FC2ブログ

念願の初GROVE そして新舞子海岸へ ②

2019.08.21.01:01

 8月17日(土)に富津岬の先にあるGROVEさんと新舞子海岸へと走ってきました。

 前回、GROVEさんに到着したところまで記載していたので、その続きです。

 佐貫町駅から田んぼの中の道やらクネクネ道を進み、GROVEさんのお店の前の駐車場に到着。

 そこからお店を眺めるとこんな感じ。
 

190817GROVEと新舞子海岸 (14)

 写真左側のあたりにある赤いパラソルのテラス席にてランチを待ちます。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (3)

 この夏一番の暑さといえど、さんざん汗を流して走ってきたせいか、木陰のテラス席に落ち着くと、このすぐ先にある海風の影響なのか意外と涼しい。

190817GROVEと新舞子海岸 (16)

 しばらく待って、こちらが到着。

 GROVEカレー。

 (ちょっと・・・、いやだいぶ少ないかなあ・・・ってのは、私だけなのかもしれません)


190817GROVEと新舞子海岸 その2 (1)


 アップにしてみても、やっぱりちょっと少ないよねえ。

 まあ、おしゃれなカフェですから。小食の女性にはこれで十分でしょう。私の場合は、3人前くらいは欲しいところですが、この場にあわせてこちらで満足することに。
 
 味はもちろん美味しいですが、普段デカ盛りばかりを探している身にはちょっと少ないのがネックですが、これはこれでお気に入りのお店です。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (2)

 食後のアイスコーヒーも飲んで、お腹いっぱい(ちょっと空いてる!?(笑))になって、お次の目的地に向かいます。



190817GROVEと新舞子海岸コーヒー

 お店の前の道を来た道と反対側へとてくてくと歩きます。


190817GROVEと新舞子海岸 (19)

 こんな感じの道のすぐ先に海が広がっています。

 それも誰もいない海。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (5)

 右斜め後ろはこんな感じのこんもりした山。山っていうよりも丘でしょうかね。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (6)

 とにかく誰もいない静かな海。

 静かってことはなく、台風一過のせいかとにかく風が強く、波も高い。

 以前来た時もこのあたりは風も波も強くて、浜辺で遊べる感じではない。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (7)

 反対側の南東方向は1kmくらい先に海水浴場があるみたい。

 でも波が強いのは変わらないはず。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (9)

 自転車で来た証拠に愛車を入れて1枚。

 どこかに立てかけて撮りたいが、いい場所がなく、愛車にはゴロンとなってもらう。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (10)

 せっかくなので自分の後姿も。

 それにしても足が短いな。。。。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (8)
 
 そんなこんなで撮影会をしていると、足元にふと気になるものが。

 これってサボテンですよね?

 こんなところに自生しているのか?

 誰かが1株植えたのかなあ?と思ってあたりを見回すといくつかサボテンが見えたので、やっぱり自生しているみたい。

 こんなことをやっているうちに12時半になっちまった。

 当初はGROVEに開店とともにお店に入り、12時には海の見物も終えて帰路につくはずだったのに・・・

 急がねば。

 


190817GROVEと新舞子海岸 その2 (11)

 元来た道を戻り、まずは佐貫町駅へと向かう。

 途中に牛が1頭だけいた。行きには気づかなかったなあ。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (12)

 佐貫町駅前を過ぎるとすぐに東京湾観音の入り口。

 ここもぜひとも立ち寄り、海を眺めたいところですが、どうも観音様だけじゃなくて、海を眺める展望台のところも入場料がいるようになったらしいので、スルー。

 時間が無いってのもあるけど。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (13)

 R465で北上し、富津岬方面へ。

 途中、大貫中央海水浴場にて小休憩。休憩というより1枚撮っただけですけどね。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (14)

 いつもならこの先もR465を進み、写真の左手にある富津岬に寄りますが、この日の天気ではガスっていてこの場所から富津岬の展望台も見えないので、これまたスルーし、木更津方面直行に変更。

 K157で青堀方面へと進む。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (15)

 海沿いのR16 をいつもなら走るところを1本内陸側の道を北上し、木更津市内へ。

 問題は時間が刻々と迫ってきていること。そしてガーミンのバッテリーがかなり消耗してきている。自宅で当然ながら100%に充電し、別のバッテリーも充電してきたものの、なんと接続コードを忘れてしまい、出先で充電したくてもできない状態。

 このあたりでもう40%くらいになってしまった。まだ100kmくらいしか走ってないのに。

 鳥居崎海浜公園のところも寄りたかったけど、もうすでにこのとき13時45分くらい。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (16)

 当然江川海岸も袖ケ浦海浜公園もあきらめて内房線沿いのコースでひたすら北上。追い風もあってそこそこ走れるが、千葉付近15時、自宅17時と考えるとちょっと厳しそう。

 袖ケ浦駅の脇のあたりで時刻表を一応チェック。14時25分、14時48分とのこと。一生懸命ペダルを回さず、頭の中は輪行に切り替えるか悩みながらもんもんと走る。

 長浦駅は道路のすぐ脇。そのまま駅に突入し、輪行準備を始めるが、時すでに遅し。

 袖ケ浦で乗っておけば十分間にあったところ、1駅のろのろ走ったせいでパッキング完了が間に合わず。。。

 仕方なくもう1本待って14時52分(長浦駅)。

190817GROVEと新舞子海岸 その2 (17)

 1本待ったせいで、駅には実質30分近くいたわけではあるものの、この電車でも千葉駅15時26分なので、あのまま自転車で走っていたらやっぱり間に合わなかったでしょう。

 で、電車で輪行・・・・・

 涼しいし、らくちん。癖になりそう。

 ただ蘇我に着いたら、外房線が止まっているとのことで、京葉線も遅れるかもしれないとのことで一瞬焦る。でもまあ、特に遅れは無く、長浦⇒蘇我⇒南船橋⇒新松戸⇒天王台と乗り継ぎ、1時間半。

 自宅には16時半過ぎに到着し、すぐさま夕食準備。どうにか間に合った。

 後半バタバタでしたが、初GROVEと新舞子海岸の海を眺めて楽しい1日でした。

 Reliveもどうぞ。
  ↓↓↓
  Relive

応援してね~~
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

念願の初GROVE そして新舞子海岸へ ①

2019.08.18.20:54

 今年の夏はとにかく暑い。天気予報によると、台風が過ぎ去った17日は37度の予報で、ところによっては40度近くになるかもしれないとのこと・・・

 こんなときに走るのもどうかと思うけど、あとあと走らず後悔するくらいなら、ちょっとでも走っておこうと、この日は珍しく早朝スタート。といっても6時半。

 いつものようにまずは手賀沼北岸に出る。さすがに走り出しても、暑いということはなく、気持ちがイイ感じ。
 
 暑いと感じるほどペダルを回さないってのもあるけど。



190817GROVEと新舞子海岸 (1)

 いつもの帰宅前の曙橋にて1枚。


190817GROVEと新舞子海岸 (2)

 手賀沼から白井工業団地を抜け、R16にて道の駅やちよへ。

 そこから新川・花見川CRに入り、東京湾方面へ。

 ほどほどの木陰もあるし、ガツガツペダルを回すわけではないので、汗をかくこともなく、のんびると走る。

190817GROVEと新舞子海岸 (3)

 千葉市内中心部付近は8時をまわったところ。

 これといって何かあるわけではないものの、やたらと信号で止まる。

 どうも今回は信号のタイミングがすこぶる悪いようで、この先の湾岸でもことごとく信号でストップアンドゴ―の繰り返し。

 

190817GROVEと新舞子海岸 (4)

 県庁、市役所のちょい前でもこのとおり、またもや信号。

 なぜか県庁・県警本部前はうまく通過できたので写真無し。

190817GROVEと新舞子海岸 (5)

 R357、R16に入ってからも同じような感じで信号にやたらと止まるので、いつも以上に進まない感じ。

 ただ、頑張ってペダルを回すと汗だくになり、さらに熱中症にもなりそうな感じなので、あまり気にせずむしろママチャリ感覚でのんびり走る。

 五井付近までは車が多かったものの、その先は車が減り、ぐっと走りやすくなった。

 それでも狙いすましたように信号につかまるのはなぜ??

 

190817GROVEと新舞子海岸 (6)

 さて、今回どこに立ち寄るかと走りながら考える。行先は新舞子海岸とGROVEは決めているものの、東京湾観音、富津岬、木更津港、江川海岸、袖ケ浦海浜公園などなど・・・ 時間を見ながら立ち寄る場所を考えることにし、とりあえずはまず新舞子海岸まで行って、帰りがけに寄り道しながら帰ることにする。

 そんなことを考えていたら、R16 を渡るための歩道橋で途切れているものを見つけた。

190817GROVEと新舞子海岸 (7)

 前にこの場所を走ったのはいつか思い出せないものの、途切れてはいなかったはず。ストリートビューで見ると2018年8月の撮影分にはまだ歩道橋存命のよう。

木更津市若葉町歩道橋

 袖ケ浦付近と木更津市内のあたりでは多少のアップダウンがあるのと、そろそろ10時つまりは3時間半くらい走りづめなので、疲れて来たのか、ペースが落ちてきた感じ。

 一旦休んでしまうと、そのまま根が生えそうなので、君津市内まで走ることにし、そのままノロノロペースで進む。

 10半ちょいまえくらいにさすがに疲れてきたので、コンビニにピットイン。クーリッシュで強制冷却。


190817GROVEと新舞子海岸 (8)

 君津を過ぎると激坂ではないものの、上りの道もあり、南からの向かい風が強くなり、またもやペースダウン。

 記憶では上総湊よりも南にしかトンネルは無いと思っていたのに、トンネル出現。ひょっとしてフラフラになって走っていて上総湊を通過したのも気づかなかったのか?と思ったものの、このトンネルを過ぎたあたりで佐貫町駅の看板を見つけて、R127を離脱。

190817GROVEと新舞子海岸 (9)

 佐貫町駅に到着。11時を過ぎてしまった。

 予定ではGROVEの営業時間が11時からなので、その時間にあわせようと思っていたのに、やはりペースが落ちてきたからでしょう。

190817GROVEと新舞子海岸 (10)

 落ち着いた森の中のカフェに汗だくのオッサンは似合わないので、営業開始の早い時間帯にささっと食事して、他のお客さんの迷惑にならないようにと思っていたのに。

 そんなわけで佐貫町駅からは急ぐ。(ここで急いでももはや意味は無いと思うが)

190817GROVEと新舞子海岸 (11)

 途中正面に東京湾観音の姿が見える。

190817GROVEと新舞子海岸 (12)

 同じ写真をトリミングして拡大。

190817GROVEと新舞子海岸2

 GROVEさんへの道ってわかりにくいので、写真の中央にあるような矢印看板が分岐点となるところにはきちんと設置されています。実はお店にはいったことがないものの、このコースは何度も走っているので、道は覚えています。

190817GROVEと新舞子海岸 (13)

 あと150mって看板が見えたら、それが最後の看板でお店に到着。左側にあります。

 その先の道路は50mくらいで通行止め状態。

190817GROVEと新舞子海岸 (19)

 さて、いよいよ初GROVEさん。

 お客さんがうじゃうじゃ、カップルだらけだったりしたら、やめておこうかなあ・・・

 でもロードバイクも1台(もう1台て前にもあったけど)止めて有り、自転車ウェアでも大丈夫そうなので、気にせずお店に入ることにします。

 奥のテラス席にもお客さんがいるようなので、店内のエアコンの効いた席は無理かな・・・


190817GROVEと新舞子海岸 (14)

 お店の入り口はこんな感じ。

 写真の左下にあるように、写真撮影OKとのこと。どんどん紹介してくださいって感じのようです。

 でお店に入ってみると、自転車乗りのお客さんが1名のみ。他のテーブルは空席でした。テラス席はいくつかお客さんがいましたけど。

 

190817GROVEと新舞子海岸 (17)

 というわけで、エアコンの効いた店内のそれも窓側、角の部分の席へ。

 店員さんがメニューをもってきてくれたので、しばらく悩み、これがお勧めなんだろうなあって思うものをチョイス。

 配膳されるまでまずはトイレをお借りしたんですが、いったんテラス側に出ることになります。すると、店内よりも森を抜けてくる風が気持ちよくて、店内で食べるよりもテラス席のほうがいいのでは?と。


190817GROVEと新舞子海岸 (15)

 お店の方に聞いてみると、テラス席に移動してもOKとのことなので、グラスを持ってテラス席に移動。 

 多少風が強いくらいなので、エアコンよりも噴出した汗を一気に風が冷やしてくれる感じで、テラス席はとにかく涼しい。

 他のお客さんもみんなテラス席を希望するわけだね。

190817GROVEと新舞子海岸 (16)

 下の写真の中央にある赤いパラソルのテラス席が私が座った席。

190817GROVEと新舞子海岸 (18)

 さて、ランチは何を頼んだのでしょうか???

 次回へ。


 応援してね~~
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


またもや定番コース 葛西臨海公園&若洲公園

2019.08.14.17:53

 もっと遠くへ、知らないところへ・・・

 そう思って夏休みにどこか遠く、知らないところへ足を延ばそうと思うものの、どうにも暑くて、面倒になりせめて夕食のときに気兼ねなくビールを飲んでもいいくらいに体を動かしておけばいいや・・・って感じでこれまた定番コース。

 とはいえしばらく走っていなかった気がする江戸川方面を走りました。

 手賀沼北岸を西に走り、北柏、柏の葉キャンパス付近を抜けて利根運河。

 江戸川に出るだけなら利根運河まで北上する必要は無いものの、利根運河はお気に入りなのであえてここまで北上します。

190812若洲 (1)

 江戸川にIN。

 この時期は南風のため、帰りに楽をするためには南下し、海でも見て帰るコースにします。

 江戸川左岸を南下。

 

 

190812若洲 (2)

 流山橋にて右岸にスイッチ。

 埼玉県に入る。埼玉を走るのは久しぶりな気もするなあ。

190812若洲 (3)

 みさとの風の広場にて小休憩。

 水をかぶり、強制冷却。

 気持ちがいいけど、肩ともものあたりにじゃぶじゃぶと水をかけても意外とあっという間に乾いてしまい、それほど涼しく走れるのはわずかなのが残念。

190812若洲 (4)

 柴又の公園のところでもこれまたちょっと休憩。

 もはや暑くて、暑くて各駅停車状態。この先海まで行きつくのか・・・

190812若洲 (5)

 とりあえず海まで行って帰ろうということで、ママチャリ並みのスピードで南下を続け、旧江戸川に入る。

 途中何か所か護岸を工事しているようで、一般道を走ったりしながら葛西を目指す。

190812若洲 (6)

 が、とにかく暑い。川沿いはほとんど日影も無いため、炎天下続き。

 途中、脇にコンビニを見つけ、川沿いの道路からは階段を下りる必要があったところを気にせずかついでコンビニにIN。

 すっからかんのボトルに水を補給し、別に1本スパークリングウォーター。ファミチキとパンを補給。

 イートインコーナーにてあっという間に根が生える。お尻が重い。

190812若洲 (7)

 海まであと少しなので、もうちょい走るかと重いお尻を持ち上げて、再び炎天下の川沿いの道へ。

190812若洲 (8)

 もうここまで来たら、葛西臨海公園もすぐ目の前。

190812若洲 (9)

 公園内はさすがに人が多い。観覧車の前を通って、そのまま公園外へ。

190812若洲 (10)

 R357の歩道に出て荒川を渡る。

 ここもしばらく炎天下でおまけに結構川を渡るための橋は高くて疲れる。

190812若洲 (11)

 川を渡り切ったら、川沿い・海沿いの遊歩道へとIN。

 この付近はまったく人がいません。

 最高の散歩道ではあるものの、考えてみればここに来るのが結構大変かも。

 有楽町線の車庫とヘリポート脇を通って、眺めのよいベンチの場所へと進む。

190812若洲 (12)

ベンチからの眺めは最高。
 
 写真ではわからないけど、すぐ後ろがヘリポートのため、ヘリの離着陸が続くと結構うるさいが、それがなければ眺めはいいし、気持ちのいい場所。でも、このときは誰もいません。

 確かにこんな場所でのんびり海を眺めるのもいいけど、この時期は日差しが強すぎて、干物になってしまいそう。

190812若洲 (13)

 ということで自転車を置いたり、無しにして写真だけ撮り、ろくすぽベンチに座りもせずに先を急ぐ。

190812若洲 (14)

 なぜ先を急ぐかというと、若洲側に足を延ばすと、これまたいい感じの自転車道があり、そこそこ木陰もあるので、走っていて気持ちがいい。

190812若洲 (15)

 その距離、2kmくらいでしょうか。

 東京ゲートブリッジのところでご褒美(?)のアイス休憩。
 
 ちなみにアイスもことどごく売り切れ状態。まだ残っているものの中から、お安い抹茶アイスをチョイス。

190812若洲 (16)

 しばらくゲートブリッジを眺め、帰りをどうしようか、このあとどこかで食べようか。。。などなど。

190812若洲 (17)

 それともEVでゲートブリッジに上ってみる?

 もう暑くてへとへとなので、結局はこのまま帰ることに。

190812若洲 (18)

 元来た道を折り返して帰るだけの、1パターンな行動。でも、海が見て気持ちのいい道。

190812若洲 (19)

 荒川を再びわたり、葛西臨海公園の海側の休憩所により、水を補給。

190812若洲 (20)

 帰りも旧江戸川、江戸川と往路と変わらずのコース。

 行きに立ち寄ったコンビニ。。。どうしようかと考えるも、ここで立ち寄ったら、もう完全に根が生えそうなので、もうしばらく走ることにして、淡々とペダルを回す。

 多少追い風もあるようで、柴又までどうにか到着。

190812若洲 (21)

 松戸からR6号で帰るってのもあるけど、熱中症気味で車にぶつけられそうなきもするので、国道はやめてもう少し江戸川を北上し、流山橋の手前で市街地へ。


190812若洲 (22)

 北小金付近でさすがに腹が減ったのでコンビニにIN。

 途中何度か雨がパラついたものの、本降りになることもなく、無事終了。正直なところ、もう少しくらい雨に打たれたほうが涼しく走れた気もします。

 アイスとパンを補給し、あとは手賀沼へ。
 
 ヘロヘロになって帰宅。約120kmってところ。


 応援してね~~
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村


夏休みなのに定番コース 秋元牧場&長生き展望台

2019.08.12.22:38

 待ちに待った夏休み。

 でも、それほど遊んでいるわけにもいかないし、ここしばらくの猛暑を考えると、炎天下を走るのは危険を伴うので、夕食のビールを気持ちよく飲む程度にほどほど走ることにして、結局定番コースを走ってきました。

 本当なら休みくらいはもうちょい早起きして、遠出をすればいいとは思うんですが、結局早起きできないので、こうなっちゃうわけです。

 で、8時半くらいでしょうか。自宅をスタート。手賀沼を超えて、白井方面へ。そして道の駅やちよのあたりで新川・花見川CRにIN。

190810秋元牧場 (1)

 草ぼうぼう状態。

 ちょっと走れば、そこそこ走れるようになったけど、空はどんより。

190810秋元牧場 (2)

 京成線をくぐり、川沿いに走り、弁天橋へ。

190810秋元牧場 (3)

 いつものコースで千葉市内を抜けて、支川都川CRにIN。

 川沿いはフラットでいいなあ・・・
 
 でも川は見えないくらいに雑草ぼうぼう状態。

190810秋元牧場 (4)

 ちはら台付近は炎天下で日光を遮るものがなく、なかなか辛いコース。ようやく、そのエリアを抜けて楽しみにしていた谷津道エリアに到着。ここからが楽しみにしているのんびりコース。クネクネ谷津道。

190810秋元牧場 (5)

 もうちょい木陰があるかと思ったら、すでに太陽は高くギラギラ状態なので、ほとんど日影となるようなところはなく、常にフライパンの中を走っている感も・・・・

 まあ、車の排ガスがないだけましか。

190810秋元牧場 (6)

 久しぶりってほどでもないのに、途中道を間違えたり・・・

 もしや、熱中症で判断力不足で道を間違えたのかも? 

190810秋元牧場 (7)

 わずか数kmではあったものの、極上のドフラット・谷津道を楽しんだあとは、つけを払うわけです。

 写真はこれから下りのところですが、その先に見えるようにすぐに上り。この区間、実は路面がガタガタで下りでスピードをあげて、その勢いで上るのもちょっとつらいし、草ぼうぼう状態で道路の幅員も狭く結構危険な感じ。

190810秋元牧場 (8)

 距離はそれほどではないものの、2つの坂を上り、そのゴールがこちら。写真は振り返って撮影。

 心臓バクバク状態。ボトルの水を飲んだくらいでは、生き返れません。。。

 そろそろ休憩したいところ。

190810秋元牧場 (9)

 そんなわけで、そのすぐ先のロングウッドステーションへとピットイン。

 ぼうぼうラーメンでこのままランチにしてしまおうかとも思うが、まずは心臓バクバク状態の冷却が必要。

 190810秋元牧場 (12)

 って、ことでベンチの脇にある水道を見つけて、頭からかぶろうと水をざあーーーっと出すが。

 これ、お湯?

 しばらく誰も水を出していなかったのか、完全にお湯になってます。もったいないけどしばらくお湯を出し切って、少し冷めたあたりで頭からざぶーんとかぶり、冷却。

 肩とモモにもたっぷりと水をかける。

 


190810秋元牧場 (10)

 表面的にはだいぶ冷却できたようなので、今度は内側から・・・

 ってことで、アイスクリーム。

190810秋元牧場 (11)

 カラになったボトルには自販機でキンキンに冷えた水を買い、満タンに。

 自宅からの水はすでにぬるま湯状態だったので、冷たくて美味しい!

 せっかく長柄ダムに来たからにはこれまたいつもの橋の上でも休憩。

 それにしてもここって上水用のダムですよねえ。この水の色を見るといつもながら、浄水の技術ってすごいと思ってしまう。


190810秋元牧場 (13)

 せっかくなので自転車の写真も。

190810秋元牧場 (14)

 そしてこの先は秋元牧場、長生き展望台とまわればあとは帰るだけ・・・

 ってことで、まずは秋元牧場へ。

190810秋元牧場 (15)

 牧場でお馬さんと戯れようと思ったものの、この暑さのせいか、お馬さんは外には姿無し。残念。

 牧場の中央の並木道をてくてくと進む。

190810秋元牧場 (16)

 そして牧場のはずれにあるところで、どこまでも続くようなこの景色を撮って・・・・と思ったら、肝心な草が刈られているんだか、撮影するにはイマイチでした。

190810秋元牧場 (17)

 そして長生き展望台へ。

 いつもいつも同じところで飽きないよなあ・・・と思うけど、他によるところも無いし、これはこれで結構景色もいいのでお気に入りなのです。

190810秋元牧場 (19)

 水平線?と思われるあたりをよく見ると、たぶん海なんだろうと思うけど、このカメラでは判別できず。今度はたまには車で来てみて、デジイチでも持ってきたら、海なのわかるかな?

190810秋元牧場 (18)

 展望台に到着したときはバイクが1台いただけで、ここを離れるまで、独り占め。



190810秋元牧場 (20)

 帰りがけ、ひょっとしたらお馬さんが出てきてるんじゃ?と思い、再び同じコースで牧場の中をてくてくと進むが、やっぱりお馬さんは出てこなくて、スルー。

190810秋元牧場 (21)

 そろそろさすがにお腹が減ったので、茂原街道沿いにあるラーメン屋さん「がんこ屋」さんにIN。


 こちらの「がんじろう」ってラーメンをチョイス。

 見た通りのガッツリ系で美味しくいたただき、満足、満足。

190810秋元牧場 (22)

 帰りのコースはいつもなら茂原街道を走るんですが、ZENさんに教えてもらったゴルフ場沿いの道から。このコースだと、ほぼ下り基調で車も少なくて、谷津道の入り口付近まで快適に走れます。

 その先はいつものコースで帰宅。途中、千葉市内のコンビニで休憩。

 手賀沼には16時ちょい過ぎ到着。

190810秋元牧場 (23)

 楽しい1日でした。この日の夕食は生姜焼き。帰宅後すぐに準備し、そのあとにシャワーと洗濯。夕食まで少し時間があるので、エアコンのきいた部屋でしばらくお昼寝。

 美味しくビールを飲んで、夕食食べて大満足。

 応援してね~~
  ↓↓↓


 にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

ドフラットなコースでも暑さでヘロヘロ 定番九十九里コース ②

2019.08.07.01:09

 九十九里にある金沢食堂さんにて、アじタップリセットでお腹を満たした後は、ちょっとハンドルが遠いので、すぐそばの本須賀海水浴場にちょっと立ち寄り、胃腸の消化タイムとします。

190803九十九里B (16)
 
 こちらが本須賀海水浴場。

 金沢食堂さんからものの2分くらい。

190803九十九里B (25)

 千葉県初、全国で3番目のBLUE FLAGってことで先日新聞にも出ていました。



190803九十九里B (22)

 そんな話題があったことや、この暑さってことで、駐車場もいっぱいかと思ったら、それほどではなく、ビーチも比較的すいている感じ。


190803九十九里B (23)

 せっかくならば水辺まで近寄ってみようかと思うものの、結構遠い。

 なんだか自転車ウェアでのこのこと歩いていくのもどうかと思い、このあたりで満腹となったお腹の消化タイムを過ごします。

190803九十九里B (24)

 そろそろハンドルにも手が届くかなあ・・・ってくらいになったところで、帰路につきます。

 帰りはきっと追い風モードのはずです。これを楽しみにこのコースにしたんですから。

 若干左後ろからではあるものの、軽快に進みあっという間に浪切不動院に到着。

190803九十九里B (26)

 ここも最近ではすっかり定番コースになってしまいました。

 ハンドルはそれほど遠くない程度にお腹はこなれてきましたが、この坂道を登るのはねえ・・・

 ペダルを廻すんじゃないから、それほど大変ではないですが、老人モードでえっちらおっちらと上っていきます。

 

190803九十九里B (27)

 中腹にあるこちらにも当然ながら立ち寄り、珠とハートに手を乗せてお祈りを・・・・

190803九十九里B (28)

 そしてまたよいしょ、よいしょと上ります。

190803九十九里B (29)

 結構な高さもあり、眺めもいいです。

190803九十九里B (30)

 でも残念ながら海までは見えませんねえ。

190803九十九里B (31)

 一通り見物したら、あとは帰るだけ。

 ここからも追い風モードで比較的スイスイと走れます。

 が、それも最初の数kmくらい。さすがにこの暑さに体力が奪われ(単に体力不足って可能性も大ですが)、失速。

 適当にペダルを廻し、あとは惰性って感じの走り方になり、かなりのスローペースに。

 日向駅の手前でいつもは直進するところを左折。こちらのほうがフラットではないかと思い、曲がってみたんですが、正解でした。楽ちん!

190803九十九里B (32)

 このあと南酒々井駅付近のセブンに立ち寄り、水とアイスを補給。このあたりはかなりフラフラ状態のため、写真も忘れてました。

 R51を渡り、佐倉に近づくと、印旛沼の花火大会の日であったことが発覚。佐倉ふるさと公園にも立ち寄る予定でしたが、公園周辺の自転車道は走れないはずなので、迂回して印旛沼CRにIN。


 勘を頼りに走りましたが、うまいことちょうど立ち入り禁止となる部分からCRにINできました。

190803九十九里B (33)

 花火大会のためふるさと公園に近いあたりは見物用のシートで場所取りしているところが散見されましたが、その先はほとんど自転車も歩行者もなく、日陰もほどほどあって走りやすい。


190803九十九里B (34)

 とはいえ、千葉NTを抜ける途中でかなり体力消耗状態、フラフラになってきたので、またもやどこかにピットインしようと思うもののコンビニよりもできれば公園で水を浴びたい・・・

 そう思っていたところでちょうど団地の公園発見。迷わずにIN。

190803九十九里B (35)

 さらには公園から1kmも走らないあたりでコンビニにIN。

 今度は水と飲むヨーグルト。

 

190803九十九里B (36)

 千葉NTからはほぼ往路と同じ。

 16時半を廻ったころに曙橋に到着。自宅には17時前くらいに到着。140kmちょいってくらいでしょうか。

 帰宅後はこれまた忙しく、ジャージの上だけ脱いで夕食準備。簡単にできる麻婆豆腐と無限キャベツをつくり、一息ついたところでシャワーと洗濯。夕食時は自宅からちょっと遠いけど手賀沼の花火を見て、夜は早々にダウン。

190803九十九里B (37)

 今日もいい1日でした。

 それにしても暑かったなあ・・・


 応援してね~~
  ↓↓↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村



プロフィール

Tomy

Author:Tomy
50代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR