モンサンミッシェルへ行こう! いざ内部へ潜入編

2015.07.22.00:02

 3連休の合間にそのまんまになってしまっていたモンサンミッシェルの続きを書きましたので、久しぶりの登場です。 

 いよいよモンサンミッシェルの中へと足を踏み入れます。

 モンサンミッシェルのある島の部分へは専用のバス、ル・パッサーか馬車若しくは歩いて渡りますが、島に到着すると歩いて王の門のところから内部に入ります。

 すると・・・???  ここって原宿でしたっけ?って感じのにぎわい。とにかく観光客が多くて、路地のようなところにレストランやホテル、お土産物を売る店が所狭しと並んでいます。

 路地も直線ではなく少しカーブしているので、先まで見通すことができないので、とにかくごちゃごちゃ感があり、それはそれで楽しい空間です。このあたりがグランドリュと呼ばれているところ。修道院の参道ですね。


2014欧州 モンサンミッシェル3 (2)

 グランドリュを通り過ぎると、いよいよ修道院。

 修道院のあるところは王の門のところから約80mほど高い場所にあるので、がんばって登っていかなければなりません。グランドリュの中も路地上の部分がスロープや階段があり、結構登りになっています。

 写真のようにまだまだ登りです。

 

2014欧州 モンサンミッシェル その3 (1)

 写真中央のあたりが哨兵の門です。階段を上ったあたりが警備兵の部屋になっていたようです。

2014欧州 モンサンミッシェル その3 (2)

 まだまだ登りが続きます。

 外を眺めると、周辺の海が見えますが、残念ながら干潮のため周囲には海水がなく、砂浜のような状態でした。

 よ〜く見ると、海の真ん中を人が歩いているように見えます。(写真の中央付近)

 何をしているのかわからないまま、とりあえず登っていくと、ようやく修道院の敷地の内部?へと入っていきます。でも、まだまだ階段が続きます。

 



2014欧州 モンサンミッシェル3 (3)

 階段に疲れて、振り返ると海・・・

 海ですが、引き潮のため海のようではありませんね。海と思われるところを人が歩いているようです。
 
 こんなときズームがあると便利です。

 ぐぐっとズームにしてみると・・・確かに人です。それもたくさんいます。

 潮干狩りでもやっているんでしょうか?でも、一列に並んでますよね。 ???

 一体なんでこんなところを歩いているのか?このときはまだわかりませんでした。疑問のまままだまだ上へと歩いていきます。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (4)

 もう少し岩?の壁に囲まれた階段を上っていきます。

 しばらく登ると建物?の中へと入ります。

2014欧州 モンサンミッシェル 3 (1)


 内部に入るとこんな感じの模型が展示してありました。

 708年にオベール司教が夢の中で大天使ミカエルが現れて「この岩山に聖堂を建てよ」とお告げを受けたんだとか。

 966年に修道院が建設され、その後1017年に教会の建設開始。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (5)

 長い歴史をもつ修道院ですが、ずっと修道院ではなく14世紀には城塞となったこともあるようです。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (6)

 18世紀のフランス革命後は修道院が監獄になったこともあるとのこと。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (7)

 1874年にフランスの歴史記念物に指定、さらにその約100年後1979年には世界遺産として登録。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (8)

 模型にはそれぞれ解説らしき文字が並んでいるものの、残念ながら読めません。ついでに日本語訳の解説本を買おうと思っていたのにこれまた忘れてしまい、日本に帰ってからガイドブックで復習。。。。

 模型のあるところなんぞを通過し、ようやく最高部と思われるあたりに到着。

 修道院の教会。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (9)

 そして先端には4.5mもある大天使ミカエルの像。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (1)

 海抜80mのところにある教会前の西のテラス。ここからの眺めは抜群です。もう少し天気が良かったら、なおさらですが、天気ばかりはしょうがないですね。

 写真の中央に島が見えます。実は先ほど、海の中を歩いている行列はこの無人島を目指して歩いているんだとか。ガイドさんに何をしている人であるかを聞いたところ、そのように教えてくれました。なんでも、潮が引いたところを歩くオプションイベントがあるとのことです。

 ただ砂地を歩くだけですが、潮が引いたといっても危険があるらしく、これまたちゃんとガイドさんに連れられて行くんだそうです。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (10)

 西のテラスです。結構な広さがあります。眺めは抜群、後ろ側には教会がそびえたっています。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (11)

 ちなみに無人島へ歩くには裸足なんだそうです。理由は聞きませんでしたが、結構な距離があるだけにこの距離を裸足で歩くのも大変ですよね。

 ズームにしてみたら・・・

 あら、本当。みなさん裸足です。


2014欧州 モンサンミッシェル3 (14)

 こちらがその無人島ですね。

2014欧州 モンサンミッシェル 無人島


 さて、ここからいよいよ本格的に内部の見学です。

 最初は教会です。11世紀に完成した教会ですが、実は何度も崩壊し、修復がされているそうです。

 こんな岩山の上にこんなに大きな教会が建設されているなんて・・・

2014欧州 モンサンミッシェル 3 (2)

 なるべく観光客を入れないで撮ろうと思うと、難しい・・・

 


2014欧州 モンサンミッシェル3 (16)

 教会部分は高さもかなりあります。見上げるとこんな感じ。

2014欧州 モンサンミッシェル 3 (3)

 教会のある同じ高さの部分と思いますが、列柱廊があります。ここもまた見どころの1つで、非常に美しい。

 写真では観光客が多くてわかりにくいですが、柱が少しづつずれています。


2014欧州 モンサンミッシェル3 (18)

 この写真だと、2列の列柱があり、少しづつずらして配置されているのがわかると思います。

 ここまでただひたすら岩の壁ばかりでしたので、中庭の緑がとてもきれいで新鮮に感じます。

2014欧州 モンサンミッシェル3 (19)

 順路はここから少しづつ下の階層へと降りながら見学していくことになります。

 つづく。。。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

comment

Secret

宝くじが当たったら行く!

2015.07.23.10:52

いや~ 素敵~ モンサンミッシェル!! 
いいなぁ~ 行ってみたいぃ~
ココの近くだったか パンが絶品!との
話を聞き 更に行きたくなりました。

Re: 宝くじが当たったら行く!

2015.07.25.14:44

パートのおばさんさんこんにちは。
いいでしょ!!
モンサンミッシェルはさすがに見ごたえがありました。
ぜひ一度ご旅行を!お勧めですヨ。


プロフィール

Tomy

Author:Tomy
40代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR