fc2ブログ

近江八幡 ラ コリーナ

2023.11.23.21:47

 ちょいと前のことですが、”仕事”で琵琶湖のそばへと行ってきました。

 ずいぶんと久しぶりに乗る新幹線「ひかり号」で米原へ、そこから在来線で近江八幡へとやってきました。

 

23102324ラコリーナ (1)

 まったく縁のなかった近江八幡。初めて来ました。



23102324ラコリーナ (2)

 今回同行者が別の列車で来ることになっていましたが、なんと新幹線の道中、沿線火災で2時間近く遅れての到着。こんなハプニングがありました。

 駅からてくてくとしばらく歩いて、市役所へ。

 市役所っていうより学校みたい。


23102324ラコリーナ (3)

 近江八幡といえば、やっぱり話題の場所は「ラコリーナ近江八幡」。
 
 行ってきました。


23102324ラコリーナ (4)

 一歩足を踏み入れると、独特の景観。


23102324ラコリーナ (5)

 こんな建物見たことないなあ・・・

 さすが藤森建築!


23102324ラコリーナ (6)

 斜面状の屋根いっぱいに緑が。

 どういう設計になっているのか。かなり気になります。


23102324ラコリーナ (7)

 お土産を買うことが目的ではなく、とにかく見学したかったので、園内をぐるぐると。



23102324ラコリーナ (8)

 あの突き出た部分は何?と思ったら、たねや クラブハリエの本社でした。

 ここは残念ながら入れません。


23102324ラコリーナ (9)

 外装は銅らしい。


23102324ラコリーナ (10)

 それにしても天気が良かったので、園内をじっくりと散策できたし、写真も撮れたので大満足。

23102324ラコリーナ (15)

 「たねや」と「クラブハリエ」のメインのお店とは別に2階建てバスがおいてあったりするエリアもあるので、結構面白い。


23102324ラコリーナ (18)

 パーゴラのようになったところの一番先っちょのところに行ってみると・・・

 何やら小さな扉がある。


23102324ラコリーナ (16)

 その先にはさらに小さな扉が・・・


 なかなかの遊び心。

 何もないと言ってしまえばそれまでですが、どこにでもあるようなショッピングセンターとは違って、これはこれで面白い。人を惹きつける魅力がたっぷり。

23102324ラコリーナ (17)

 さて、それでは内部に。

 人気商品のバームクーヘンの工場になっています。

23102324ラコリーナ (20)

 ただ、この状態だと切り分ける前なので、前情報なしでこれが何か?を当てるのは難しいかもしれません。

23102324ラコリーナ (11)

 お店がもちろんメインでしょうが、工場のほかショールームのような感じのスペースもあります。





23102324ラコリーナ (19)

 メインのショップはこんな感じで、平日なのにたくさんのお客さん。

 バームクーヘンの甘い香りが漂ってきます。


23102324ラコリーナ (13)

 当然、この園内でも食べることができ、屋内以外にもこんな感じのしゃれた屋外のテラスのような席もあります。


23102324ラコリーナ (12)

 まあ、当然といえば当然でしょうが、てくてくと歩いて疲れたこともあり、コーヒーとバームクーヘン食べちゃいましたヨ。

 甘さも控えめな感じで、美味しかった~~


23102324ラコリーナ (14)

 さて、お茶も飲んだことだし、仕事、仕事・・・・

 ラコリーナはちょっと郊外のため、バスで再び駅に近い中心部のあたりへと移動。

 白雲館へ。ただ時間が無いので、ここは外観だけ。


23102324ラコリーナ (22)

 すぐそばには八幡堀。

 佐原の小野川沿いや十二橋ともちょっと違って、独特の雰囲気。

 ここが見たかったんです。


23102324ラコリーナ (23)
 
 少し歩いて八幡山方面へ。さすがに山を登る時間はない。

 ロープウェーの姿だけパチリ。


23102324ラコリーナ (24)

 とはいえ、せっかくなので日牟禮八幡宮だけはちょっとだけ。


23102324ラコリーナ (25)

ささっと見物。


23102324ラコリーナ (26)

 結構古い時代の家屋がそのままに残っていて、眺めながら歩くのは楽しい。

 ちなみにこちらは日本橋西川の発祥の地とのこと。ここから江戸に進出したようです。


23102324ラコリーナ (27)

 貴重な街並みが残されています。


23102324ラコリーナ (28)

 新町通り。高層ビル群もいいけど、ゆっくりとした時間の流れを感じる、いい感じの街並み。

 たっぷり歩けて、満足、満足。

23102324ラコリーナ (29)

 で、仕事はどうした?

 ちゃんと仕事しているのか?


応援してね~~


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村



















スポンサーサイト



富山&越中八尾 ③

2023.09.18.23:54

 もう1か月以上前のことになりますが、中途半端になっていたので、記載しておきます。

 7月後半、富山市へ”出張”

 遊びに行ったわけではなく、仕事です。

 たぶん。。。。

 コロナの影響ですかね、出張もずいぶんと減った気がします。が、今回は1泊旅行、ではなく1泊の出張。

 電車ではなく、こんな感じの汽車で富山から越中八尾へとJRのローカル線で向かいます。

 行先もなんて読むんだったかな?いかにも山の中っぽい感じの地名ですね。

230728越中八尾 (22)

 越中八尾といえば、「おわら風の盆」が有名で、こんな感じの古いまちなみの夕暮れ時の灯篭っていうんでしたっけね、両脇に連なった光景がなんとも言えない雰囲気。それを見たかったんですが、さすがに1か月以上も前なので、準備もされておらず、普段の様子と変わるところはありませんでした。残念。



230728越中八尾 (23)

 でも、こんな感じのまちなみはそうそうあるものではないので、来たかいがありました。

 それにしても人が少ないです。特に人がいなくなるのを見計らって写真を撮ったわけではないんですが、まちを歩く人はかなり少ない感じです。


230728越中八尾 (1)

 人がいないのはとにかく暑いからかも・・・

 この日も当然ながら猛暑。ちなみに翌日はあまりの暑さのためJR線の線路が伸びてしまったのか、一時線路点検のため運転見合わせになっていたみたいだし・・・

 古いまちなみの脇に小道があり、その先には公園があるようでしたが、かなり階段が続いているようで、行ってみたい気持ちはあるものの、暑さのため断念。


230728越中八尾 (2)

 古いまちなみのほとんどは住宅のような感じでしたが、すこし移動するとお店もちらほらと。



230728越中八尾 (3)

 昭和を感じる懐かしの駄菓子屋さん。

230728越中八尾 (4)

 外観を撮るのを忘れてしまいましたが、そば屋さんの名店「高野」さんへとIN。

 にしんそばは絶品でした。


230728越中八尾 (5)

もうちょい時間があるのでまちなみを散策。


230728越中八尾 (6)

 北側へと移動すると、これまでの少し傾斜したまちなみから一変して、崖地のようなところへ。

 見事な石垣があります。


230728越中八尾 (7)

 よく見るとこんな感じ。

 自転車ではきついなあ・・・なんて思うものの、これだけの石垣を整備したのも大変でしょう。

 山を切り崩して市街地を作ったんですかね。


230728越中八尾 (8)

 北を望むとこんな感じ。奥のほうに見えるのは富山市の中心部でしょう。

 富山駅まで直線にして20kmもないくらい。意外と距離はありません。

 ロードであれば1時間ちょいあれば行けるでしょう。


230728越中八尾 (9)

 石垣沿いを歩いているとこんな階段がありました。

230728越中八尾 (10)

 この階段のあたりでおわら風の盆のメイン会場にもなるみたい。

 せっかくならばその時期に見学に来てみたいものです。

 が、仕事なんでね。そうタイミングよく来れるわけではありません。

230728越中八尾 (11)

 そのあとは少しJR高山線沿いを高山方面へ。

 リバーリトリート雅樂倶へ。

230728越中八尾 (16)

 宿泊するんじゃないですが、ちょっと見学させていただきました。

230728越中八尾 (12)

 ロケーションはいいし、内装も凝ってます。

230728越中八尾 (13)

 草間彌生さんの七色の富士が飾ってあります。

230728越中八尾 (14)

 庭からの眺めもいいです。

 堰になっているのかと思ったら、ダムで発電所にもなっているみたい。

 堰の形状がこれまたちょっと変わっていて、古びた感じがなかなかエエです。

230728越中八尾 (15)

 内部の調度品も素晴らしい。

230728越中八尾 (17)

 落ち着いた雰囲気がまたなんとも言えず、いいです。

 平日ってこともあり、宿泊者と思われる方とはまったく会いませんでしたが、静かなホテルでのんびり過ごすってのもいいものでしょう。一度泊まってみたいところです。


230728越中八尾 (18)

 てくてくと歩いて、JR高山線の笹津駅へ。

 ここから汽車で富山へ。ローカル線なんで電車ではなくディーゼルカー。ジョリジョリ・・・ってエンジンをうならせて走ります。

230728越中八尾 (19)

 富山駅へと到着したものの、予約している新幹線は夜。

 しばらく時間があるので、再び駅周辺へと移動し、世界一きれいなスタバへ。

 せっかくなので、そこでパソコンを開いて、ちょいと仕事を・・・・

 仕事がはかどったかどうかは別として、これも貴重な経験です。後日の話題のために・・・


230728越中八尾 (20)

 仕事が終わってもまだ時間があったので、それじゃあねえ・・・ってことで駅近くの居酒屋でちょいと飲んで・・・

 そして締めにはやっぱり富山名物を食べなくちゃってことで、「富山ブラック」を食べてきました。


230728越中八尾 (21)

 見た目の通り、色が濃ければ味もかなり濃い。それも色の通りって感じ。

 美味しいと言われれば美味しいけど、正直ちょっと濃いかな・・・って感じ。

 でもその土地に来たからには一度は食べてみたくなるものです。


 ところで本当に仕事だった・・・・・?



 さあ・・・?

応援してね〜〜
 ↓↓↓



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村














富山&越中八尾 ②

2023.08.15.18:14

 ちょいと時間が空きましたが、先日の富山出張の続きです。

 せっかくの出張。時間を見つけてまち歩きをしない手はありません。

 富山駅前のあたりからLRTで15分ほどでしょうか。海辺のまち、岩瀬へと向かいます。

 関東近辺ではLRTは宇都宮で新規開業する以外は都電くらいしかないせいか、新鮮です。

230727-28富山2-0

 東岩瀬駅にて下車。もとはJR線の在来線の駅だったため、先ほど乗ったLRTの車両とはうってかわって懐かしい感じの駅舎。

 駅舎自体は在来線の頃のものをそのまま残していて、駅舎としては利用はされていません。保存建造物って感じでしょうか。


230827-28富山2 (1)

 北前船寄港地岩瀬の街並みを歩きます。

230827-28富山2 (2)

 まちなみにあわせて、コンビニの看板などの色が制限されているエリアってよくありますが、岩瀬では自販機もその対象のようで、近寄ってみると・・・・

 魚釣り用のエサの自販機でした。(笑)

 釣りは普段しないんですが、エサの自販機ってのもあるんですね。知りませんでした。


230827-28富山2 (3)

 このあたりは酒蔵もいくつかあるようです。


230827-28富山2 (4)

 北前船回船問屋 森家では建物内の見学もできます。

 港町が栄えたころがうかがえます。


230827-28富山2 (5)

 日本地図が張ってありましたが、南北が逆。

 ぱっと見るとどこの地図なのかわからない感じ。

230827-28富山2 (6)

 中庭があったりと、なかなか立派な旧家。

 右手の奥にはいい感じのバーがありました。

 ビールが美味しそう。。。。

 


230827-28富山2 (7)

 それにしても魅力的な酒蔵が多かったです。


230827-28富山2 (8)

 一番端、北側まで歩いて、そのまま岩瀬浜の駅へと到着。

 ここから市内中心部へと戻ります。


230827-28富山2 (9)

 富山駅を通り過ぎ、市内中心部へと移動。

 そしてToyamaキラリへと到着。前回富山に来たときは残念ながらこちらは見ることができなかったので、見学しておきたかったところです。

 隈研吾氏が設計したキラリ。

 ガラス美術館は見学していませんが、図書館部分を見学。


230827-28富山2 (10)

 大きな吹き抜けはかなりダイナミックな空間。

 排煙はどうなっているのか?ちょっとした疑問もありますが、とりあえず下から上までざっと見学。


230827-28富山2 (11)

 そのあとは道路の反対側のこちらの場所へ。

 富山グランドプラザ。


230827-28富山2 (12)

 今回もたっぷり遊んでしまいました。いや、たくさん仕事をしたのだ。。。。(笑)

 つづく。

応援してね~~~
  ↓↓↓


にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村

どれかポチッとしてね〜〜








富山&越中八尾 ①

2023.08.06.21:15

 先日、富山へと出張してきました。

 ということで”仕事”なので、自転車ではないです。

 富山市は駅の南側の市街地は行ったことがありますが、北側はあまり行った記憶がありません。が、地図を見ると、気になる場所もあり、今回はちょっくら散策を。

 それにしても富山のまちはきれいだなあ・・・と。残念ながら以前の駅前を知らないのでなんとも言えませんが、新幹線ができたときに駅の大規模な改修をしてきれいに整備されたのでしょうか。それとも旧富山港線と富山地方鉄道の市内電車とがLRT化したり、会社吸収合併などで1本化されて利便性が高まったりしたことが要因なのでしょうか。

 

230727富山 (3)

 駅前から北へと歩くと、だだっぴろい道路。幅員60mの都市計画道路のようです。
 
 駅前のわりに高いビルも少ない感じ。市街地はやはり駅の南側ってことか。

 駅前を走るLRTは以前は国鉄の線路でもう少し東側にあったものを新幹線駅下を南北接続する形式でLRT化して通れるようにしたみたい。

230727富山 (1)

 自転車は押し歩きしないといけないようです。

 「自転車は押してください。」ではなく、「おしチャリ」とのこと。

230727富山 (2)

 少し北へ歩くと、道路内そしてさらには橋の上の部分にこんなものが・・・・

 なかなか大胆です。

 炎天下で誰もいませんでしたが、もうちょい季節のいい時期だとここで休憩する人もいるんでしょう。

230727富山 (5)

 さらにちょっと歩くと、富山市総合体育館。



230727富山 (6)

 そのまま北西方向へと進むと、富岩運河環水公園があります。



230727富山 (8)

 遊歩道を歩いていると、アート作品が展示されていました。

 見ていて楽しいですが、実はこの日、やたらと暑くて、すでに汗びっしょり。

230727富山 (7)

 目的地はこのすぐ先にある富山県美術館。

 そうそう、これが見たかったのです。

 ・・・・・・仕事中では?

230727富山 (9)

 仕事中なので、のんびりと館内見学とはいかないので、無料で見学できる屋上の”オノマトペ”を見学。

 結局、遊んでるんじゃねえか・・・?

230727富山 (10)

 オノマトペとは、「ぐるぐる」「ひそひそ」などの擬音語・擬態語のこと。

 プリプリ・・・とかね。


 これはウトウト・・・だったかな?

230727富山 (11)

 見てそのままにふわふわ。

230727富山 (12)

 つるつる。

230727富山 (14)

 屋上からは公園全体を眺めることもできます。

 が、まあ何とも暑いこと。

230727富山 (13)

 屋上にいたら暑くて干物になりそうだったので公園に戻ってきました。

 よく見ると閘門がありました。

 でもずいぶんと水が濁って溜まっている感じなので現役ではないのかもしれません。

230727富山 (15)

 公園の中にはこんな感じの橋があります。

230727富山 (16)

 対岸には世界一美しいスタバと言われるお店がありました。

 まあ、確かにいいロケーションです。 

230727富山 (17)

 運河を行きかう水上交通も。

 これにも乗ってみたいなあ・・・・・

230727富山 (19)

 ところで本当に仕事・・・・?

 ラーメンを食べて、さて仕事へ。(?)

230727富山 (18)

 つづく。

応援してね~~~
  ↓↓↓


にほんブログ村


にほんブログ村



にほんブログ村

どれかポチッとしてね〜〜



”にゃーごや”と”岐阜”あたり ③

2022.11.27.22:59

 まだまだ腰痛は改善せず。。。。

 仕方がないので、先日から記載している岐阜・名古屋方面出張のときのまち歩きの記録の続きです。

 9月初旬、岐阜・名古屋へと出張。ありがたいことに1泊し、2日目の名古屋での打ち合わせのあと、三重県・四日市市へ移動。行きは近鉄線。結構お客さんも多く、都内の私鉄とも変わりません。

 四日市といえば小学校の時の社会の授業で「四日市コンビナート」を覚えてます。関東なら川崎、千葉・市原付近の工場地帯のような感じでしょうか。

 近鉄四日市駅の前に立つと、近鉄百貨店があり、大きなまちって印象があります。

220902四日市 (5)

 駅前のメインストリートもこんな感じで、幅員が広く、大都市を思わせる雰囲気。名古屋、札幌の中心街のような感じ。

 事務所ビルは若干少なめですが。。。


220902四日市 (1)


 道路の再整備とバスタを作る計画があるらしく、歩いていたらこんな感じの看板がありました。

220902四日市 (2)

 なかなか立派なアーケード。

 でも、アーケードってその両側が商店街って感じなところが多いように思うので、広ーい幅員の道路の歩道部分のアーケードってのも珍しいのでは?

220902四日市 (3)

 歩いてみるとそれほど商店街ってほどでもない。

220902四日市 (6)

 調べてみると写真の左手側の1本裏側にもう少し幅員は狭い道路で賑わっている商店街があるようで、お店の集積はそちらがメインなんでしょう。

 ちょうどこのあたりの右手側の歩道がバス乗り場になっていて、これをバスタにするみたい。新宿のようなバスタではなく、路上をうまく活用したバスタなんでしょうか?

220902四日市 (4)

 そのあたりはよくわからないけど、確かにバスタ誕生!って横断幕が張ってある。

220902四日市 (7)

 道路の中央部分、中央分離帯付近は公園なのか緑地なのか、よくわかりませんが結構大きな並木があり、地下には駐車場もあるみたい。


220902四日市 (8)

 せっかくなんで駐車場入り口と思われるところから地下に潜るとこんな感じ。

 かなりの台数を止められるみたいですね。


220902四日市 (9)

 近鉄四日市の駅から東へと向かい、JR四日市駅へと向かう。。。

 2つの駅を結ぶ道路で、両端の駅付近が賑わいの中心・・・なんて思っていた割には、JRの駅前は閑散としてました。


220902四日市 (10)

 駅舎自体はかなり古そうで、当時はきっと栄えていたんでしょう。

 2Fは飲食店でも入っていた感じがしますが、今は完全に改札機能意外な皆無な感じ。


220902四日市 (11)

 よく見るとレンタサイクルがあった。ところで「こにゅうどう」ってなんだ?

 もうちょい早い時間で、これがあることを知っていたら、自転車で周辺も回ってみたかっただけに残念。

 次回は自転車でもうちょい範囲を広げてみよう・・・・

 って、次回はいつになることやら。


220902四日市 (12)

 そうそう、バスタが目的だったのでJR駅前のバスは・・・って、駅前に出てみたら、こんな感じ。

 バスタは近鉄の駅前の話のようです。。。。

220902四日市 (13)

 帰りはもう近鉄の駅まで行くのはやめて、このままJRで。ちょっと本数は少なそうでしたが、歩くよりはまし。

 写真の快速で名古屋まで。


220902四日市 (14)

 名古屋からはもちろん新幹線。

 どうせ帰るだけだし、ビールを飲みながらなので、空いているほうがいい。

 ということで「のぞみ」はやめて「ひかり」にしました。

 おかげでガラガラ。マスクを外してポテチをポリポリ、ビールぐびぐび飲んでも全然気にしないで大丈夫。

220902四日市 (15)

 ちょっとくらいウトウトしようと思っているまもなく、あっけなく東京に到着。

 楽しい出張でした。。。 ←本当に仕事してきたのか・・・・?


 おしまい。


 早く自転車復帰したいなあ・・・・


 ポチっとしてね~~~


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村





プロフィール

Tomy

Author:Tomy
50代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR