FC2ブログ

たまにはKS ~銚子~

2020.08.16.09:50

 せっかくの夏休みですが、コロナの影響もありどこでどう感染するかもわからないので、例年にもまして今年は外出控えめに。


 とはいえ、自分ばかり自転車であちらこちらへとふらふら走っていると、溜まるところにはガスが溜まっているはずなので、ガス抜きを兼ねて銚子方面へとドライブに行ってきました。

 こんなに暑くても車内はエアコンがあって涼しく、アクセルを踏めば坂道も関係なくずんずん上ってくれる車って、なんて楽な乗り物でしょう。そんなことを思いながら、利根川沿いを一路銚子方面へ。

 銚子漁港周辺のお店はどこも満員。店の外まで大行列。普段ならまだ気にせず並んだかもしれませんが、コロナを考えるとできれば避けたいところ。

 結局、ウォッセのレストランへ。そこそここちらも混んではいたものの、回転が速く15分程度の待ち時間ですぐに着席できた。

 三食丼と海鮮丼を注文。安定の美味しさ。

 さて、今回は単なるKSであるとともにガス抜きでもあるので、恩着せがましく「三食丼おごるよ・・・」とポイントを稼ぐ。この効果がどのくらい持続するかはわからないけど・・・


200813銚子h (8)

 せっかく調子に来たので、犬吠埼へと行ってみるが、ここ1~2年自転車で犬吠埼に立ち寄っても、以前に比べて寂れちゃった感でいっぱいでしたが、今回は大渋滞。駐車場に並んだものの、いつ駐車できるかわからない状態。

 そう遠くもないので、また来ましょう・・・ってことで、次のポイントへ。

 ここならきっと誰もいないだろうと、「ちょぼくり稲荷」こと長九郎稲荷神社へ。完全なるウケ狙いで立ち寄ってみる。

 だけど残念ながら「なにこれ?・・・」って感じで、興味を引く要素なし。

200813銚子h (9)

 ちなみに今回撮り忘れたので、以前の写真ですが、この場所って結構眺めがよくて、こんなベンチがあったんですが、台風の影響なのか、写真のベンチはなくなっていました。(写真は2017年8月)

 ※上の青文字をクリックすると2017年8月のちょぼくり稲荷へとJUMP


170817銚子ちょぼくり稲荷 (2)

 住宅街越しの海の眺めもなかなかです。(これも以前の写真)

170817銚子ちょぼくり稲荷 (1)

 というわけで次なるポイント、刑部岬へ。

 自転車だとドーバーラインのアップダウンを超えていくので結構大変ですが、車だとあっという間。

 空の青さと海の青さがなんともきれい。



200813銚子h (3)

 多少は観光客もいますが、犬吠埼とは全然違って人は少なく、海を眺めて散策するにはちょうどいい。

200813銚子h (4)

 屛風ヶ浦方面の崖地を眺めることができないのがちょっと残念です。

 自転車だと途中で崖地を降りて眺めることも可能なので、その点を考えると今度は自転車で来ることにしよう(でも、真夏はやめておこう・・・)

200813銚子h (2)

 車だったのでデジイチを持参。

 車だと多少の荷物も関係ないところがGOOD!

 海上に点々と見えていたのはジェットスキーのようです。

 これもこの暑さの中だときっと気持ちいいんでしょう。一度やってみたいところです。

200813銚子h (1)

 そして遠くには風力発電のプロペラが洋上に見えます。

200813銚子h (6)

 そしてこちらが南西側。九十九里浜。

 写真で見えている一番遠くのあたりが自転車で何度も行っている蓮沼海浜公園あたりでしょうか?

200813銚子h (7)

 ところで1点気になったのが、刑部岬へと向かう1本道の途中、こんな建物を建設していました。

 この場所からの眺めはいいでしょうが、ここまで高層の建物を建てちゃうとちょっと景観的にはどう?って感じ。

 

200813銚子h (5)

 帰りは旭のあたりから内陸側に入り、広域農道経由で成田方面へ。そして、酒々井のアウトレットへ。

 ショッピングセンターは大好きではあるものの、アウトレットだと本も家電も自転車用品も無いので、見ても楽しいお店は残念ながらわずか。結局、ジュースを買って外のベンチでくつろいでた時間が一番長かったかも。。。。


200813銚子h (10)

 ガス抜き。そうガス抜きですから。



応援してね〜〜
 ↓↓↓


 
にほんブログ村

 
にほんブログ村

 
にほんブログ村



スポンサーサイト



自”動”車で白鳥&飛行機見物へ

2013.01.26.21:31


 1月も最後の週。当初この土曜日は仕事の予定・・・が、先日ラッキーなことにその予定がなくなった。ただし午前中に買い物や昼過ぎの娘の送迎もあったので、今日はのんびりしようか・・・と考えてたが、天気もまあまあだしどうしようか???

 娘の受験で娘本人と同様にストレスを抱えている(ちなみにオヤジは「まあなんとかなるさ~」と楽観視しているが・・・・)こともあり、気分転換にといつも自転車で走っているコースの一部である旧本埜村の白鳥の郷と成田空港まで”奥さん”にドライブ打診。

 車で行くなら時間的には余裕もあるので、ちょっと行ってみよう!ってことに。

(たまにはこうやってストレス解消しないと、ムクムクと爆弾が出来上がってもいけないので・・・)

 自転車なら小一時間かかる白鳥の郷も車ならあっという間。でも、実は毎度のことならがこの白鳥の郷に行くにはどうしても迷う。自転車ならほぼコースは確立している(と思う)が、車では初で結構迷った。

CIMG7451.jpg

 最後は田んぼの真ん中に車がたくさん止まっているところが目印・・・

 どうにかたどり着き、2人で車を降りて白鳥見物・・・

 が、なぜか水の張った田んぼではないところにいるではないの?いつもは水面に浮かぶ姿ばかりなのに、どうして?

CIMG7459.jpg
 
 自転車で来られている方々も数名いて、看板を眺めているもののその正面の水面にはなぜかまったく白鳥の姿無し。こんな光景は実は初めて。「本来のところにいてほしいよねえ・・・」なんて声も聞こえてきた。

 事前に話していたことと違うため、ちょっと拍子抜けした感じ。同じ飛ぶモノなら白鳥よりも飛行機のほうが好きだっていうことで、成田に向かう。

 

CIMG7457.jpg

 成田の「さくらの山公園」までも車ならあっという間。駐車場に入ったところで、すぐそばを轟音を立てて飛行機が通過し、奥さんもこれには結構驚いたようで、よろこんで公園内へ。今日は比較的見物客は少なかったような感じ。

 驚いたのは観光バスで見学するツアー?があるらしく、大型バスで来ている方々があった。

CIMG7462.jpg

 奥さんは寒いのが大嫌いなはずなのに、飛行機が間近に見えることには結構喜んで寒さも忘れて、しばらくは動かず・・・

 普段ならあっという間に「寒い!帰る!」と言いだしそうなところを、そんなこと一言も無く離着陸を眺めている。さくらの山公園側は離陸するところが見えるが、大型機でないとすでに飛び立ったあとの飛行機の胴体しか見えない。せっかくなんで三里塚のさくらの丘にも行ってみる。

 こちらに着くと日がさしてきて、飛行場も明るくよく見える。見物客はこちらのほうが少ない感じ。

CIMG7541.jpg

 JALの機体を写したところ、その先の向こう側に下りる機体もちょうどJALでツーショットとなった。

CIMG7491.jpg

 続いてはアメリカン航空。銀色の機体がなかなかきれい。



CIMG7537.jpg

 自転車なら適当に数枚写真をとってあとを急ぐが、カミさんは寒さを忘れて飛行機見物に熱中。『飛行機に乗りたい・・」、「あの離陸前のエンジン音がいい」とかいいながら、「寒いから帰る」とは言いださない。。。。

 (ちょっと寒いんだけど・・・)


 最後はUPS。貨物専用機なんで窓が無い。

 結局さくらの山&さくらの丘の両公園に1時間以上はいたんじゃないのかな?まあ、結構楽しめたようだし、今度はデジイチ買ったらまた来ようってことになり、なかなか楽しい時間であった。
 

CIMG7566.jpg


 「それにしてもここまで自転車で遊びに来てるの!?」と驚かれ、またあきれられて帰路につく。

 自転車ではなかったものの、楽しい1日。

 娘は今頃まだ塾で勉強中。親二人はのほほ~んと遊んでいるが、がんばれヨ~~






にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
プロフィール

Tomy

Author:Tomy
50代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR