fc2ブログ

リベンジ富津方面へ ②

2020.08.24.23:58

 8月22日(土)は内房の海を見に行こうと、ZENさん、カッシーと3人で走ってきました。

 暑い中ここまで自宅から90kmくらいでしょうか。どうにか熱中症にもならずに無事到着しましたが、海へとつながる入り口部分には残念ながらコロナの感染拡大防止のため海辺への立ち入り、散歩、BBQなど禁止・・・・とバリケードが・・・・・

 ここの海辺の景色を楽しみにしてましたが、残念ながらお預けです。



 あとは「食」で満たすしかありません。

 一部海辺を見渡せる道があり、そこを進むと・・・・
 


200822富津方面② (1)

 こちらの「いそね寿司」さんに到着。

 11時開店ですが、それまでもう数分ってところ。

 すでにお店の前にはお待ちのお客さんもいました。

 もはやこのときは海辺の景色見に来たことなんてすっかり忘れ、あとはメニューが気になるばかり。

200822富津方面② (3)
 
 ちょっとランチにはお高いですが、せっかく来たことだし、海辺の景色を楽しめなかったので食で十分元をとらなくては。

 元ってところで何だ?

 そりゃあ、あれだけ頑張ってペダルを回して汗をかきかき、ここまで来たんだから、美味しいものを食べなくちゃね。


 で、こちらの「はかりめ2色丼」をチョイス。

200822富津方面② (2)

 はかりめ丼は美味しく、また2色丼ってことで2つあるので、これまたお腹いっぱいです。

 場所としてはちょっと辺鄙なところですが昼前にはほぼお客さんでいっぱいでした。ちょっと高めっていう以外は満足、満足。

 そして再び自転車で走り出す前にZENさんよりこちらの「シャツ冷え冷却スプレー」をお借りして、試してみました。

 最近はいろんなものがあるんですねえ。全然知りませんでしたが、使ってみると確かにしばらくの時間ではあるものの冷感が持続し涼しく走れます。今度ホームセンターでも行ったら1つ試しに買ってみましょう。

200822富津方面② (4)

 途中、コンビニにまたもや立ち寄りボトルに水と氷を補給。

 ファミマで500mlを1本買うと、2Lボトルの引換券がもらえるってサービスがあり、重宝しました。ただ、ボトルは1本体制だったため、こまめに休憩・補給しないとすぐに水がなくなります。本格的な夏場はやはり2本体制にしないと厳しいので来年はもう1本ボトルを調達しましょう。

  大貫港付近では海辺に出られなかったので、後半戦はちょっとコースを変えて富津岬に立ち寄ることにします。

 ただ富津公園には来たものの、公園内のプールはコロナの影響で営業休止のため普段の夏場と比べるとぐっと人も少ない感じ。

200822富津方面② (5)

 岬の先っちょへとつづく道はしばらく左手に松の木が並ぶため、木陰になっていて涼しく走れます。

200822富津方面② (6)

 そして富津岬の先っちょへと到着。

 やはりここも通常の夏場と比べると人出は少ないですね。

200822富津方面② (7)

 夏場は空気が澄んでいないため、対岸の三浦半島もおぼろげにしか見えません。

 まして富士山なんかはまったく見えません。


200822富津方面② (8)

 こちらは第一海堡。岬の先から地図によると1.5kmくらい先みたい。

200822富津方面② (9)

 展望台に来たら上ろうかとは思っていたものの、暑いのと上ったところでこの景色では、まあ地上からと変りもないよねえと、やめときました。

 自転車を止めた脇にあった水場で頭からかぶった水がとにかく気持ちがいい。

200822富津方面② (10)

 南側の防波堤に上ってみるとこんな感じ。

 写真は東側、東京湾観音や上総湊方面。

200822富津方面② (11)

 岬の先っちょをてくてくと歩いていると、ジェットスキーがいくつもとめてありました。

 これもやってみたいところです。気持ちいいんでしょうねえ。

 ただかなり大がかりだし、免許やらジェットスキーの本体、レンタル料?なんかを考えてもちょっと手が出ません。

 手前で寝っ転がっているおっさんのようにここでゴロゴロのほうが性に合っている感じです。

200822富津方面② (12)

 冬場の空気が澄んでいるときには東京方面が見える方向を望むと、ちょっと沖合にそこだけ潮が引くと島ができたような白い砂浜が見えます。

 この暑さならじゃぶじゃぶと入っていきたいところですが、「流れが速くて歩いて渡るのは危険」との看板が出ています。

 試してはみたいですが自転車だし、危険なんじゃあねえ。

200822富津方面② (13)

 さて、海辺も見物したので帰路につきます。

 富津岬の先っちょはさすがに木陰もなく、炎天下を走るしかありません。これがまた体力を奪います。

200822富津方面② (14)

 少し走ったところでまたしてもコンビニ休憩。

 水がとにかくほとんど持ちません。

 そして天気予報、雨雲をチェックすると少し南側のあたりにピンポイント的な大雨のマークが。

 いよいよ雨雲登場ってことで、その雨雲がどちらに動くかを見てみます。夏の南風で北上するようだと、雨雲から逃げなければなりませんが、あまり雨雲は動くk気配はないので、この雨雲による心配はなさそうです。

200822天気13時

 ブロガー的には最初の海辺に出られなかったこともあり、せっかくならばもう少しどこかに立ち寄りたいところです。

 そんなわけで木更津の中の島公園に寄り道を提案。

 しばらくは海沿いの炎天下の道を走ります。




200822富津方面② (15)

 そろそろ公園ってあたりで先頭を交代。

 なんとZENさん、中の島公園は立ち寄ったことがないとのこと。

 千葉県内の道はいろいろと知っているので、てっきりこのあたりもよく知っているかと思っていましたが、お初とは!

200822富津方面② (16)

 ここでも水場があれば頭から水をと思っていたら、トイレしかなく、ばしゃばしゃと水をかけられる場所がなかった点が残念。

 一方カッシーは思い出の場所だとか・・・・

 てっきり、恋人の聖地に絡む話かと期待して話を聞くと、この岸壁で釣りをしていて、ハゼをつっていたと思ったらそれが餌になったのかでっかいスズキが釣れたんだとか・・・

200822富津方面② (17)

 というわけで今回もおっさんばかり3人で木更津、中の島公園恋人の聖地へとやってきました。

200822富津方面② (18)

 いろいろと話し込んでいると、中の島大橋のこの上から飛び込んだ人がいるとかいないとか・・・

 結構な高さですよね。

 ちょうど船が通るタイミング、これって初めてみる景色かもしれません。この船の大きさを見ても橋の高さはかなりのものです。

 何度か橋の上にはいってますが、高いところが好きな割に実は高所恐怖症的なところもあり、上から海を見下ろすとお尻のあたりがぞぞっとする感じで、とても飛び込める高さとは思えません。

200822富津方面② (19)

 しばらくはここでもいろいろと話し込みましたが、そろそろ帰路につきます。

 さあ、あとはまさに帰るだけ。雨にあいませんように。。。

200822富津方面② (20)

 まだまだ、つづく。。。


応援してね〜〜

 どれか1つポチッとしてね!
 ↓↓↓


 
にほんブログ村

 
にほんブログ村

 
にほんブログ村
 


















スポンサーサイト



プロフィール

Tomy

Author:Tomy
50代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR