Reliveでもう一度!

2017.04.04.01:52

 先日の大島ですがReliveで見ると、ものすご~くリアルで面白い。房総半島やら霞ヶ浦も雰囲気が伝わりやすいですが、島という地形であるからなのか、Reliveで見ると臨場感があるというか、見ていて面白いのです。

 というわけでReliveを改めて貼りこんでおきます。

今回の記録   141.98km ※24日夜〜25日夜(帰宅まで)
 3月の計    780.89km
 1月からの計 1634.06km

 Reliveはこちらから(絵じゃなくて文字をクリック)
 ↓↓↓↓
 Relive

Relive1703252.png

 さて、どうでした?

 結構アップダウンがあるなあ〜って感じも伝わりますよね。

 下の写真はReliveから。ぜひとも上のReliveで動画をどうぞ。

 
Relive大島





 大島にはまたいつか機会があったら行ってみたいと思っています。そして今度はできればもう少し暖かい時期に、Reliveにあるような緑が豊かな時期に。

 今回は恐らく冬季のみの限定で往復2000円(2等のみで変更不可)の切符が取れたため、リーズナブルでしたが、まあ次回は1泊してゆっくりしたいものです。

 次回のために今回気になったことなどを備忘録として残しておきます。

 ・切符
  ・東京(竹芝)⇔大島 往復2000円 電話で予約。当日に受付で切符を購入。
   たまたまこの時期だけの約6割引きのリーズナブルな切符
  ・22時出航 ただし21時くらいにはフェリーターミナル到着がベスト
  ・大型船は時間がかかるけど、のんびりな船旅と思うと楽しい。ジェット船だとお値段が・・・
  ・輪行袋に入れると手荷物料金ゼロ。そのまま持ち込むと確か1500円(東京湾フェリーとはこの点が違う)

 ・お店など
  ・フェリーターミナル内にもお店はあるけど、できればターミナル手前のコンビニのほうが商品は豊富
  ・島に中にはコンビニはゼロ(これは結構つらい)
  ・岡田港にはお店が少ない
  ・元町港にはお店が比較的ある
  ・帰りの船は当日でないと港がわからないため、要注意(Twitterで告知しているみたい)

 ・服装
  ・3/25にしては寒かった
  ・基本冬仕様でグローブもシューズカバーも装備

 ・荷物預かり
  ・あるらしいけど、今回は誰も利用せず
  ・恐らく6時に岡田港に到着しても、岡田港付近には無いみたい
  ・極力荷物は少なめに

 ・船内
  ・甲板に出ると海風で寒いが、船内は暖かい
  ・ただし、眠るには毛布があったほうがいい(毛布の貸出あり)
  ・降りる前には早めのトイレに行くこと(アナウンスがあるとトイレがどっと混みだす)

 次回はいつ大島に行くかなあ〜 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

大人の遠足 ”最終章 大島よ、さよなら〜”

2017.04.02.21:01

 あっという間に1週間がたってしまいました。というより、ブログを更新するのが遅いだけ?って気もしますが、面白かった大人の遠足はちゃんと記録しておきたかったので、週末まで伸ばしてしまいました。
 
 さて、3月24日の19時に自宅を出て、竹芝にて自転車仲間5名と合流し「さるびあ号」に乗り大島へ。翌朝6時から大島をぐるりと走ったわけですが、4回目となる最終章。

 大島でもっとも栄えている元町港で地元の名物”べっこう丼”やらお刺身定食を食べて一息ついたら、ラストランってことで帰りの船が出る岡田港へと走ります。

 途中ゴジラの像があるらしいと聞いていましたが、見当たりませんでした。コースが違ったのか?

 天気は薄日が差したりしてはいましたが、風は冷たかったなあ。後ろを走る24weさん。


 

20170325大島④ (1)

 元町港付近からは大島の西側を北上する感じに進みます。

 このあたりは大島西海岸サンセットパームラインっていうらしい。確かに海沿いで景色もよく、気持ちのいいコース。

 そして向かったのは「赤禿」と書いて、「あかっぱげ」と読むらしい。

 ネーミング的には大っ嫌いだな。(笑) 縁起でもないって感じがするし。


 今から3,400年前の水蒸気爆発で出来た側火山で、火口近くに赤色のスコリアが厚く積もったらしい。確かに見た目は本州ではお目にかかれない珍しい岩?なんでしょうが、ネーミングがねえ・・・ちなみに、スコリアってのは「火山噴出物の一種で、塊状で多孔質のもののうち暗色のもの」なんだとか。

 それにしても赤禿ってのはねえ・・・10年前ならそんなに気にはしなかったと思うんだけど。

20170325大島④ (2)

 名所ですからちゃんと立ち寄り、写真をパチリパチリと撮りましょう。

 写真撮影中なのは24weさん。

20170325大島④ (3)

 この赤禿の向こうに見えるのは、普通の溶岩なんでしょうか?

 こんな色をしているのはここだけでしたね。

20170325大島④ (4)

 このあたりから夕陽を眺めると、絶景のようですが残念ながら14時半の船のため、夕陽を眺めることはできません。

 次回は1泊して、夜はくさやを食べ、宴会で楽しむってのもいいかもしれません。

20170325大島④ (5)

 海沿いの道をしばらく走り、大島空港の下をくぐると、「ぶらっとハウス」さん。

 到着したときは他にお客さんもいなくて、大丈夫?って感じでしたが、おっさん6名がそれぞれアイスクリームなんぞを注文して食べていると、あれよあれよとお客さんで一杯になりました。

20170325大島④ (7)

 ちなみに食べたのはこの大島牛乳アイス。

 アイスを食べるにはちょっとまだ肌寒い感じもしましたが、室内は暖かいのでそんなことも気にせず、ウマウマ〜

20170325大島④ (6)

 ぶらっとハウスさんを出たら、岡田港まではあっという間。船は14時半なのでまだしばらく時間はあるものの、さすがに島の道がよくわからないため、ちょっと冒険に行くには危険です。

 港のそばにある海水浴場っぽいところまでは行ってみましたが、天気もどんよりしてきたし、この海水浴場付近はそれほどきれいな感じでもないので、再び港に戻り、ちょっと早いですが自転車をパッキング。

20170325大島④ (8)

 この待合所の中には朝は営業していませんでしたが、この時間はお土産屋さんが営業していたので、牛乳煎餅や海苔などをお土産に購入。

 

20170325大島④ (9)

 さて、船の時間までどうしましょうかねえ・・・・

 元町港と違って、岡田港はお店がほとんどありません。

 飲食店は5店のないんじゃないかな?

 で、写真の「一峰」さんへとIN。タイミングよくオッサン6人隣り合わせの席に座ることができました。

20170325大島④ (11)

 そしてランチにと選んだのは、「島パスタ」

 大島名物のべっこう丼のたれを使ったパスタです。ちょっぴり辛めな感じのパスタで美味しくいただきました。


 へ?

 ランチ?

 「さっき食べたでしょ?」って?


 まあ、せっかくなんだからランチが2回くらいあってもいいでしょ。大島に来てせっかくなら泊まって、温泉と宴会で楽しみたいところですが、なんせ日帰りなんだからランチが2回くらいないとね。(笑)

20170325大島④ (10)

 13時半を過ぎたあたりから続々と帰りの船に乗るローディーが集まり、みなさんそれぞれパッキングをはじめて、港のあたりは自転車だらけ・・・

 船はちょっと遅れたようで14時半ちょい前にようやく船が到着するとのアナウンス。

 ちなみのこのピンクの船は高速船らしい。これなら1時間か2時間くらいで東京に着いちゃうんだろう。でも、値段が高いんですよ。

20170325大島④ (12)

 オッサン6人は帰りももちろん「さるびあ丸」

 帰りは往路に比べると半分くらいの乗客のようです。やはり宿泊される方が多いんでしょう。

20170325大島④ (13)

 出航の時間になると「あんこさん」って、写真中央のお姉さんにお見送りいただき、大島をあとにしました。

 

 

20170325大島④ (14)

 船内では私の席は端っこで一番後ろ。おまけに横の人はいませんでしたので、ゆっくりできました。

 写真はかじさん撮影のものですが、どうも竹芝までぐっすり寝てしまったようで、かじさん曰く「死んじゃったかと思ったよ。」ってくらい熟睡していたようです。

20170325大島④(19)

 帰りも横浜港を経由して、「ベイブリッジのあたりを通過しています」というアナウンスは記憶がありますが、それも夢だったのか、わからないくらい。気が付いたらもう竹芝でした。

 フェリーターミナルでZENさん、カッシーとお別れ。

 そして24weさん、かじさん、tomoさんと4名で自走で帰ります。

 24weさんは浜松町駅手前くらいでお別れし、そこからは3名で都内を北上します。

20170325大島④ (15)

 ぐっすり眠ったせいか、自走もそれほどつらくありません。

 写真は歌舞伎座のあたり。

20170325大島④ (16)

 昭和通りを北上し、秋葉原を過ぎたあたりでかじさん、tomoさんともお別れです。

 あとは1人でのんびりと帰ります。

20170325大島④ (17)

 行きとほぼ同じ場所でまたもやスカイツリーをパチリ。

20170325大島④ (18)

 その先は国道6号に入り、ひたすら柏方面へ。

 最後は少し道を変え、手賀沼沿いを走り23時ちょい位前に無事自宅に到着。

 ご一緒させていただいた皆様ありがとうございました。
 普段とはまったく違う経験ができ本当に楽しい1日、いや2日かな?でした。

 次回はもう少し暖かい時期に大島に行ってみたいと思います。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

大人の遠足 ~月と砂漠ラインの先へ~

2017.03.31.00:28

 まだまだ続く、大人の遠足シリーズ第3弾。

 朝6時に大島の岡田港に到着し、そこからのんびり大島一周道路を走り、約15kmってあたり。「月と砂漠ライン」へと入ります。

 しばらくヒ~コラいいながら上るとちょっとせまっ苦しい駐車場。ここからは徒歩で進むしかありません。そこである程度の景色が楽しめるのでは?と期待していましたが甘かった。。。

 自転車を押し歩き、その先へと進みます。

 しばらく歩くと”砂漠”?が広がります。写真は先頭を行くZENさん。今日は”房総半島”ではないせいか、まだ鬼引きはないなあ・・・(笑)
 

20170325大島③ (1)

 そして後ろにはかじさん、24weさん。

20170325大島③ (2)

 あたりは一面の”砂漠”地帯。
 
 なんでも日本で唯一国土地理院の地図で”砂漠”と表記されているらしいのがこの場所。

 奥に見えるは海なんですが、ちょっと天気がイマイチかな。海と空がもっと青いのを期待していたので、ちょっと残念。でも、当初は雨の予報もあったのでここまで無事に来ることができラッキーでした。

20170325大島③ (3)

 こちらはtomoさんとカッシー。

 なぜかカッシーは一人だけ徒歩。

20170325大島③ (4)

 そしてここは「もく星号」の墜落事故があった場所。

20170325大島③ (5)

 しばらく景色を楽しんでいると、ちょっと晴れ間ものぞいてきた。

 早速撮影タイム。


 愛車を撮る24weさん。

 

20170325大島③ (6)

 もちろん自分でも愛車をパチリ。

 自宅に戻って調べたところ高度はこのあたりで657mほどのようです。

20170325大島③ (7)

 せっかくなんで自分も一緒に撮っておきたいので、カッシーにお願いしてパチリ!

20170325大島③ (8)

 一通り、”砂漠”地帯をお散歩して楽しんだ後は、月と砂漠ラインをダウンヒル。

 ただし、道幅は狭く路面もあまりよくないので、颯爽とダウンヒルを楽しむというよりはびくびくしながら降りてきたって感じ。

 大島一周道路に出てからはようやく快適なダウンヒルになり、一気に高度が下がります。

 そしてここも大島の名所の一つである筆島へ。

20170325大島③ (9)

 写真中央の海の中からもっこりと突き出た岩のようなものが筆島。

 これって、”島”なんだそうです。

 それにしても左側の海岸線は切り立った崖が続き、なかなかの景色です。



20170325大島③ (10)

 さらに大島一周道路を進むと、波浮港見晴台へと到着。

 ようやくここでトイレ休憩。実はずっと我慢していたせいか、すっきり~(笑)

20170325大島③ (11)

 港を見下ろすこの場所で高度は65mほど。一気に600mほど下がったことになります。

20170325大島③ (12)

 波浮港のちょっと先が大島の最南端。

 そのあたりからはしばらくフラットな道です。

 しばらく走るとこれまた大島の名所の1つ、千波地層切断面。

20170325大島③ (13)

 見た目から「バウムクーヘン」って呼ばれたりしているようです。


 バウムクーヘン ???  そういやあ腹が減ったなあ・・・・

 バウムクーヘンこのくらいでっかいの食べたいなあ~(笑)

20170325大島③ (14)

 6時に港に着く直前に船の中で前夜に買ったあんパンを食べてから、ここまで何も食べていません。

 腹が減るはずですよ。

 大島の最西端あたりとなる元町港に到着し、帰りの船の出港場所を確認すると”岡田港”とのこと。


 ちょっと早いですが、このあたりでランチにしないと岡田港はお店も少ないし、混んで食べられないなんてことになると目も当てられないので、お昼にすることになり、カッシーが観光協会にてお店の情報を聞いてきてくれました。

20170325大島③ (15)

 港から目と鼻の先にある「おともだち」さんへ。

20170325大島③ (18)

 このあたりの名物は写真の「べっこう丼」です。

 目鯛やブダイなんかを青唐辛子醤油ベースの特製ダレにつけた郷土料理とのこと。

 どうしようか悩む・・・

 私以外の5人はみんなそろって「べっこう丼」

20170325大島③ (19)

 迷った挙句、自分一人だけお刺身定食にしてしまいました。

 ちょっとボリューム的には少ないかな?(正直に言えば、足りない・・・!)

 お味はまずまずで美味しかったです。でも、もうちょっと食べたかったなあ~

20170325大島③ (16)

 お刺身は赤サバとあぶらぼうずと・・・ あれっあとなんだったけかな?

20170325大島③ (17)

 まあ兎に角、美味しかった~ 満足、満足!

 そういえば誰もクサヤを頼まなかったなあ(笑)



 まだまだ続きますヨ~


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

大人の遠足 〜大島上陸編〜

2017.03.30.00:56

 さてさて、3月25日の大人の遠足、大島上陸編です。

 金曜の夕方に自宅を出て、ナイトライド。そして21時過ぎに竹芝桟橋にて自転車仲間と合流し、大島への船旅に出発したところまで書きましたので、その続きです。

 大島には6時に到着予定でした。到着前に船の中で昨夜買い込んだパンを急いで食べ、大島上陸に備えます。

 デッキに出るとかなり寒いです。そして風が強い。予報では5〜7mの風でしたし、気温も低め。服装は冬バージョンにしてやはり正解でした。

20170325大島② (1)

 ですがサイクリストの方々はもうすぐ島を走れるんだと、寒いのもそっちのけで自転車を担ぎ、上陸に備えています。

 確かにワクワク感で一杯なんですが、島の光景を見るとなんだか断崖絶壁でとても九十九里のようなフラットな海岸線があるとは思えません。アップダウンの連続に違いありません。

20170325大島② (2)

 到着したのは岡田港。下船し乗ってきた「さるびあ丸」を眺めます。結構古い船みたい。

20170325大島② (3)

 船を降りる人のほとんどがこんな感じの格好をした人ばかりで、とにかく自転車の割合が高いです。

20170325大島② (4)

 自転車を組み立て、トイレなどを済ませたら、さて出発です。

 が・・・いきなり坂ばかり。

 船内で島のパンフなんぞを見ていたものの、実はあまりちゃんと予習しておらず、どこに行くのかわからないままお任せでついていきます。

20170325大島② (5)

 いきなりトンネルがあったりします。

 まあ、激坂を登るよりトンネルのほうが楽ちんです。ほとんどすれ違う車もいません。

20170325大島② (6)

 スタートしてわずか1kmくらいでしょうか、道端にこんな感じのところがありました。

20170325大島② (7)

 ちょっと戻って、のぞき込んでみるとこんな感じになっています。
 (写真提供:24weさん)

20170325大島②2 18

 時折坂道があるもののそれほどの激坂でもなく、この先どんなところがあるのかもわからないまま、6人のオッサンはのんびりと走ります。

 たまに左手に視界が広がると、こんな感じで海が見えます。

 もう少し天気が良かったら最高なんですが・・・


20170325大島② (8)

 ゆっくり走っても帰りの船には十分間に合うはずなので、ところどころで止まっては景色を眺め、写真を撮影。

 いやあ〜いいなあ。今回はまったく置いてけぼりになることはないスローペースなんで、安心して走れます。(笑)

20170325大島② (9)

 またしばらく走ると、今度はどうやら桜があるみたい。
 
 さすがにちょっと寒いけど、桜が咲いていればラッキー・・・と寄り道します。

 大島の桜株といって、なんでも特別天然記念物らしい。(写真提供:かじさん)

 

20170325大島② (17)

 自転車を置いて、てくてくと階段を登っていくとこんな感じの桜がありました。さすがにまだ開花していませんでしたが、そのおかげで株の様子はよくわかります。どうも、1つの株で樹齢はなんと800年なんだとか。

20170325大島② (10)

 この後姿は私です。(写真提供:かじさん)

 ぼっちじゃなくって自転車仲間と行くと、こんな感じの写真も撮ってもらえたりするので、楽しいです。

20170325大島②Ⅱ (1)

 さて、先に進みます。基本大島一周道路っていう1本道を時計まわりで走ります。

 それにしてもまったく車が来ません。それこそサイクリングロードを走っていると言っても過言ではありません。

 こんな感じに道幅いっぱいに広がっても、まったく影響無しでした。ついでに言うと、あれだけたくさんいた自転車も港で別れたあとはほとんど会いません。いったいみんなどこに行ってしまったのか?


20170325大島② (11)

 しばらく走ると「大島大砂漠」ってバス停がありました。

 でもよく見るとバスの時間が書いてありません。書いてないというより、時刻表の部分のボードが外れているのかな?

20170325大島② (13)

 なんでもZENさんによると数日前にテレビで大島を紹介していたらしく、この写真の奥(上層部)のあたりに地面(溶岩?)が酸化して真っ赤になっているところがあり、とても日本の景色とは思えないところがあるんだとか。

 行ってみたい気はしますが1.3kmくらい先のようなので残念ながら断念。

20170325大島② (12)

 さらにまたしばらく走ると、今度は『月と砂漠ライン』なんてのがあり、せっかくなので見学していこうと言ことになり、プチヒルクライムスタート。

20170325大島②Ⅱ (2)

 途中結構な激坂もあり、ヒ〜ヒ〜言いながら上ります。

 すると小さな駐車場が。

 ここには自転車も車も無く、見物するにはさらに少し小路を入っていく必要があるようです。

 ここからは走れないため、自転車は押し歩きです。

 前を行くZENさん。

20170325大島② (14)

 後ろはかじさん。

 約700mくらいって書いてありましたが、どんな景色が待ち構えているんでしょう?



20170325大島② (15)

 つづく。。。。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


大人の遠足 〜ナイトライドでスタート編〜

2017.03.29.01:39

 先日3月24日のことです。

 そう24日(金)です。もちろん仕事でしたが、代休を消化しなくてはならないため、この日の午後をお休みにしたわけです。といってもなぜか15時半くらいまで会社でしたが・・・

 急いで自宅に帰り、18時半にはスタートしたかったんですが、準備に手間取り19時前になってしまった。3月も終わりというのにちょっと肌寒いので冬バージョンのウェアで出走します。

 こちらは手賀沼の交差点。すでにあたりは真っ暗。

20170324大島
 
 さて、この”大人の遠足”ですが、自転車仲間のZENさんの「ちょっと気になる。誰か行かない?」ってお誘いからはじまりました。結局ZENさんを含めて6名が参加の名乗りを上げ、当日24日(金)の夜、都内某所に集合することになりました。

 都内に向けては国道6号を走りました。できることなら夜間の国道は避けたいところですが、時間が無いので仕方がありません。

 そろそろ千葉県から都内かなと江戸川を渡る少し手前で1台の車が脇にすす〜っと寄ってき、「Tomyさん」と声をかけられる。

 なんとそこには助手席から柏餅さん(以下カッシー)が・・・ ZENさんとカッシーは車で都内の集合場所に向かうということで、追い抜かれたってわけですが、よくまあわかったもんですね。って、こんな時間にロードで走っている人なんてそういませんが。

 一旦停車していただいたので一言ご挨拶し、9時くらいには集合場所でとそれぞれまた出発。

 時間的には余裕、余裕と思っていたのでスカイツリーが見えるところで1枚。

2017325大島① (1)

 そして隅田川を渡り、浅草駅。

2017325大島① (2)

 浅草の少し先では信号に捕まった際に、信号待ちの間に隅田川越しにスカイツリーとアサヒビールの写真を撮ったりと、余裕をかましていたが、このあたりから信号峠に・・・

 どういうわけか、信号に捕まってばかりで、時間がどんどんと失われていく・・・ 間に合うのか?

2017325大島① (3)

 でもまあ信号に捕まってしまってはどうしようもないので、あきらめてカメラを取り出し、日本橋付近でも。

2017325大島① (4)

 中央通りに入り、三井本館の前でも。

 とにかく信号ばかり。さすがに時間が気になってきた。このまま銀座を抜けるのはやめたほうがよさそう。

2017325大島① (5)

 とかなんとか言っても、日本橋のところではわざわざ自転車を止めて写真を撮るバカがここに・・・(笑)

2017325大島① (6)

 ですがいよいよマズくなってきたので鍛冶橋から日比谷通りへとコースを変更。

 それでも鍛冶橋交差点でまたしても信号に。

2017325大島① (7)

 なんとか9時をちょっとまわったあたりで集合場所である竹芝に到着。

 時間が無いのでさすがに写真は撮りませんでしたが、すぐに自転車を分解し、輪行袋にIN。そこにtomoさんが来てくれて、パッキングを手伝っていただきました。ありがとう〜!!

 自転車を抱えて、みなさんのもとへ。

 集まったのはZENさん、かじさん24weさん、カッシー、tomoさんと私のおっちゃんばっかり6名。

 実はここ竹芝からは船なんですね。電話予約してはいましたが切符をまずはゲットするため、並びますが、まあそれにしても人の多いこと。オフシーズンで閑古鳥化と思ったら、切符売り場は長蛇の列でした。

2017325大島① (8)

 切符をゲットしたらお次は食べ物を。できることならフェリーターミナルの外にあったコンビニまで行きたかったところですが、そんな時間ももうありません。ターミナル内の売店で色々と買い込み、自転車を担いで船内へと急ぎます。

2017325大島① (10)

 あれっ?この先はもしや飛行機?って感じの通路を通ったりします。

2017325大島① (11)

 船内に無事自転車も持ち込み、一段落。

 ちなみにターミナル内では自転車があふれかえるほどでしたが、船内のデッキ部分にこんな感じで並べられています。これはそのほんの一部と思いますが。(写真:24weさん提供)

3_large.jpg

 定刻の22時に出航。

 いよいよ船の旅のはじまり、はじまり〜

 しばらくするとレインボーブリッジの下を通過します。

2017325大島① (12)

 船外のデッキにもこんな感じで出られるところがあるんですが、寒くて、寒くて仕方がないので、室内に戻り、夕食として買い込んだサンドウィッチなんかを食べてとりあえずは落ち着きます。

2017325大島① (13)

 意外と船のスピードって速いんだなあと思った割には、横浜までは1時間半ほどかかりました。

 写真中央はランドマークタワー。

2017325大島① (14)

 横浜港は大桟橋に接岸し、ここからまた数十人くらい乗ってくるみたい。

2017325大島① (15)

 船室内は日付が変わる前くらいに消灯のため、デッキやらで酒盛りしているグループもいましたが、船室はそろそろお休みタイム。ちなみに6名バラバラで予約したはずなのに、カッシーとZENさん、そしてかじさん、tomoさん、24weさんと私はそれぞれお隣同士だったりとびっくりです。

 シートをリクライニングし、しばらくはのんびりとおしゃべりしていましたが、消灯のころには翌日のライドを楽しみにしながら眠りにつきました・・・・

 1点だけ、もしこれを参考にされる方があるなら、『毛布は借りるべき』です。船内はあったかいものの、やっぱり毛布があると、保温効果抜群で寝やすいです。自転車ウェアでは冬仕様でも寒いというか、何か羽織りたいって感じでしたね。

2017325大島① (16)

 さて、行先ですが大島です。大島って東京都なんですけど、船で6時間くらいかかるんですね。

 15年以上前に1度会社の社員旅行で行ったきりです。

 翌日の天気はちょっと寒そうですが、ワクワク感で一杯。おやすみなさ〜い!


2017325大島① (9)


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
プロフィール

Tomy

Author:Tomy
40代サラリーマン。2008年1月よりロードバイクに乗り始めました。
利根川、手賀沼、小貝川、江戸川付近を走ってます。
ロードで田園地帯をゆっくり走るのと、まちあるき・ショピングセンターやビル・橋・ダムなどの巨大な人工の建造物を見るのが好き。(両極端な趣味!?)

ブログ村へ!
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最新記事
カウンター
2015.05.07カウンター設置
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR