FC2ブログ

もうしばらくはご近所ライドか? 印旛沼&小貝川

2020.06.07.20:50

 緊急事態宣言が解除されましたが、ここしばらくの引きこもり生活のため、体重は右肩上がりの上昇路線まっしぐら。経済情勢の各種指数もこうなればいいのに・・・

 そんなわけでその絶対値も危険水域に。自分の基準体重の範囲では大台に乗ってしまい、減量必須の状態になってしまった。

 まだまだ遠くに行くには気が引ける状態ではあるので、ご近所グルグルで体を動かすしかない。コロナ対策のため、今回もマスクをしてのスタート。先週よりはちょっと早く10時くらいに自宅を出てまずは手賀沼へ。

 フィッシングセンター手前付近で白鳥の親子発見。おそらくGWごろに生まれた赤ちゃんだと思われますが、さすがに6月にもなると結構大きくなった感じがします。

200606印旛沼と小貝川 (1)

 フィッシングセンター付近までは前にも後ろにもお散歩、ジョギング、自転車・・・と誰かしら人の姿が見えたものの、手賀川沿いに入れば、ぐっと数も減る。

 東へ行くほど、それは顕著になり、「密」とは無縁なエリアとなる。

200606印旛沼と小貝川 (2)

 手賀川の下流域でも白鳥の親子、2組目を発見。

 今年は何組くらいの白鳥夫婦が子供を産んだんでしょう。ここ最近は毎年このGWから6月にかけて赤ちゃんをたくさん見るようになったので、結構な数が増えているものとは思います。

200606印旛沼と小貝川 (3)

 さらに東進して木下の市街地へ。

 もうこの先は利根川ってあたりにはこんな感じの船がいくつかおいてある。

 今でも現役なのか?

200606印旛沼と小貝川 (4)

 東寄りの風でもあるので利根川に出ると向かい風。それを避けて市街地よりの道、成田線に沿った道を進んで印旛水門へ。

 自転車乗り始めたころはこのあたりまで来るのでもやっとだったが、ここ最近の体力の衰えも激しく、なんとなくそのころと同じくらいつかれたかも。

200606印旛沼と小貝川 (5)

 長門川沿いに北印旛沼方面を目指す。

200606印旛沼と小貝川 (6)

ちょっと走れば北印旛沼到着。

 モモイロペリカン・カンタ君の姿は漁船のところにみえたものの、コンデジのズームではさすがに厳しく、あきらめる。

 時間があれば成田方面に行こうかとも思うが、また雨に降られる気もするので、この辺で適当に帰路に切り替えるほうが無難か?

200606印旛沼と小貝川 (7)

 でも走り出すと、日が出てきたみたいな感じ。
 
 もうちょい走りたい気もするが、悩む。

 とりあえずお腹が空いてきたので、ランチタイムの混む時間をさけて早めに食べてしまおうと、山田橋そばの「グリーブ」さんへと向かう。


200606印旛沼と小貝川 (8)

 お昼チョイ前のいい時間帯に到着したようで、外のテラス席は1つ以外がら空き。ただ、食券を買ってテラス席につくと、お客さんが増えてきて、ほぼ満席。

 とはいえ、テラス席なのでエアコンでコロナウイルスが店内をグルグルって心配もないでしょう。

200606印旛沼と小貝川 (9)

 テラス席のリスクは鳥の糞。

 ちょうどお盆の左手、黄色く矢印を描いたあたりに鳥の糞が落ちてます。もう古くて干からびてはいますが、下手に肘をテーブルにつけると糞に触れることになるので要注意。

 このお店ではいつも決まっていて「冷たい肉うどんの相盛り」です。

 いつ食べても自分の好みにあっているせいか、美味しい!大のお気に入り。

200606印旛沼と小貝川 (10)

 雨雲レーダーをみても1時間先くらいまでは少なくとも雨雲の発生はないみたい。

 そのため千葉NT経由の直帰コースはやめて、西印旛沼方面へと向かう。

 サンセットヒルズ前の観光船船着き場でちょっとご休憩。

 釣りを楽しんでいるかたが数名。

200606印旛沼と小貝川 (11)

 佐倉ふるさと公園の風車の前のあたりは人も多いので、風車のそばで1枚だけ写真を撮って、そのまま先を急ぐ。

 急ぐといってもこのまま帰るにはちょっと早いし、距離も短い。

 せっかくなら千葉NTを抜けて北上する際に、そのまま利根川方面へ行ってみようかと悩む。

 問題は雨。。。。



200606印旛沼と小貝川 (12)

 西印旛沼沿いを走り、途中で千葉NT方面へと北上コースへ切り替える。

 千葉NTあたりだったか雨雲レーダーではこの先もまだ1時間以上は千葉県北西部付近には雨雲はなさそう。



200606印旛沼と小貝川 (13)

 それならばと北上ついでに利根川まで抜け、さらに小貝川へとIN。

 写真はちょうど利根川から小貝川へと分岐するあたり。


200606印旛沼と小貝川 (14)

 小貝川の豊田堰もずいぶんと久しぶりな気がする。

200606印旛沼と小貝川 (15)

 小貝川にはいったのはいいけど、どのコースで帰ろうか。それとももう少し走ろうか。。。

 ツイッターを見たらgonさんが荒川付近のポピーの写真を載せていたのを見て、それならこちらは藤代の先のあたりにポピー畑があったよなあ・・・と行ってみたものの、畑というにはあまりに密度が低い。

 もう旬を過ぎてしまっているみたい。

200606印旛沼と小貝川 (16)

 ポニーのいる公園のところでどうにかまとまって咲いているポピーを見つけて撮影。

 とりあえず目的は果たせた感じ。

200606印旛沼と小貝川 (17)

 まだまだ雨雲の心配はないものの、このあたりで帰れば100kmにはなるだろうなあと、岡堰で休憩したところで帰路につく。

200606印旛沼と小貝川 (18)

 このあたりに来たのもずいぶんと久しぶりな気がする。

200606印旛沼と小貝川 (19)

 岡積のところで小貝川から離れ、市街地へと進み、新大利根橋で利根川を渡り柏市へ。

 K7を南下して手賀沼の西側へ。

 手賀沼沿いを東に走れば、自宅近所に到着。

 これで100km・・・と思ったら、ちょっと不足のようなので近場の市街地を少しぐるっと回って100kmに調整。

 雨に降られることもなく無事に久しぶりの100km走。この日の夕食はちょっと奮発してステーキ(といってもスーパーで買った肉)。体重UPで減量をと思っていたものの、このくらいのニンジンがないと、50kmくらいで切り上げて帰ってしまいそうだったので、奮発したわけです。結果としては、その分カロリー摂取量も多くなってしまうので、減量は次回だね。。。。

 100km走ったので久しぶりにReliveをUP!



 応援してね~~
  ↓↓↓


にほんブログ村















緊急事態宣言解除 ようやく走れる・・・か? 成田へ

2020.05.31.20:41

 先日ようやく緊急事態宣言が解除になりました。とはいえ、コロナウイルスがなくなったわけではないし、会社もまだまだ在宅勤務が続くわけで、以前のように自由に走れる環境になったわけではないと考えるべきでしょう。

 でも都内に比べれば人も少ないので、手賀沼の遊歩道や市街地方面は避けて、利根川や田園地帯を走る分にはリスクは少ないはず。あとは自爆を含めて事故に気を付けて走ってこようとスタート。マスクももちろんつけてのスタートです。

 まだまだ遠出は控えておいたほうが良さそうなので50~100km以内程度が無難でしょう。

 自宅を11時ちょい前に出て、まずは利根川にIN。右岸を走る。

 とにかく天気がいいので、気持ちがいい。



200530成田 (1)

 JR線、R6よりちょっと下流のあたりで川沿いのCRに入りましたが、栄橋まではお散歩の方が2~3名で自転車はゼロ。

200530成田 (2)

 事故に気を付ける場所としては、やはりこの写真の場所が一番。栄橋の手前付近、土手上のCRが途切れて、一般道を走らないといけないわけですが、とにかく道幅が狭く、車も多いし、若干の登りでスピードが出しにくく、後ろにつかえている車のプレッシャーを感じやすい場所。

200530成田 (3)

 栄橋を過ぎると、自転車とすれ違う台数がぐっと増えました。

 栄橋から長豊橋までは10kmくらいあるんでしょうか、この間に10台以上すれ違いました。でも20台まではいなかったような。

 そう考えると、利根川CRは三密には無縁でしょう。

 とにかく天気が良く、気持ちがいい。こんな天気の中で走れることをずっと楽しみにしていました。

200530成田 (4)

 長豊橋で利根川を離脱し、R408にIN。国道なのでそこそこ車も多いけど、それほど飛ばす道路ではないし、こちらも気をつけながら走り成田駅方面を目指す。

 JR線、スカイアクセス線をくぐるあたりで雲がぐっと多くなってきた。

 人が多いので新勝寺には立ち寄りませんが、駅方面に向かうため、新勝寺への参道にほうへと向かう道を進みます。

 新勝寺のちょっと手前のあたりで手足に雨? 路面にはぼったぼったと大粒の雨のあとが点々とつき始めるので、休業中のお店の軒先を借りて雨宿り。昼過ぎくらいに雷マークは確かにありましたねえ。

 自転車を止めて雨雲レーダーを見ると、全然雨雲は表示されていません。ほんの数分くらいだろうととりあえず雨宿り。
 これは12:37のもの。

200530成田 (1)

 このあとのコースにも影響するので、5分くらい雨宿りしたあと、もう一度雨雲レーダーをチェック。

 すると突然雨雲が生じたのか、自分のいる場所を中心に雨が降っているみたい。。。。

 さっきまであんなに天気だったのになあ・・・・

200530成田 (13)

 北のほうの空はまだまだ青空ですが、自分のいる成田山新勝寺の手前のあたりは結構な雨。



200530成田 (2)

 結局15分くらいでしょうか、雨宿りしたあと小雨になったので再スタート。新勝寺の前は通らず。途中ちょっと参道をかすめてJR成田駅前へ到着。

 

200530成田 (6)

 成田空港付近まで行ってみようかとも思っていましたが、先ほどの雨宿りの時間やらこのあとひょっとするとまた雨が降るかもしれないと思い、このあたりで帰路に変更します。

 宗吾霊堂、甚兵衛大橋、千葉NT方面へと向かうコースで、まずは宗吾霊堂方面へと走ります。

 成田駅から1駅分ほど走れば、路面はカラカラ。まったく雨が降った様子はなしです。

 お気に入りの定食屋ピノキオさんに吸い込まれます。

 とはいえ、時間は13時過ぎ、店内には2人連れ1組のみなのを確認してから入店。そこそこお客さんが入っているようなら飲食店での食事はまだ控えようと思っていました。

200530成田 (9)

 そしてこのお店に来るからにはやっぱり「ニンニク焼き定食」を選んでしまいます。

200530成田 (7)

 アップにするとこんな感じ。

 久しぶりに食べられて大満足です。ただし、これだけニンニクが多いと、自宅でぷんぷんにおわないかが課題です。

200530成田 (8)

 お店で配膳されるまでの間、iPhoneを見ると、どうも1時間後くらいに印旛沼から成田付近がまた雨が降りそうな気配。この時間帯はまだ千葉から四街道付近に雨雲があり、それが北上してきそうな感じです。

 急いで食べて、甚兵衛大橋から西印旛沼へ抜けるとおそらくは土砂降りにあいそうです。かといって甚兵衛大橋をそのまま北上しても雨雲に追いつかれる可能性があります。

 印旛沼沿いの道だと雨が降っても雨宿りする場所もないし、雷を避けることもできないので、北上コースを選択し、最悪は小林駅あたりで輪行袋の出番かも・・・。

 ただ輪行袋をもって電車に乗り込むには気が引けます。まだまだ大手を振って自転車で遊べる状況ではないので顰蹙を買うだけでしょう。

 ピノキオさんを出てからは遠くなったハンドルをなんとかつかんで北上コースを多少スピードを出して走ります。でも、甚兵衛大橋を過ぎて1,2kmくらいのあたりでぽつぽつと降りだし、JR小林駅がもうすぐというあたりで本降りに近い状態になり、駅の手前の高架道路下で雨宿り。

200530成田(14)

 結構雨も強いし、雨の中を走ると危険も倍増するので、しばらくは様子を見ます。

 ただやっぱり駅が近いので輪行が選択肢にあるとはいえ、できればやめておきたい。

 あとは雨雲レーダーを見て作戦を練るしかありません。

 ただ問題はこのあとの雨の予報。写真中央の青●が自分のいる場所。雨は南から北へと北上するようなコースのようです。多少小降りになってきたようなのは、雨雲は写真の上のほうへと進んだんでしょう。
 
 そして自分の目的地、自宅は西側、写真では左側となります。どうやらさっきよりも強い雨雲(写真の赤い部分)がこの先のコースとクロスするみたい。さて、どうしましょう????

 かなりリスクは大きいものの、とりあえず走りだしてみて空の様子を見ながら、やばそうならそのときは輪行にするしかないと決めて再スタート。

200530成田 (3)

 雨はほぼあがり、路面は完全ウェットで、突然の雨のせいか路上からまるで湯気が出ているみたいな感じ。

 進行方向左前方は思ったほどどんよりしていない。木下駅と布佐駅は駅間も近いので万一のときは逃げ込みやすいし、雨宿りする場所も多い。


200530成田 (10)

 と思って、気を引き締めて木下、布佐駅方面へと走るが、どういうわけかまったく雨が降った様子はないし、雨雲もないみたい。

 さっきの路面から湯気がゆらゆら~って感じの場所からそれほどまだ走っていないのに????

200530成田 (11)

 帰りは利根川沿いもしくは手賀川沿いって選択肢もありますが、いつ雨が降るかわからないのでR356を走ることにしましたが、全然雨の様子がないので、途中にある気象台記念公園に立ち寄る。

 雨雲レーダーを確認すると、まったくその気配なし。いったいなんだったんでしょう。

 まあ、降られないにこしたことはないですが。

200530成田 (12)

 そんなわけで途中2回ほど雨宿りし、多少雨に濡れましたが、70km超ほど走れて満足、満足。

 帰宅後、カミさんに2回雨に降られた話をすると、自宅あたりはまったく降っていないとのこと。そして「それにしても本当に日ごろの行いが悪いからそんな目にあうんだよヨ。」とのこと。

 確かにまだ外出は控えたほうがいいんでしょう。でも、普段はほぼ自宅缶詰でそれこそ平日は一歩も出ない日が多いんですよ。「日頃の行いが悪い」とは何を言いたいんだか・・・?



 この日の夕食は生姜焼き、マカロニサラダ、オニオんサラダ。帰宅後ささっと準備して、シャワーを浴びてのんびり過ごし、ビールをぷしゅっとやって今日も一日お疲れさまでした。


↓↓↓↓
応援してね〜〜
 ↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村















健康維持のため60kmほど 印旛沼へ

2020.05.25.22:01

 この緊急事態宣言下ではほぼ完全に在宅勤務でたまに買い物、郵便局・銀行などへ出る以外はほとんど自宅にこもっていました。GWに1回ちょっと自転車、散歩ってのはあったけど、平日はそれこそ一歩も出ないでいると、気がおかしくなりそうでした。

 土曜はまたしても天気がイマイチで乗れないか・・・と思っていたら、カミさんから買い物は土曜に行こう、そうすれば日曜自転車に乗れるじゃん・・・との話があり、土曜と日曜の予定を変更。

 大変ありがたいが、カミさんとしても1日中おっさんが我が家にいるのが鬱陶しいらしいのが本音のようだ。

 そんなわけで24日は久しぶりの自転車。とはいえ、まだ緊急事態宣言下のため、なるべく人のいないところを走り、けがをしないこと、負荷もかけない程度とすること、飲食店でのランチは控える・・・ってことでスタート。

 遠くに行くわけではないので、朝ものんびりして11時すぎのゆっくりスタート。当然ですがマスクをしてのスタート。

 手賀沼の遊歩道を遠目に見ながら走ると、やはり人が結構いるので、今回もフィッシングセンターから東のみにして、人が少ないエリアを走る。浅間橋から発作橋へのあたりはさすがに人もほとんどすれ違うこともなく、田んぼの緑もきれいで走っていて気持ちがエエ。

200524印旛沼 (1)

 千葉NTを抜けるあたりはさすがに車が多く、特にK4は道が狭くて車も多いため、道の選択を誤ったなって感じ。

 新川・印旛沼CRに入ると気持ちも楽になる。

 とはいえお散歩、自転車、釣り客とそこそこ人もいる感じ。

200524印旛沼 (2)

 毎年6月にはラベンダーを見にくる佐倉ラベンダー畑へと立ち寄る。

 さすがにまだ5月ということもあり、ラベンダーはまだまだな感じ。

200524印旛沼 (3)

 花の名前はわからないけど、すぐわきにはたくさんの花が咲いているお花畑があり、そちらでパチリ。

 ラベンダーの時期にはまだまだってことで、この場所はほとんど見物客もいなかったので、立ち寄ったのは正解でした。

200524印旛沼 (4)

 再び印旛沼CRに戻り、佐倉ふるさと公園へ到着。

 この場所はさすがに人が多い。休憩所・トイレ付近は避けて風車の正面のところで1枚写真を撮ったらその先を急ぎます。

200524印旛沼 (5)

 次は真夏のヒマワリが楽しみですが、今年はどうなるんでしょう。畑の部分を見るとチューリップを伐採したあと、そのままになっているみたいにも感じます。さて、どうなるのか?

200524印旛沼 (6)

 人の多いところを避けて、対岸にやってきたところで小休憩。

200524印旛沼 (7)

 この先の区間は風車のあたりに比べると人も減ります。

 そして追い風。

200524印旛沼 (8)

 気持ちよく走っていると路上に大きな亀。びっくりして避けて、その先もうちょい行ったところで、今度は小さな亀を発見。

 この天気じゃ干からびちゃうよと水辺に連れていってあげて、竜宮城に案内してよ・・・とお願いしたいところですが、できることなら何も手を触れたくないので、そのままスルー。

200524印旛沼 (9)

 双子橋を渡って、印旛沼の北側を走り帰宅コースに入ります。

 K64で北上し、千葉NTを抜けるコースにIN。

 途中コンビニに立ち寄り菓子パン1個、チキン、コーヒーを購入し、店外で食べて満足、満足。

 


200524印旛沼 (10)

 でもガーミンはもともと充電を忘れていたこともあり、スタート時点53%しかなかったため、千葉NTを過ぎたあたりで「充電してください」の表示に。

200524印旛沼 (11)

 まあ、それでもしばらくは持つはずと、そのまま走行。

 15時チョイすぎにいつもの曙橋に到着。60kmちょいくらいでした。

200524印旛沼 (12)

 帰宅後はいつものごとくれーぱんのままでお米を研いで、夕食準備。

 暖かくなってきたので冷しゃぶとチャーハンとポテトサラダ。自転車のあとの料理は久しぶりのせいか、終わったころはどっと疲れた感じ。ただ、そのあと風呂に入り、冷えたビールと冷しゃぶを食べて、今日は出走しておいてよかったと実感。

 来週も晴れるといいなあ・・・ 来週は100kmくらい走れるといいんだけどね。









↓↓↓↓
応援してね〜〜
 ↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

Stay Home ③ ~健康維持のため ”県境”を守るのだ!?~

2020.05.05.13:48

 GWの5連休となる5月2日(土)にちょっとだけ走ってきました。

 Stay Home週間として、外出自粛が基本ではありますが、さすがにほぼほぼ1か月在宅勤務が続くと、体はなまるし、逆に不健康になって免疫力が低下してるんじゃないかと思います。

 とはいえ、感染防止のためにはなるべく外出を控え、お散歩・ジョギング・自転車いずれにしても事故にあったりして医療機関にかかってしまうことがあってはマズイ。そう考えると、健康維持とはいえ本来は健康維持のための自転車も控えておくべきなのでしょう。

 それでも多少は体を動かしておきたかったので極力車や人との接点がありそうなところを避けて、ちょっとだけ走ってきました。

 もちろん、ソロライドですし、車と並走するようなコースはなるべく避け、ペダルをクルクル回す負荷は避ける(←これはいつものこと)、走るというよりも惰性で走り、太陽の下を日向ぼっこしながらって感じ。

 天王台駅から手賀沼に向かう道はそこそこ車がいるし、お散歩の人もいるので、住宅街の人のいなさそうな道を進む。

 写真はお気に入りの場所。

200502手賀沼他 (1)

 手賀沼が見える場所に来ても、見えるあたりの遊歩道はお散歩、ジョギングの人がいるので、なるべく避けるようにして、別の道へと進む。

200502手賀沼他 (2)

  ちょっと外れればこんな道はいくらでもあるので、人に近づくこともなければ、前を走る人もない。

200502手賀沼他 (3)

 今井の桜のあたりもこのシーズンはとっくに桜も散って、誰もいない。

 桜のシーズンは当然きれいですが、その後の新緑の時期も派手さはないけど、緑はきれいだし、人もいないので個人的にはこの時期もお気に入りです。

200502手賀沼他 (4)

 カンナ街道を東に走る。車もほとんど走ってない。

 途中で白井の平塚分校に立ち寄ってみる。

 4月初旬に佐倉の青菅分校を寄った時に、ここ平塚分校も桜を見に立ち寄ろうと思ったものの、時間がなかったので桜は咲いてないけどちょっと寄り道。

 誰もいないと思ったものの、なぜか校庭には数台の車が止まっている。公共施設として利用しているのかもしれないけど、土曜だし、公民館的な利用もコロナの影響で中止しているはず。何につかっているんでしょう。

200502手賀沼他 (5)

 再び手賀沼方面へ。

 発作橋の手前のあたりで白鳥夫婦の巣?らしきものを発見。


200502手賀沼他 (6)

 この時期、かわいい白鳥の雛が生まれて、手賀沼沿いで見かけるが、今年はまだ見つけられていません。そもそも手賀沼沿いを歩いたり、自転車で走ることもほとんどないため当たり前か・・・


 

200502手賀沼他 (7)

 発作橋をわたり、さらに東へ。

 途中でJR成田線を渡り、利根川沿いのちょっと南側を東へと走る。

200502手賀沼他 (8)

 帰りは利根川沿いを西へと走る。

 普段に比べるとお散歩、ジョギング、自転車ともに少ないが、ゼロではない。1km走れば1人や2人はすれ違う。

 ぶつかるような危険は当然ながらない。ただし、のんびり走っていてよそ見して立ちゴケの可能性はあるので要注意。下手に怪我でもして病院の世話になるようなことがないように。

200502手賀沼他 (9)

 このまま利根川沿いを走ると、実はちょっとだけ茨城県の部分がある。古利根沼のあたり。

 会社からGW中は県境をまたぐ移動はしないこと・・・とのお達しがでているので、千葉県から出るわけにはいきません。

 なんだか「翔んで埼玉」にでもなったような気分だな。。。。


 県境があるのはもうちょい先な気がするけど、写真のこの場所のあたりで土手上の道から一般道側へと移動。
  
 このあたりは道幅が狭く、車も多いので要注意区間ですが、もう1本左手にさらに道があるので、そちらへ移動すればよそ見して草むらに突っ込まない限り、まず安全。

200502手賀沼他 (10)

 そしてもう少し走っていると前方に県境をあらわす看板を発見したので、さらに左へとそれる道へとIN。

200502手賀沼他 (11)

 ちなみに地図でみるとこんな感じ。赤い線を描いたところが県境。

 とはいえ、パソコンの画面をなぞったものなので、正しくはないけど、古利根沼の中間部分のあたりが県境になっているみたい。

 この地図の右手側から左手側へと川沿いを走り、県境を超えないように地図の左下方面へと抜ける予定。

 ただよくよく見ると古利根沼の直前東側でそれたとしても、県境を超えてしまうようなので、注意が必要。

200502手賀沼他 (4)

 道端や住宅街にも杭や鋲があったりして、場所によっては”堺”がわかるところがまれにあるけど、自転車で走りながらその境界がわかるなんてことはまずありません。

 というわけで帰宅後にガーミンちゃんのログから検証してみます。

 古利根沼の直前のあたりで利根川沿いからそれて、南に抜ける道はなんと茨城県ではないですか!?

 だけど、走行ログではきっちりと県境をまもって千葉県側を通り、県境を超えてない!?

 その代わり、「成田航空」の敷地と建物内を不法侵入しているようです。

200502手賀沼他 (2)

 会社のお達しは守ったものの、人様の土地建物内を自転車で突っ切ってしまったようです。(笑)

 
 わずかな距離ではあるものの、久しぶりに太陽の下を自転車で走れて大満足!

 この日の夕食は、温かくなってきたので冷しゃぶ。そしてマカロニサラダ。在宅勤務で体を動かさないとどうもビールを飲もうって気もなかったけど、この日はなんとビールの旨かったこと。



↓↓↓↓
応援してね〜〜
 ↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村










桜・桜・桜・・・ ②

2020.04.07.22:45

 4月4日(土)は、なるべく人と接しないようにしながら、桜を見に行こうと走ってきました。

 外出自粛要請があるなかで自転車で走っても大丈夫なのか?ちょっと気にもなりましたが、極力人と接することがないようにし、ランチも飲食店利用はしないことにして、久しぶりに自転車に乗ることでここしばらくのストレスを吹き飛ばそうと、スタートを決めました。

 とはいえ、これまでの堕落した生活がまだまだ尾を引いているのか、スタートはいつものごとくのんびりで9時半過ぎ。。。

 今井の桜、新川沿いの桜を見ながらのんびりと、そして人がいそうなところは避けるなり、危険が無いくらいの速さではあるもののささっと通り過ぎ、どうにか幕張の海に到着。

やっぱり海は気持ちがいいや。。。


200404幕張_佐倉_吉高 (11)

 幕張の海から東に移動し、稲毛海浜公園方面へ。

 このあたりは白い砂に入れ替えたらしく、なんだか海辺の景色というか雰囲気がちょっと変わった感じがします。

 ただ、そこそこ人がいるので、写真を1,2枚撮ったらさっさと退散。でもまあ少なくとも10mくらいは離れていたので大丈夫でしょう。

200404幕張_佐倉_吉高 (12)
 
 砂浜の内側にはこんな感じの防風林?があります。防風林の中にも遊歩道らしきものがあるみたい。

 自転車で走るにはロード向きではなさそうです。

 でも、人がいないってのは魅力的だったり。

200404幕張_佐倉_吉高 (13)

 この日は20度越えってこともあり、暖かい。ただ、この気温になると空気が澄んでいる感じではなく、遠方は多少霞んできてしまうので富士山はもちろん見えないし、海ほたるもなんとなくぼやんとしか見えない。市原方面の工場地帯の煙突は見えるんだけどね。

200404幕張_佐倉_吉高 (14)

 稲毛の浜からもう少し東へ進み、いったん内陸側に移動して千葉ポートタワーへ。

 途中のコンビニに立ち寄りランチ。主要道路交差点からちょっと離れたところなのでお客さんも少ないのでちょうどいい。

 ここ数日100円セールになっているファミチキとアンパンと缶コーヒーを買い、外のベンチで食べる。

 毎度デカ盛りランチが楽しみですが、コロナ騒ぎのためこの点は仕方がないけどしばらく自粛かな。

200404幕張_佐倉_吉高 (15)

 ポートタワー自体はもちろん休館中。

 ただ公園はフリーで入れるので、海辺もそうだし芝生の広場にもそこそこ人がいるようなので、あまり人がいないタワーの対岸部分でちょっと休憩。

 しばらくぼーっとしてたら、おっさんが近くをうろちょろしだしたので、そろそろ退散すべきと再びサドルに跨り、帰路につく。

200404幕張_佐倉_吉高 (16)

 学生がまったくいない千葉大キャンパスの脇を通り、いつものコースで道の駅やちよ方面を目指すが、ちょっと物足りない。

 何が物足りないって、もちろんお腹も満足しているわけではないが、これは今日のところは仕方がない。

 ただ、もうちょい桜は見たいなあ・・・・と。


 走っている途中で、「ああ、あそこなら桜も映えるんではないかなあ・・・」と目的地を決める。が、実はちゃんと場所を覚えておらず、何度か途中でスマホを見ながら道を確認。

 ZENさんのコース設定で千葉や九十九里方面に抜ける道がいくつかある中で、このあたりを通ったはずなんだけど・・・と思いだしながら走る。確か印旛沼脇のゴルフ練習場が近かったはず・・・

 そう思いながら、ただただ記憶をたどりながら走る。

200404幕張_佐倉_吉高 (17)

 で、どうにか到着。

 佐倉市の旧志津尋常小学校青菅分教場(分校)。

 桜もさすがにピークを過ぎてはいるものの、地面に花弁が一面に落ちてピンクになっているので、かえってちょうどいい感じだったかもしれない。

200404幕張_佐倉_吉高 (18)

 そしてせっかくここまで来たのであれば、佐倉ふるさと公園のチューリップを見ていこうと、佐倉駅・印旛沼方面を目指す。

 印旛沼沿いの道に出ようと、写真のような道を走るが、こんな道ならそれこそ人に出会うこともないと思っていた割に、実はこの道が意外と人とすれ違いびっくり。とはいえ、片手か両手かというくらいの人数ではあるものの、どう見ても人は少ないと思える道。

200404幕張_佐倉_吉高 (19)

 印旛沼沿いのサイクリングロードに出た。

 さすがにこの道はお散歩、ジョギング、自転車を楽しむ人も多い。すれ違う時に息を止めたりしながら走る。

200404幕張_佐倉_吉高 (20)

 佐倉ふるさと公園はちょうどチューリップフェスティバルの時期。ただ、今年は各種イベントは中止。それでも見に来ている人は多くいるので、写真を数枚撮ったらこれまたさっさと退散。

200404幕張_佐倉_吉高 (21)

 ピンクのチューリップに加えて、白っぽいのもパチリ。

200404幕張_佐倉_吉高 (22)

 自転車を柵に立てかけ、カメラをぱっと出して、ぱっと写したら、すぐに退散。

200404幕張_佐倉_吉高 (23)

 北印旛沼方面に抜けるサイクリングロードにはいったところで一旦休憩。

 チューリップのところではのんびりしていられなかったのでね。

200404幕張_佐倉_吉高 (24)

 この先はまたほとんど人がいないエリア。見かけても、ごくごく僅か。

200404幕張_佐倉_吉高 (25)

 双子公園のところはスルーして、そのまま吉高の大桜へ。

 県道から脇道に入ると自転車も押し歩き。

 これが意外と距離があり、疲れる。

 ようやく到着したものの、今年はソメイヨシノが終わる前に吉高の大桜も終わってしまった感じ。例年ならソメイヨシノの1週間後くらいなのに。。。

200404幕張_佐倉_吉高 (26)

 ここもそこそこ人出があり、なるべく人に近寄らないように押し歩き。

 走れるものならそうしたいけど、さすがにマナー違反になるので、ほどほど前と後ろの人との距離を開けて進むしかない。

200404幕張_佐倉_吉高 (27)

 できることなら帰りに白井の平塚分校にも立ち寄ろうかと思ったものの、時間的にはもうNG。

 仕方がないのでまっすぐ帰る。が、帰りは強い向かい風。

 2か月近く走っていなかったため、脚力が弱くなったのか、とにかく進まない。

 なんとか曙橋についたのは16時半過ぎ。

200404幕張_佐倉_吉高 (28)

 久しぶりで疲れました。

 帰ってからはこれまたいつもの通り、ジャージだけ脱いでインナーだけの姿で夕食準備。この日はいつもの生姜焼きと無限キャベツ。ささっと終わらせてからシャワーを浴び、一段落。

 さすがに疲れたのか、缶ビールを飲んで大盛りご飯と生姜焼きで満腹になったら睡眠薬でも飲んだかのごとくあっけなく撃沈、朝まで完全にぐっすりでした。色々と他の方々のブログやらなにやらを読むと、自転車自体は基本OK、ただし、グループライドは避けるべし、負荷をかけて身体を疲れさせると免疫力も下がってリスクとのこと。

 緊急事態宣言が発令されちゃいましたが、しばらくは完全自粛が良いのか、人と接点が少ない川沿いを少し走るくらいなら大丈夫なのか、とりあえずは様子見でしょうかね。早く終息してほしいものです。


 前回の久しぶりの投稿で、しつこく「応援してね」とかいたら、これまでにないくらいポチっと押していただきました。数的には超マイナーブログなので僅かな数ではありますが、当の本人は大満足です。ありがとうございます。

 今度の週末も頑張って走り、美味しいものを食べてくるぞーーーと言いたいところですが、どうなることやら。

↓↓↓↓
応援してね〜〜
 ↓↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村




プロフィール

Tomy

Author:Tomy
50代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR