懐かしの調布エリアへ まち歩き&プチ同窓会

2017.04.25.00:59

 4月22日の土曜日は前の週に自転車に乗った際にスポークが折れてしまったこともあり、ホイールをショップにドナドナ〜

 そしてまた年明けくらいだったか以前同じプロジェクトを担当していた先輩Iさん、そして後輩Sくんと飲み会をしたときに、その仕事が調布市だったこともあり、久しぶりに調布あたりを訪ねてまち歩きをし、夕方からプチ同窓会をしましょうってことになっていました。

 その仕事を担当していたのはかれこれもう14、15年くらい前のこと。今はそれぞれ違う仕事をしているんですが、あのころ頻繁に足を運んでいたまちはどうなったのかねえ?と飲んでいて話題になりました。

まあ、そんなわけでおっさん3人で調布付近をうろちょろしましょうってことになり、柴崎駅集合と決めて現地に向かいます。


 が、途中で後輩Sくんが日程を勘違いしていることが判明!?

 結局先輩Iさんと2人でまち歩きをすることになりました。

 場所をちょっと変更して国領駅に集まり、駅周辺を歩き、まずは南のほうへ。当時、ジューキの工場の跡地にザ・モール西友ができるとかって話がありましたが、なぜかできてみればイトーヨーカ堂。詳しい経緯はわかりませんが、そんなことをおっさん二人で話しながらまち歩きスタート。

 野川沿いも歩いたり。

20170422調布国領 (1)

 そして京王線を渡りますが、当時は京王線はまだ地下化されておらず、ちょうど地下化の話が出ていて、なぜか関係ないのに地元の方と一緒に説明会に足を運んだ記憶だけは残っています。

 野川の手前から地下化はできないため、川を越してすぐに地下に潜る感じ。写真中央の超高層住宅は国領駅前の北口にある再開発ビル。

20170422調布国領 (2)

 踏切を渡ると、今度は線路沿いを西へ、国領駅方面へと向かう。確か以前から線路沿いには道路があったと思うが、線路があった地上部は保育所のようなものができて跡地利用されていました。

 ガードレールの左側は以前は線路だった(はず)

20170422調布国領 (3)

 国領駅に近づくと、駅前の超高層住宅の姿がひときわ目立つ。実は調布市内ではこのビルが一番高い。

 西友も以前からあったけど、開発されて再び出店。

20170422調布国領 (4)

 写真右手の建物は駅舎。この下に線路と駅がある。以前はいかにも私鉄のローカルな駅って感じだったのに、駅舎は建て替わって立派になった。ただホームが地下にあるせいか、地上にいると駅前って感じがあまりしない。

 後ろの建物は駅南口の再開発ビル。国領は駅の南も北も両方が再開発されて、当時とはがらりと変わった。

20170422調布国領 (5)

 以前は申し訳にしかなかった駅前広場が北と南をつなぐ大きな広場になったけど、そんなに大きな駅ではないので、正直だだっ広すぎませんか?って感じがしなくもない。

20170422調布国領 (6)

 そして駅前には「熊王」ラーメンさん。

 以前はもう少し南よりにあったけど、ちょっと移転したみたい。

 ここではよくラーメンを食べた。今回企画した先輩、後輩とよりもまた別の上司がいて、その人とはなんどここに食べに来たことか。

20170422調布国領 (8)

 10数年ぶりに「熊王」のラーメンを食べる。

 美味しかった印象がずっと残っているが、10年以上食べていなかったので頭の中ではそれ以上になっていた感がある。確かにおいしいが、頭の中ではちょっと美化されていた感じがしないでもないなあ。(まあ美味しいんですけどね)

20170422調布国領 (7)

 途中住宅街なんかも足を踏み入れながら、布田のあたりから再び線路沿いを調布へと向かう。

 写真の左手側がやはり以前は線路だったところ。

 今後は線路の跡地をどう使うんでしょう?

20170422調布国領 (9)

 そして調布駅へと到着。

 こちらも完全に駅は地下になり、ホームがあったことで北口と南口の広場が分断されていたのが、大きく変わった。

 駅前広場は今もなお工事中。

 どうせ広場を再整備するなら北と南のロータリーを1つにまとめるのかと思ったけど、どうもそうではなく別々にするようだ。

 なんとなく不思議な気がするけど、線路があった部分は京王電鉄の土地で駅前広場は市の土地だから?とか?



20170422調布国領 (10)

 工事完成まではもう少しかかるみたい。

 今度は自転車で来て、もう少し周辺まで足をのばしてみたいものだ。

20170422調布国領 (11)

 写真の右手に建設中の建物は線路、ホームのちょうど上にあたる部分。ここに商業ビルを建設しているみたい。

 駅前広場を分断しないような感じに広場を避けて建設されている感じです。

20170422調布国領 (12)

 以前はホームから西を見ると八王子方面と多摩センター方面に分岐する線路が見えたんですが、その分岐するあたりにも建物が建設されていて、シネコンができるみたい。

20170422調布国領 (13)

 ちょっと角度を変えて、再び駅前広場。

 線路が地下化されるとこんなにだだっ広い空間になっちゃうんですね。商店の方々は駅が地上に無いと、電車に乗っている人が、ここってどんなまち?ちょっと降りてみようか?ってことになりにくいって聞いたことがあるんですが、どうなんでしょう。

20170422調布国領 (14)

 さて、今回の目的の1つ、あるお店によること。

 当時お世話になった方が今も商売を続けているはずなので立ち寄ってみました。

 すでに80歳とのことでしたがお元気そうでなによりです。以前もあれやこれやとおしゃべり好きでしたが、80歳になられた今もおしゃべり好きは健在でした。(笑)

 結構長話をしてしまいました。

20170422調布国領 (15)

 そういえば、この調布市は漫画家の水木しげる先生が住んでいたまちで色んなところにゲゲゲの鬼太郎のキャラクターなんかがあったりします。

20170422調布国領 (16)

 そして夕方から先輩Iさんと2人になってしまいましたが、居酒屋にてプチ同窓会?

 楽しい時間を過ごせました。Iさん、ありがとうございます。そして今回参加できなかったSくん、今度またやりましょう。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

”おみちょ”へ行ってきたヨ 3

2015.12.06.18:09

 昨日は久々にそこそこの距離を走りました。久しぶりのせいか、距離の割には疲れたって感じ。いつものごとく写真も撮ったので記録しておきますが、前回の金沢が残っていたので、まずはこちらから・・・

先日11月最後の週末は金沢に出張。

 その際、以前から訪れてみたかった”おみちょ”こと近江町市場と東と西の茶屋街、ひがし茶屋街、にし茶屋街などをフラフラと歩いてきました。

 関東は天気が良かったようですが、北陸地方は残念ながら雨が降ったり、やんだりの天気でした。金曜昼くらいに到着し、少し市内をふらついてから仕事先へ。そして1泊してから翌日は朝から市内をてくてく。

 金沢駅前から近江町市場、ひがし茶屋街、金沢城、香林坊を抜けてにし茶屋街へと歩いたところまで書きましたので、その先を。

 市内の見どころとして兼六園と21世紀美術館に立ち寄りたかったものの、天気を考えると、兼六園は次回として21世紀美術館へ。にし茶屋街からは少し距離があり、すでに足もかなり疲れが溜まってきたので、バスを活用。

 城下まち金沢周遊バスで移動します。

20151128金沢富山3 (6)

 にし茶屋町のすぐそばの広小路から21世紀美術館まで。

 バスロケーションシステムが完備していて、次のバスが到着するまでの概ねの時間が表示されているので、待ち時間にイライラすることもあまりありません。

20151128金沢富山3 (5)

 それほどの距離ではないものの、荷物を担ぎ傘を差しながらでは、バス利用が正解でした。

 21世紀美術館に到着。雨はしとしととまだ降っているので、全景写真を撮りたくてもあまり時間がないため、証拠写真的に1枚。

 こちらは妹島和世さん・西沢立衛さんの設計。建物をゆっくり見たいが、残念ながらそんな時間がないため、ぐるりと1周歩くのがいいところ。

 ちょうど企画展示がされていて、館内はかなりにぎわっていたため、チケットを買うにも大行列。ドけちで時間の無い私にはフリーで見られるところだけをささっと見るだけ。

20151128金沢富山3 (1)

 実はこのあと金沢から富山に移動するため、ほとんど時間がなくなってきました。荷物を抱えながら、足早に歩きます。

 チケットレスで見て回れるところも多少誰のどんな作品かを見ていきたかったものの、時間がなく、素通りに近くなってきました。

 できれば「スイミング・プール」も見たかったものの、今回は諦めです。

 

20151128金沢富山3 (2)

 展示物じゃないけど、EVがちょっと気になり、写真に収めます。

 実は上の階でたまたまある人がEVのボタンを押しているものの、その先は大きな吹き抜け空間でEVのシャフトは見当たらず、不思議な感じ。

 よく見ると、油圧式で下からEVのカゴの部分が持ち上がってくるようになっているようです。

20151128金沢富山3 (3)

 地下の展示室もぐるっとまわり、再び1Fへ。

 このさっぱりとした感じの設計がなかなかいいなあ、とは思うものの、夏場の西日対策とかどうなっているのか?空調の負荷が大きくないのか?とは気になったり。

20151128金沢富山3 (4)

 外部に出てみると「カラー・アクティヴィティ・ハウス」があります。

 角度によって色が変わったりするようですが、これまた時間があまりなくてささっと見るくらい。

20151128金沢3 (1)

 そしてこちらは「ラッピング」。

 このほかにもいろいろと外部展示もありましたが、そろそろ富山への移動時間。

 再びバスに乗って今度は金沢駅へと移動。
 

20151128金沢3 (2)

 金沢から富山へは高速バスで移動。1時間ほどです。

 かなり歩いたので、バスの中ではうたた寝を。

 富山の駅前は10年以上前にやはり仕事で来たことがありますが、新幹線の開業でだいぶ変わったみたい。でも、以前の光景があまり思い出せるほどの記憶なし。


20151128金沢富山3 (7)

 富山に来たのは、ある目的があってきましたが、これまた市内をちょっと歩いていくところなので、それに合わせて市内をぐるぐると歩き回ってきました。

 新幹線の駅の下には市電の駅がありました。

 昔ながらのチンチン電車っていう感じの車両とライトレールと言う感じの最新式のものが共存しているようです。



20151128金沢富山3 (8)

 今回の目的地は駅から少し南にあるので、これまた雨の中をてくてくと歩きます。
 
 県庁前公園のあたりまで来ました。

 噴水の脇(左)にあるのは富山市役所のアンテナ?と展望施設。ここも立ち寄りたかったところですが、この天気と残された時間を考えると難しそうなので、次回にしましょう。どうせなら天気がいいときに立山連峰を眺めたほうがいいですしね。



20151128金沢富山3 (9)

 すぐそばにはこんな感じのガラス張りの不思議な建物。

20151128金沢富山3 (10)

 もう少し歩いて、富山城のあたりへ。

 どうもこの枠を使って写真を撮れってことでしょうか?

20151128金沢富山3 (11)

 もうちょっと寄って富山城を1枚。

 でも・・・市役所の展望台で台無しな感じ。

 景観的にOKなのかね?

20151128金沢富山3 (12)

 そしてその先まだ目的地まではひたすら歩き、用事をすませる。

 富山駅前までの戻りは疲れたので路面電車を利用。

 さすがに外をしばらく歩いたので手がかじかんで寒かっただけに、路面電車の車内が暖かく、お尻がポカポカでうっかり寝過すところでした。

20151128金沢富山3 (13)

 ずいぶんと古くて昭和を感じさせる車両が走っているかと思うと、これまたここ最近デビューしたと思われる車両が走っていたりと、眺めていても結構面白い。

20151128金沢富山3 (14)

 新幹線に乗る前に駅の下のお土産コーナーなんぞを歩き回り、お弁当?とビールを購入。

 ホームに上がって新幹線を待つ。雪国のため冬場の吹雪でも大丈夫なような感じの作りになっていました。でも、屋根があるだけで、外気の冷たさはそのままなので、かなり寒いです。早く新幹線に乗りた〜い!


20151128金沢3(3)

 新幹線の車内乗り込むと、暖かくてほっとします。そしてビールも飲みたくなってきました。

 駅の下で購入したのは富山名物の「鱒のすし」ではなく、「焼きサバ寿司」。鱒のすしは食べたことがあるし、お値段も思ったより高く、その点こちらのサバ寿司はリーズナブルでしたし、脂ののったサバがビールにあうんじゃないかと・・・

20151128金沢富山3 (15)

 サバ寿司は大正解でした。ビールとともに美味しくいただき、しばらくうとうとしていたら、あっという間に到着。昔は富山に行くのに、JRの特急で随分時間がかかったイメージがありましたが、新幹線ならそれこそあっという間です。便利になりました。


にほんブログ村


にほんブログ村







”おみちょ”へ行ってきたヨ  2

2015.12.02.01:41

 11月最後の週末は金沢への出張があり、それを延長して金沢市内と富山市内を歩いてきたので、自転車は無し。まあ、その分まち歩きを楽しんできたってことで、その記録をしておきます。

 金沢駅、近江町市場(おみちょ)、そして主計町あたりまでを書きました。そのつづきで、いよいよひがし茶屋街へと潜入します。

 こちらへ足を踏み入れたのは土曜の朝でした。確かまだ9時にもなっていないころだったはず。

 すでに観光客はちらほらといましたが、ちょうど誰もいなくなったときにパチリ。なかなかこんなに誰もいないひがし茶屋街の写真も撮れないのではないでしょうか。

20151128金沢富山2 (2)

 このときも雨が降ったり、やんだりとあいにくの天気でしたが、いい雰囲気なのは変わりなし。

20151128金沢富山2 (1)

 確か突き当りを左に入ったあたりにこのお店がありました。お酒が飲めるお店です。でも、朝は9時スタート。

 残念ながらまだ9時にはなっていませんでした。その先の神社あたりをうろちょろしていると、ちょうど9時になり、お店の前に戻るとちょうど1番目のお客さんが・・・

 つられて一寸一杯と行きたいところですが、我慢、我慢。。。

20151128金沢富山2 (3)

 歩いていると、ちょっと気になるものが・・・

 軒先にどうもトウモロコシを干したようなものがあります。調べてみると、、「四万六千日」(とうきび祭り)にお参りして頂戴してくるものとのこと。トウモロコシは魔除け、祝福を意味するようです。健康、商売繁盛、無病息災につながるということで、どこも軒先にこれをぶら下げているんだとか。

20151128金沢富山2 (4)

 ひがし茶屋街としての並びは基本的には1本の通りのようですが、その周辺にもいい感じの建物は点在していました。

20151128金沢富山2 (5)

 脇道にそれて、浅野川の少し上流に出て、そこから再び市内中心部へと向かいます。

 写真は旧石川銀行橋場支店。このすぐ裏に水路のようなところがあり、初夏になると蛍がいるんだとか!?こんな市内で蛍が飛び交うとは驚きです。

20151128金沢富山2 (6)

 このあとも雨が降ったりやんだりの天気が続きますが、ひたすら歩きつづけます。

 そして金沢城へとやってきました。

 まだ色づいた紅葉があるので、城をバックにと思いますが、なかなかうまくいきません。

20151128金沢富山2 (7)

 せっかくなんでお城の写真は別にということで撮りましたが、どうもイマイチ・・・


20151128金沢富山B (1)

 城の周囲を歩く感じで、香林坊方面へと向かいます。

 香林坊の109の裏に突如として現れる川があります。どうやら国道157号の下を暗渠でくぐりを南東のほうから流れて来るようです。この川沿いにはなかなかいい感じのお店が並んでいました。

20151128金沢富山B (2)

 この川沿いの建物へのアプローチがまた変わっています。

 佐原の十二橋?にも似たような感じの橋を渡るようになっているところが多く見受けられます。


20151128金沢富山2 (8)

 十二橋とはさすがに橋の長さも、つくりも違うけど、なんとなくって感じでしょうか。むしろ、アムステルダムの市内で見た光景に近いかもしれません。

20151128金沢富山2 (9)

 香林坊を抜けると、犀川があり、これを渡って少し進んだところがにし茶屋街です。

20151128金沢富山2 (10)

 にし茶屋街はひがし茶屋街に比べるとちょっとこじんまりした感じでした。実はすっかり忘れていたんですが、長町武家屋敷跡のあたりをすっとばしてしまっていました。次回はぜひ武家屋敷跡も見なくちゃなりませんね。

20151128金沢富山2 (11)

 そのほかにやはり金沢と言ったら兼六園に寄らない手はありませんが、さすがに天気がイマイチなので、それは次回ということで・・・

 あと1つ、どうしても金沢で見ておきたいところがあります。21世紀美術館です。

 でも時間的余裕もなくなってきました。てくてく歩くには限界です。さて、どうしましょう?

 まだ、つづきますヨ〜


にほんブログ村


にほんブログ村

”おみちょ”へ行ってきたヨ  1

2015.11.29.20:50

 自転車ネタではありませんが、出張で金沢に行く機会があり、その際に金沢のまちと富山のまちを歩いてきましたので、その記録を残しておきます。富山までは以前行ったことがありますが、その先はまだなくて、最初はさらに足をのばして知人の住む福井にもと考えていましたが、そこまでは時間が取れないため金沢と富山を歩いてきました。

 「弁当忘れても、傘を忘れるな」というくらい、金沢のこの秋から冬のシーズンはどんよりし雨も多いらしいため、傘を必ず持つようにってことらしい。そんな言い伝えは知りませんでしたが、もともと雨の予報でしたので長い傘をもって出張スタート。

 新幹線を降りて、駅前に出ると大きなガラスドームに囲まれた駅前広場に出ます。この金沢駅は世界で最も美しい駅に選ばれたこともあるんだとか。

20151128金沢富山 (1)

 駅前の左右にはバス乗り場とタクシー乗り場が分かれていますが、駅を背にして左側のバス乗り場側からガラスドームを見るとこんな感じ。

20151128金沢富山 (2)

 正面の鼓門は非常にでっかくって、こんな感じになっています。

 両側の木々は冬支度に向けてもう雪吊り仕様になっていました。

20151128金沢富山 (3)

 駅前広場の地下には鼓門や駅前広場の模型が飾ってあります。これを見ると、全体像がわかりやすいですね。

20151128金沢富山 (4)

 整備されたことでわかりやすくなったと思いますが、ある意味昔のまんまの姿ってのも、地方に来たなあって気がしてよかったような気もしますが、やっぱりきれいでわかりやいほうがいいですかね。

20151128金沢富山 (5)

 冒頭にも書きましたが、雨が降ったりやんだりの天気でした。

 11月下旬に毎年一度物凄い雨と雷になり、これを「ぶり起こし」というそうです。今年は25日の木曜日がそうだったようです。

 残念ながら?自分にはその様子を見ることができませんでしたが、せっかく来た金沢でそんな天気じゃいやですよね。

 でも、歩いている途中にカチンカチンと音がし始めたとおもったら、物凄い勢いで雹が降ってきました。傘を突き抜けるんじゃないの?って感じでしたので、近くの自転車置き場に避難。

 脇の花壇の写真を撮ると、こんな感じで雹が・・・


20151128金沢富山 (6)

 避難したところはちょうど市内のレンタサイクルの置き場でした。この週末も乗れないと思うと、せめて天気が良ければ金沢の市内を自転車で走るところですがね・・・

 ああああ・・・来週こそは!

20151128金沢富山 (7)

 そしてようやく近江町市場に到着。

 今回見たかったところの1つです。

 この近江町市場のことを「おみちょ」って言うようです。もとはアメ横のガード下のような感じのお店が連なっていたところを、防災上の課題などから再整備したものです。ちなみに正面の茶色の建物は北国銀行で村野藤吾氏による設計。ちょうど国道の交差点の整備のため一部曳家して再整備したようです。

20151128金沢富山 (8)

 中に入ってみるとこんな感じ。

 まあ、市場ですからね。

 ちなみに右側は再整備された建物(黒い壁の部分)で、左側は以前からのままです。

 

20151128金沢富山 (9)

 写真は金曜の昼くらいに撮影したものですが、駅前もここまでの道中も人の姿はまばらでしたが、このおみちょの中は凄い人出でした。

20151128金沢富山 (10)

 扱っている商品はやはり海産物が主のようですが、野菜や肉ももちろんあるし、飲食店もいくつも入居しています。

 せっかくですからどこかで食べて・・・と思いましたが、どう見ても観光地料金。それでも観光客はどこもかしこも行列です。

 観光地化してきても、市場や役所のそばはリーズナブルなお店が多いはずですが、さすがにこの市場自体が観光地になってしまっているようで、リーズナブルとは言えなさそうな感じなので、あきらめました。

 というより、並んでいる時間がありませんでした。

20151128金沢富山 (11)

 能登半島のサテライトショップのようなところがあって、そこではうどんが350円とお安く、サザエのつぼ焼きが2つで500円でしたので、こちらに決定。並ばずにつぼ焼きの時間さえ待てばすぐに食事にありつけました。

20151128金沢富山 (12)

 サザエはもちろん、うどんも優しい感じの味で美味しくいただきました。

20151128金沢富山 (13)

 ちなみにこのビル内の通路は24時間オープンとのこと。わざわざ足を運んだわけではないんですが、通りかかったときに一歩足を踏み入れてみるとこんな感じでした。



20151128金沢富山 (15)

 今回金沢で歩いてみたかったところは、近江町市場のほかにひがし茶屋街、にし茶屋街などの重要伝統的建造物群保存地区。

 天候は悪かったですが、歩ける距離なのでなるべくなら市内はてくてくと歩く主義。途中主計町(かずえまち)を通りますが、泉鏡花の生家があり、今では記念館になってたりします。このあたりは土曜の朝のうちでしたので、まだ会館前でした。


20151128金沢富山 (16)

 そのすぐ前には4m未満と思われる道路。でも、そこに自転車、歩行者の印がありますが、ここまでしなくても・・・って気もしますね。

 道路の中心付近に幅20cmくらいのコンクリートの部分がありますが、ここには融雪のためのパイプが埋められています。今回歩いている途中に雹が降ったことや前の晩の雪が残っていたこともあり、ところどころで融雪のための散水がされているところを見ることができました。


20151128金沢富山 (17)

 浅野川を渡って、ひがし茶屋街に向かいます。

<20151128金沢富山 (19)

 でも、なかなかいい雰囲気なので、再びもどってお店の並びをパチリ。いい雰囲気ではあるものの、さすがに朝のうちで、お店の営業時間まではまだ間があるため、ちょっと寂しい感じ。次回はお店に寄れるようにしたいものです。

20151128金沢富山 (18)

 つづく。。。


にほんブログ村


にほんブログ村





横浜まち歩き その3

2015.03.22.20:40

 もう早いもので1週間経過してしまいましたが、先週3月14日(土)は職場の関係イベントで横浜のみなとまちのまち歩きを楽しんできました。人的交流のある横浜の方々との合同ということで、いろいろな意味で楽しいイベントでした。

 桜木町駅に集合し、みなとみらい地区、県庁等の官庁街から山下公園の横を通り、みなとの見える丘公園のほうへと歩き、外人墓地の脇を抜けて外交官の家へと到着。

20150315よこはままちあるき3 (1)

 ここは中をゆったりと見学することができますが、すぐ横にお茶を飲めるスペースも用意されていて、さすがに疲れたメンバー数人は早速お茶タイム(ビールを飲んでたみたいだけど。。。)

 まずは1Fの大客間。

 

20150315よこはままちあるき3 (2)

 2Fには書斎があります。

 我が家にもこんな書斎があればなあ・・・

20150315よこはままちあるき3 (3)

 ここは何だったか・・・2Fの寝室の横だったかな?

20150315よこはままちあるき3 (4)

 こちらは2Fの寝室

20150315よこはままちあるき3 (5)

 寝室の横には浴室とトイレ

 なんだか、昨年秋に行ったサヴォア邸の浴室に似ているような。バスタブしかないから似てても当然か。。。

20150315よこはままちあるき3 (6)

 階段を下りてきて1Fへ。

20150315よこはままちあるき3 (7)

 1Fの食堂

20150315よこはままちあるき3 (8)

 1Fの小客間

20150315よこはままちあるき3 (9)

 そして日当たりのいいところにこんなサンルームがあります。

 

20150315よこはままちあるき3 (10)

 内部にはこんな模型も飾ってあります。模型はちょっと普通の家っぽい感じ。やはり1枚目の写真のような重厚感は模型で再現するのは難しいですね。

20150315よこはままちあるき3 (11)

 これでほぼ一巡。あとは丘を下って元町のあたりへと戻ってきました。

20150315よこはままちあるき3 (12)
 
 元町の商店街の道路の幅員はちょっと狭いため、1F部分をセットバックして歩行空間を設けて、買い物客が歩くスペースをとることで、いい感じの商店街が形成されています。なかなか土地所有者が多かったり、1Fの賃料の高く取れるところをセットバックするには了解を得るのは大変ですが、そのかいあっていい商店街になっています。

20150315よこはままちあるき3 (15)

 たくさん歩きましたんで、当然そのあとはビールを飲まなきゃ!ってわけで中華街へとやってきました。

 案内役のSさんがどんどん中華街を歩いていくと、どう見ても一見さんでは入れないようなビルの中に入っていきます。さらにビルの上層階にある中華店へ。ここでは2つの会社の方々で交流会って感じで楽しい時間を過ごすことができました。
 
 発案者であるわが社のNさん、そして全般のセッティングをしていただいたOさん、案内役のSさんありがとうございました。非常に楽しいまち歩きでした。ぜひとも2回目をリクエストしたいところです!!
 
20150315よこはままちあるき3 (16)

 ちなみに歩いたコースはこんな感じ。ルートラボによると約8.2kmとなっていました。楽しい1日でした!



にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



プロフィール

Tomy

Author:Tomy
40代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR