アムステルダムをうろちょろ 住宅など その2

2014.10.24.00:35

 オランダってデザインに凝った国です。あのウサギのミッフィーもこのオランダで生まれました。ミッフィーと建物を一緒にするつもりはありませんが、市内をうろちょろすると、日本では考えられないようなデザインのものをよくみかけました。

 そう、「もの」というとおり、建物だけではなく橋においても驚くようなデザインのものがあります。

 このパイソン・ブリッジが有名で、形状からアナコンダ橋とも呼ばれるそうです。ちなみにパイソンとは「にしきへび」という意味のようです。

 ちなみに設計はエイドリアン・グース(WEST8)

 完成は2001年とのことなのでそれほど古くはありません。日本であれば恐らく健常者以外でも安心して渡れるようにバリアフリー第一にと、フラットな橋にするところでしょうが、なぜかこちらではむしろかなり歩きにくい橋になっています。橋の下を船が行き来するために高さが必要なのはわかりますが、これでは酔っぱらったときには渡りたくはありませんよね!?

20140919AMS住宅 その2 (4)

 欄干から飛び出ているのは街灯ですが、これもまたかなり奇抜なデザインです。

 いやあ〜オランダって国は凄いデザインを考えるもんですよね。

20140919AMS住宅 その2 (1)

 まちなかではこんな自転車をよく見かけました。

 色々とまちなかで変わったデザインのものを見てきているので、もはやこれくらいでは驚きません。まあ、日本でも似たようなものはあるでしょうし。

20140919AMS住宅 その2 (2)

 東部湾岸地区の住宅開発の1つでKNSM島のすぐ近くにあるアイ・タワー。ノイトリング・リーダイクによる設計で1998年竣工。なんだかチーズの一部をかじられたようなデザインです。これは遊び心なのでしょうか?これまたどこに柱が通っているのか気になる構造です。少なくともかじられたところには柱はないでしょうし。
 
 まあ、でも日本にもこんな感じに見える建物は見かけますので、まあ良しとしましょう。

20140919AMS住宅 その2 (3)


 そしてそのすぐ脇にはホエールという名の集合住宅があります。フリッツ・ファン・ドンヘンによる設計で2000年竣工。その色と姿がクジラに似ているため、ホエールとの名称がついたとか。

 写真では2面が見えますが、いずれもバルコニーがなく、何も知らないとこれが住宅なのかオフィスなのかはちょっとわかりにくいですね。
 


20140919AMS住宅 その2 (5)

 そしてこのホエールのそばに寄ってみると、建物の下がこのようにかなり大規模なピロティになっています。日本でも、車寄せや中庭への通路といったために一部をピロティとしているものはありますが、これだけ大規模で、ぱっと見で不安定!大丈夫なの?と思えるものはないでしょう。

 地震の無い国だからゆえに作れる不思議な構造なんでしょう。

 少なくとも、このピロティ部分の上には住みたくはないですよね。でも、どこまでもこのピロティが続いています。。。

20140919AMS住宅 その2 (6)

 でもまだまだこれらは序の口でした・・・・

 大通りに面して、7F〜10F程度でしょうか、中層の建物が比較的整然と並んだ通りに面して、箪笥の引き出しを出しっぱなし状態にしたまんまというような建物が出現します。

 オクラホマ住宅。MVRDVの設計によるもので、1997年竣工。

 まあさすがにここまでやると、「凄いデザインだ!」と言うよりは、笑ってしまうほうが先ですね。

20140919AMS住宅 その2 (12)

 よくよく見ると、そのでっぱり部分はかなりのもので11mもあるとのこと。

20140919AMS住宅 その2 (8)

 ちなみにこの住宅は高齢者用住宅で、賃貸とのこと。さすがに分譲だとしたら、飛び出ている部分は人気が出たのでしょうか?

 一般のファミリー住宅ならば、子供が家の中を走り回るようだとしたならば、この部分の住人としては嫌でしょうね。

 

20140919AMS住宅 その2 (9)

 地震が無いから問題ないとは思っても、どうしてこんな形状を思いついたのか、またそこに住むと選択する人の頭の中を覗いてみたいもんです。さすがに私は日本で地震慣れしているせいか、この地で地震にあうことはないとわかっていても、引き出し部分の下に入り込むのは躊躇します。

 びびりながらそばにより、下から覗いてみるとこんな感じ。外壁には木材が貼りこんであります。これも日本では考えられないですよね。

 さらに飛び出ているバルコニーもその床の部分はどう見てもコンクリートの躯体があるのではなく、簀の子状の木材があるだけのようです。

20140919AMS住宅 その2 (10)

 日本でもそれなりに柱や梁を太くして長大スパンの建物を作ることはあると思いますが、この建物の柱って・・・

 へっ??? こんなに細いんですか? 本当に大丈夫なんでしょうか?

 ちなみにこの建物は鉄筋コンクリート造で、飛び出た引き出しのような部分だけは鉄骨造のようです。

20140919AMS住宅 その2 (11)

 かなりビビりながら反対側にまわってみると・・・

 こちらはまた一段と華やかにバルコニーが飛び出ていますが、もはやこれくらいでは驚きませんね。

 

20140919AMS住宅 その2 (7)

 ヨーロッパの古いまちなみ、石造、重厚感のある落ち着いたたたずまい・・・そんなイメージを一新するような斬新なデザインばかりでした。





にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

Secret

ん?

2014.10.25.07:26

もしかして、TOMYさんってそういう関係のお仕事なんでしょうか*\(^o^)/*
ウチのお客さんでも設計に進みたかった人が居て、建築関係には未だに興味があるみたいです。

Re: ん?

2014.10.25.19:26

ふぅ〜さん さんこんばんは〜
そうですね。「そういう関係」ですね。
建築系っていってもかなり幅広いですけどね〜

プロフィール

Tomy

Author:Tomy
40代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR