりませんので、気にせず参加。

 8時すぎに集合し、お揃いの半纏をまとい、9時前くらいに神酒所をスタートし、町会内をお神輿がぐるぐると回ります。

 「〇〇さん、無理しないでヨ。」と言われるもんだから、お神輿を担ぐのはちょっとだけ。それでも、せっかくなので、お神輿を担がないと参加した意味が無いので、「わっしょい、わっしょい・・・」と。

 上手くタイミングが合わないとまあ肩の痛いこと、痛いこと。


 時折、小雨がぱらつく程度なので、これくらいなら大丈夫でしょう。

 11時前まで町会エリアをお神輿が回り、お弁当タイム。

 お弁当を食べたら、12時にスクエアガーデン前に集合。17台のお神輿が、中央通りを順に練り歩く。

 中央区の矢田区長さんや国会議員の挨拶を近くで見ようと思って、この場所にいたところ、お神輿のスタンバっている場所がちょっと離れていたため、挨拶はこの場所では聞けず・・・残念。

 


180610山王祭 (1)

 午前中はそれぞれ町会のエリアだったため、見物客も少なかったんですが、中央通りではさすがに見物客の数も多い。
 
 担ぎ手、見物客、お神輿の合間を縫いながら歩く。

180610山王祭 (2)

 何とかお神輿に到着し、ときたまわっしょい、わっしょいと担ぐ。

 小雨が途中から本降りになり、全身ずぶぬれ。

 寒くなるもんだから、お神輿を担いで体を温める?って感じかも。

180610山王祭 (3)

 天気がいいときは、京橋から日本橋まで歩くこともよくあるけど、お神輿のペースはまあ、時間のかかること、かかること。

 スクエアガーデンから1時間半くらいかかったかも。

 日本橋の中間地点で折り返し。

 後半はかなり雨に降られて、全身濡れてかなり寒い思いをしながらも、15時前には無事終了。

180610山王祭 (4)

 自宅に帰ってお風呂に入ったら、両側の肩のあたりは真っ赤に腫れていました。

 翌日もそのまた次の日も・・・ しばらく痛かったなあ。

 ちなみに、入院したのはなんだったっけ?って感じで、もう完全復活。

 応援してね~~
  ↓↓↓
 
にほんブログ村

しょっ、しょっ、證誠寺のタヌキと海鮮バーベキューポタ (木更津) ②

2018.06.13.00:51

 まさか、まさかの入院で「しょっ、しょっ、證誠寺・・・」が途中になってしまっていましたが、ようやくその続きです。

 5月の最後の土曜日、26日は内房・木更津方面へと走ってきました。

 先日のTVで大和田獏さん、ハライチの澤部さん、藤田ニコルさんが出演する番組で木更津界隈を紹介していたので、そのあたりをトレースするコース設定。朝7時40分に自宅を出発し、千葉市・市原市を抜けて木更津に到着し、JR木更津駅にほど近いアンティークショップと證誠寺に立ち寄ったあたりまで記載したので、その続きです。

 今回、先週に引き続きパンク?と思われるような後輪のエアーが抜けて、この先どうしようかと悩むものの、空気を入れるとどうにか走れる感じだし、スローパンクでもないような気もするので、とりあえず走り続けます。

 で、證誠寺に続いてやってきたのが、ボッチでまたもや”恋人の聖地”

 まあ、今回はイチャイチャカップルがいるわけでもないので、気にしない、気にしない。

 でも、写真だけはちゃんとパチリと。

 ボッチで写るのもなんだから、景色だけ。

180526木更津② (1)

 ちょうどこの日の潮干狩りは朝7時から11時くらいまでのようで、ちょうど終わりの時間帯を過ぎたあたりのため、続々と家族連れなんかが海岸から戻ってきます。

 写真は1枚前の中の島大橋のちょうど、一番高いあたり。

 この先が潮干狩りができる海岸になっています。

180526木更津②13

 橋の上から、海上自衛隊の木更津駐屯地を眺める。

 その木更津駐屯地の西側、写真では左側のあたりが海の中にポツン、ポツンと電柱が続く、江川海岸。

 ここ中の島公園の潮干狩りも、この時間で終了しているようなので、江川海岸もそんなもんだろうと思い、せっかくなので、帰りがけに寄ってみることにします。

 

180526木更津②14

 カメラを望遠にしてみると、恐らく江川海岸の先に延びる電柱?と思われるものが、なんとなくですが見えます。

180526木更津②15

 というわけで、自転車の跨り江川海岸を目指します。

 天気予報ではこの日は東寄りの風のかずなのに、帰路、北に向かうと正面からの向かい風。

 先週に続いて、今週もまた天気予報に騙された感じ。


 木更津港にはいつもこんな感じの船が停泊していますが、2020オリンピックのときには大型の客船を停泊させてホテルとしての利用が予定されていますが、この辺に停泊させるんでしょうかね?


180526木更津② (2)

 港のそばにも狸の像があります。わざわざこれもパチリ。単なる物好き。

180526木更津② (3)

 そして江川海岸に到着。

 中の島公園ではたくさんの家族連れがいましたが、江川海岸はなんとこの日は潮干狩りが出来なかったようです。こんだけ近くても潮の状態はやはりちょっと違うようです。

 まあ、潮干狩りのお客さんがいないほうが、静かでいいや・・・・

 でも、それなりにこの海に続く電柱を見に来る人は絶えないようで、結構カメラを構えている人やら、携帯カメラでこの景色を撮影している人はひっきりなしにいましたね。

 ホテル三日月のところの電柱は撤去されてしまったので、江川海岸のこの風景はまだしばらく見ることができるよう、残しておいて欲しいものです。

180526木更津② (12)

 さて、お次はランチです。期待のお店へと向かいます。

 金田みたて海岸にある、「舫い船」さんです。この海岸自体は知っていましたが、以前はこのお店が無く、今年オープンしたようです。大和田獏さんのTVでここを紹介していて、ここだ!と思い、今回の目的地にしたものです。

180526木更津② (7)

 何にしようかと、迷います。

 海鮮系だけではなく、なぜかお肉もあるようです。



180526木更津② (4)

 こちらはセットメニューではなく、基本的に単品なので、食べる量に合わせられるので便利です。

 オーダーは単品でサバの一夜干し、アサリの串焼き、ホンビノス貝、それとごはんと味噌汁セット。

 まずはサバとホンビノスを焼きます。

180526木更津② (5)

 ごはんと味噌汁ですが、「ごはんどうします?」と聞かれました。なんと白いごはんとアサリごはんがあって、どちらも料金は同じとのこと。それじゃあと、アサリごはんをチョイス。

 味噌汁にもたくさんアサリが入っています。

 アサリの串焼きは3本ありますが、ちょっと小ぶりなこともあり、アミの上で焼いていると小さく縮んでしまいました・・・(泣)

180526木更津② (6)

アサリごはんにあさりの味噌汁、そして串焼き・・・一体、いくつアサリを食べたんだろうってくらいのアサリ尽くし。目の前でこんがり焼けたサバの一夜干しとホンビノスも美味しくいただき、満足、満足。

 あとは帰るだけ。本当ならこの時期の南風でペダルをほとんど回さなくても、帰れるくらいのはずが、天気予報だと東風、そしてなぜだか実際には北風?

 まあ、そんなこともあるでしょう。気にせずに帰ります。
 
 実は途中にもう一軒、あるスイーツのお店に寄ろうとの下心。

 アクアラインをバックに、お腹がまだまだ満腹のため、ちょいと休憩しながら先を急ぎます。
 

180526木更津② (8)

 前かがみの姿勢がつらいもんで、ついついまた数百mも進まずに、アクアラインをくぐったところで、またもや1枚。

 ちなみに都内のほうはまったく見えません。

 なんだかスカイツリーじゃないの?と思える陽炎のような景色が見えたので、写真を撮り、さらにズームでも1枚撮って、自宅で確認しましたが、ブログに出せるほど鮮明ではないので、諦めます。でも、たぶんスカイツリーだとは思う。。。

180526木更津② (9)


 アウトレットの脇を通ったら、この秋再度の拡張オープンだとかで工事中でした。秋になったら、車で来て、そのときにラジオメーター買おうっと。

 この先がとにかく向かい風で苦行でした。


 R16は避けて、JR沿いの県道87号線を北上し、浜野のあたりでR16へINとするコース。途中でとあるスイーツのお店を確認しましたが、風のため予定よりも遅れているので、今回はパス。

 ところで県道87号線を北上中、たまたま信号で止まった時、目の前のあたりに蛇・・・

 それも結構カラフル。もしやおもちゃ?と思えるような感じで上半身というか、頭から中間くらいまでの部分がちょっとオレンジっぽい色。あとあと調べたら、もしやヤマカガシでは?毒があるみたいなので、避けて通ったのは正解だったようです。

 千葉市内のコンビニで今年初のガリガリ君とボトル用の飲料水を補給。

 新川CRも当然ながら北風っぽい。

 

180526木更津② (10)

 手賀沼には17時をまわってしまって到着。

 できれば30分くらい早く到着したかった。

180526木更津② (11)

 帰宅したら、これまた時間が無いので、お米は研いでもらっていたので助かったが、手は洗ったものの、あとはうがいをしたくらいでシャワーを浴びずに、ウェアのままでキッチン仕事。この日はなんちゃって「鳥チリ」。鳥の胸肉を使った、チリソース。鶏肉は前夜それも深夜に冷凍庫から冷蔵室に移したので、解凍は完全ではない。ただ、そのほうが薄切りしやすい。ボールに入れた鶏肉に塩と胡椒で下味をつけ、日清の「肉が柔らかくなる」をつけて、しばらく放置。

 玉ねぎを細かく刻み、カットトマトの缶詰、コンソメの素を入れ、ニンニクを刻んだものを混ぜ合わせて炒めるというか半分煮込んだ感じでソースの出来上がり。

 ここまで準備が完了してから、シャワーで一段落。

 この日は我が家のお姉ちゃんが早めの帰宅ってこともあり、早々と夕食。

 鶏肉を炒めて、ソースは別のお皿に移し、食べるときに適当にかけていただく。なかなか美味。おねえちゃんも美味しいと言ってくれたことだし、これまた満足。

 当然ビールをぐびぐびと飲んで、気持ちよくなり、片付けが終わったら、睡眠薬でも入れてたっけ?って感じで、あっという間にまだまだお子ちゃまの寝るような時間に、スヤスヤ・・・・と寝てしまいました。


 今回の記録 158.33km
 5月の計  602.52km

今回のコースはこんな感じ。





 応援してね
  ↓↓↓



にほんブログ村

まさかの入院生活 2

2018.06.10.20:03

 しょっ、しょっ、證誠寺のつづきのはずが何故だか入院生活になってしまいました。その続きです。

 胃腸系の疾患のため、入院してしまったわけですが、このときまさかの「癌かもしれない・・・」と言われたのは、さすがにショックではありましたが、気持ち的には絶対ありえないと確信は根拠レスではあるものの、思い込んでいました。この辺が、くよくよ悩まないおバカな性格でよかったんだと正直思います。

 さて、入院してまず便の検査がありました。

 人間ドックと同じ、あれです。

 そう、トイレで自分の便にちょっちょっと検査棒の先っぽをあてて、少し検査用に”うん〇”をとるものです。

 病室そばのトイレの個室に入ります。点滴をつるしたまま入るから、結構面倒です。もうちょい広い個室にすりゃあいいのにと、ぶつぶつ一人文句を言いながら、とりあえず考える人になり、用を足します。

 そのままの格好で、まずは検査キットを取り出し、立ち上がって、棒を”うん”に向けて手を伸ばしますが・・・・

 シュルシュルシュル・・・・って感じの音がして、便器の中はまるで渦潮?そう、自動で流れちゃうタイプでした。

 「あああああああ~ うん〇がああああ~」って感じ。



 うん〇はきれいに流れて、真っ白な便器になってしまいました。


 仕方がないので2回目はトイレットペーパーをたくさん使い、立ち上がりざまささっと早業でなんとか、乗り切りました。


 そして、下からの内視鏡検査をすることになっていて、その前には下剤を飲んで、出さなきゃなりません。久しぶりに飲む水分なので、たとえ人間ドックのときに飲むバリウムであってもヨーグルトっぽい味がしたよなあと、多少期待しましたが、そのお味はまあマズイことマズイこと・・・ やはり早く水を飲みたい・・・

 そして下剤だけではなく、なんと浣腸もするらしい・・・

 この年になって浣腸だたなんて。そして、それは誰がやるんでしょう?

 看護師さんに聞くと、「私です」と。つまりは看護師さんがするらしいんですが、さすがに拒否。自分でやるから大丈夫、大丈夫といっても、これまた看護師さんとしては自分の仕事でしょうから、OKしてくれるわけもなく、しばらく押し問答。
 
 さらには、その浣腸はTV/CMに出てくるような小さな粒のようなものではなく、点滴の薬が入っているようなあんな大量の水のようなものを下から流し込むんだと・・・

 そんなわけで、患者さんにとっては下からこの薬を注入すると、すぐに出てしまう(うんが出るってことね)ことがあるし、しばらく時間もかかるため、病室のベッドで寝ながら薬を入れるんだとか。つまりは点滴を腕に、さらにはもう1つ同じような500mlくらいのっ薬を下から流し込むんだと。

 病室ベッドを汚すことになる可能性大のため、防水性のシートを敷いて、そこで寝かされて薬を入れるようですが、病室の他の患者さんもいるところで、さすがにこれは勘弁してほしい。

 再び看護師さんに相談し、結局トイレの中で薬を注入してもらうことに変更することを了解いただく。ただ、どうしても私の”おちり”に浣腸を差し込むのは「自分でやるから」ということを認めてもらえず、看護師さんにしていただくことになりました。あああ~恥ずかしい。

 ちなみに検査の前の晩と当日朝の2回もされちゃいました・・・



 内視鏡の検査ですが、どうも私の腸の形がへそ曲がりなのか、うまく奥まで入らない。そんなわけで、途中まででいったん引き抜き、患部だけの麻酔から眠ってしまう麻酔に切り替えて、実施。

 実はこの検査のときに、そろそろお風呂いいでしょう・・・?と先生に確認するように看護師さんから言われていたんですが、麻酔をする直前に話題にしたところ、「あとあと、あとにして・・・」と言われてしまい、ちゃんと確認しなきゃと思いつつも、麻酔がいつのまに効いたかもわからないままに眠ってしまい、気が付けば自分の病室で寝ていました。つまり、寝ている間に検査も終了して、ベッドのまま部屋に移動していたようです。

 そんなわけで、この日も風呂に入れずでした。

 入院から4日目にようやく待ちに待った、流動食開始。

 写真で見ると、こんな感じ。写真をぱっと見ると、中身はまだ?これからよそってくれるのかな?と思ってしまいますが、ちゃんと中身は入っています。でも、のぞきこまないと入っているのがわからないくらいだし、量もちょっとだけ。さすがに少ない。

 スプーンがなぜか2つありますが、1つで十分。せっかく2つつけてくれるなら、お茶碗かお椀をもうひとつ・・・って、お願いしたくなるところです。

 さすがに流動食は、味わうというほどの味も無く、あっけなく終了。
 
 この食事が3食続きました。

 がんばって、口の中でモグモグと租借しようとしますが、つぶつぶもほとんどなく、するするっとお腹に流れて行ってしまう感じ。



180529入院2 (1)

 そして4日目はお風呂の許可も!

 ようやくお風呂に入れると思うと、さすがにうれしい。そもそもこの時点ではもう退院して、まったく問題ないくらいに気分も良くなっているし、このまま病院を抜け出してしまいたいくらいです。

 ただ、まだ点滴は続いていて、お風呂に入るにも繋がれた状態は解除してもらうわけですが、なんと点滴の針はささったままで、腕をサランラップでグルグル巻きにして、入浴するとは思いもしませんでした。

 ちなみに入院した病院は比較的高台にあり、さらに最上階に大浴場があります。病院のHPにはそんなことは一切記載がありませんが、お風呂からの眺めはいいし、お風呂はまるでホテルの大浴場のようで、この点は良かったと思っています。

 大浴場は清潔感があるし、他の患者さんと一緒になったのは一度だけ、他の日は完全貸し切り状態でしたしね。

180529入院2 (2)

 流動食から3分粥、5分粥へとステップアップ。

 一応ルールで流動食を2日、3分粥を2日・・・ただ、回復が早ければこれを短縮ってのがあるらしいんですが、なかなか早めてくれません。ちょうど土日を挟んだこともあり、5分粥になったのは週があけた6月4日でした。看護師さんには何度退院なり、せめて7分粥か全粥へのステップアップを申し出ますが、全部却下。

 なかなか病院から出してもらえません。
 
 ちなみに写真はほぼ最後の5分粥の食事。ここまでくると、”形”のあるものになってきました。でも、しばらく絶飲食やら、流動食、3分粥なんてのに慣れてしまったせいか、「あれれ、お箸ってどうやって持つんだっけ?」ってくらいになってしまっていたようですが、手に取るとちゃんと手は覚えていたようで、気が付けばこれまたあっけなく5分粥も数分でたいらげてしまいました。

180529入院2 (3)


 まあ、でもたまにはゆっくりできたからよしということで、考えることにしましょう。それと、何より気にしていた癌は内視鏡により、無いことが確認されたので、めでたし、めでたしってところでしょうか。

 前回、久しぶりに読書を・・・って書いてましたが、今回池井戸潤氏の本のほか、お気に入りの作家である中嶋博行氏の「新検察捜査」を読みました。この方が江戸川乱歩賞を受賞されてから全て発刊された文庫本を買っていますが、この新検察捜査だけは買ったもののスマホで遊ぶことに慣れてしまい、たまたま買ったまま読んでなかった”積んどく”状態になっていました。
 
 この機会に読みだしたら、もう止まらない、止まらない・・・とにかく面白い。久しぶりに読書にはまったって感じでした。

 それとカミさんがサイスポの最新号を買って差し入れてくれたんで、これも入院生活の中での楽しみの1つでした。

 そんなこんなで結局、9日間も入院。当初心配された癌も無く、体調も無事回復しました。

180529入院2 (4)

 気が付けばあっという間に、6月も1/3が経過。すでに梅雨入りしてしまいました。

 自転車もぼちぼち復活させたいところです。デカ盛りグルメもはじめたいところですが、退院後数日(つまりは今日まで)は、とりあえず我慢しています。(笑)

応援してね~~
  ↓↓↓


にほんブログ村

 というわけで、次回は證誠寺のつづきです。。。

プロフィール

Tomy

Author:Tomy
40代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR